屋根カバー工事で改質ゴムアスファルトルーフィングを施工 入間市


こんにちは!
本日は入間市での屋根の下葺き作業の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 屋根カバー防水紙、オークリッジ施工 (2).jpg

こちらのお宅は現地調査で既存のスレート屋根にコケが繁殖しており、
外壁にも汚れやコーキングの劣化が確認できましたので、
高圧洗浄を行い屋根カバー工事、外壁塗装工事などを行うことになりました。

今回は屋根カバー工事の最初の行程、下葺きの作業からです。
作業には写真のような防水ルーフィングシートと呼ばれる防水紙を使用します。



防水ルーフィングシートは軒先から横方向に敷いていきます。
各ルーフィングシートは多少重なり合うように施工することで、
一番上の屋根材が仮に雨水を通してしまったとしても、
防水シートが雨水を通しにくくなるように施工されているのです。
そのため、隙間なく全面に丁寧に敷いていきます。



今回使用している防水紙は「改質アスファルトルーフィングシート」という種類で、
日進工業社の「カッパ21」という防水紙を使用しております。
従来のアスファルトルーフィングシートよりも耐久性や防水効果が高いものになります。
屋根工事に当たっては屋根材以上に実は重要なのがこの下葺き材であると言えます。



全面に防水紙を施工しましたら、屋根材の施工、板金の取付を行っていきます。
屋根は構造として以上の様に、下地となる素材(野地板もしくはカバーの場合には既存屋根材)、
そして防水シートなどの下葺き材、最後に一番上の屋根材という構造になっています。

今回の場合のような屋根カバー工事のケースでは、
既存の屋根材などを剥がす必要がありませんので、
屋根材の処分費や時間や手間などがかからないメリットがあります。

既存の屋根材が下地として使用できる場合にはおススメですので、
屋根リフォームの際にはぜひ、屋根カバー工事をご検討ください!


gaiso.png









































飯能市で防水ルーフィングシートの下葺き作業


こんにちは!
本日は飯能市での屋根カバー工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 (4).jpg

こちらのお宅は屋根カバー、外壁塗装工事を行うことになりましたので、
まずは高圧洗浄作業を行いました。

今回は既存のスレート屋根の上から防水ルーフィングシートを施工します。
カバー工事は既存の屋根がまだ下地として使用できる耐久性があれば、
その上から防水紙と屋根材を施工します。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 (3).jpg

ゴムアスファルトルーフィングという防水紙を施工していきます。
使用しているのは日進工業「カッパ21」という防水紙の種類になります。
このゴムアスファルトルーフィングはその名のとおり、
アスファルトのような耐久性・耐寒性・耐熱性がありますので素材が強く、
真夏の高温や真冬の低温に耐えられるような耐久性があります。


変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 (1).jpg

軒先から順にシートを全面に施工していきます。
屋根カバー工事においては屋根材も重要ですが、
この下葺きするルーフィングシートも防水性という面では非常に大事です。
屋根材が仮に破損して雨水が侵入しても、このシートが水を吸収し、
屋根の下地の野地板などに水が浸透しないように防いでくれるためです。

飯能市 屋根カバー工事.JPG

防水紙が施工できましたら写真の様に新しい屋根材をさらに重ねて施工します。
屋根の構造としてはまず野地板などの木板、
次に防水シート(ルーフィングシート)
そして一番上に屋根材という形で施工していきます。

屋根カバー工事は葺き替えと比べて屋根材の処分費や手間なども少ないですので、
屋根リフォームの際にはぜひともご検討ください♫



gaiso.png
















所沢市 入間市 狭山市 屋根の防水紙(ルーフィングシート)の重要性!


所沢市 入間市 狭山市 屋根の防水紙(ルーフィングシート)の重要性!

こんばんは。
昨日、今日はお家のお庭やベランダで小さなお子さんたちが
水遊びをしているのをちらほら見かけました♪
室内の温度も上がってきているので、普段より水分も多めにとり
お家の中でも熱中症なども気にかけなくてはいけない季節に
なりますね。水分多めに過ごしましょう♪

本日は梅雨前に備えておきたい雨漏り対策に屋根の防水紙の
お話を少ししていきたいと思います。

20200503bousuizyuuyou000000.jpg

お家を雨から守ってくれているのは屋根の表面の屋根材・・・と思っている
方がほとんどだと思いますが・・・・。
実はお家を瀬戸際で守ってくれているのは防水紙(ルーフィングシート)なのです!

ルーフィングシートは雨水などからお家を守る重要な下地建材です。
屋根の一番上に被せる屋根建材だけでは雨水がお家にどんどん侵入し雨漏りや
劣化をまねきます。どんなに良い屋根建材を使っても防水紙(ルーフィングシート)
による防水がなければ昨日する事ができません。
一定量を超えた雨量の時、屋根材の下地部分まで雨水が浸透するため、防水機能が高い
ルーフィングシートが二次防水の役割を果たしてくれます。

20200503bousuizyuuyou000002.JPG

↑ 防水紙(ルーフィングシート)施工の様子

防水紙はできるだけ高性能なものを選んでいきましょう!
どのような種類があるのでしょうか・・・?

・アスファルトルーフィング
フェルトにアスファルトを染み込ませたもので、価格も手頃なのもポイントです。
新築の建売などでは見えない部分でコストカットするために、こちらの防水紙が
使われる事も多いです。

・改質アスファルトルーフィング(ゴムアスルーフィング)
アスファルトの他に合成ゴムや合成樹脂を加えたもので、耐久性が高いのが特徴です。
温度変化に強く伸びや曲げの追従性や収縮性も高い。

防水紙の施工方法
20200503bousuizyuuyou000002.JPG

・タッカー留め
大型のホッチキスのようなタッカーと呼ばれるものでコの字型の針で
固定をしていきます。

・粘着式
改質アスファルトルーフィングの野地板と接する面に粘着力があり、
そのまま野地板と接着し固定する。タッカー留めとは違い穴を開けずに
固定できるので防水性が高い。

20200503bousuizyuuyou000004.JPG

耐久性が高い上に穴を開けずに固定ができる改質アスファルトルーフィングが
最も長寿命となります。穴が多ければ多いほどお家の内部への水の侵入口は増える
ので、やはり粘着式の方がメリットは多いですが、タッカー留めの場合でも
改質アスファルトルーフィングを使用した方が収縮性があるのでビスや針に密着し
その隙間を極力小さくします。

屋根トラブルにおいて、見えにくい防水紙(ルーフィングシート)。
小さな穴が1つあいてるだけでもトラブルになりお家に大きなダメージを
与えることもありえます・・・。
雨漏りの際には原因に「防水紙」が関係しているかもしれない・・・?
という事を知っているだけでも、とても重要な事です。
普段目につかない部分なだけに悪質な業者などは手抜きをしやすいポイント
にもなってしまうので、信頼できる業者へ相談をし、お家を雨から守って
いきましょう!


gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店