入間市で窓や付帯部の養生作業、耐久性を高める下塗り塗装


こんにちは!
本日は入間市での養生作業外壁塗装の下塗りの様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 養生作業 (1).jpg

こちらのお宅は傷んだ屋根を新しく超軽量の屋根でカバー工事を行い、
その後、外壁部分もコーキングを新しく打ち替える工事を行いました。
今回は外壁塗装の前の養生作業を行っていきます。
養生作業は塗料の飛散を防ぐために重要な作業となりますので、
写真のように専用のポリシートマスキングテープを使用し、
窓や車、塗装しない付帯部などを中心にカバーを覆いかぶせていきます。



外壁塗装中は基本的には写真のように窓は開けられない状態となります。
どうしても開けたい箇所がある場合などには、事前に業者に相談することもできますので、
工事を始める前に確認を取っておきましょう。
その他、注意点としては給湯器などのガス機器は、養生をしたまま使用してしまいますと
不完全燃焼を起こし一酸化炭素が発生してしまう恐れがあります。
使用する際は必ずこちらも確認するようにしましょう。



養生が終わりましたらいよいよ外壁塗装に入っていきます。
塗装は写真のようなローラーを使用し行っていきます。
まずは既存の外壁と新しく塗布する塗料の密着効果を高めるため、
下塗り材を外壁面全体に塗布していきます。
後から重ね塗りする塗料の耐久性を高めるためにも、
このような下地処理を行うことが重要になります。



今回、こちらの入間市のお宅は先ほどのようなモルタル外壁、
そして上の写真のような窯業系のサイディングボードでしたので、
両方とも下塗りを行い塗装していきます。
下塗り材の種類にはシーラー、プライマー、フィラーなどがあります。
そのため、こうした外壁塗装では下地の状態に応じて、
時にはその塗料専用のシーラーやプライマーなどを使用する必要もあります。

外壁塗装の業者がそういった点にも配慮しているかどうか、
ぜひリフォームの際には確認してみてください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

ポリシートでの養生作業、下塗りの塗装リフォーム 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市で行った塗装前の養生作業、下塗り塗装をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 養生作業 (1).jpg

こちらのお宅は屋根のカバー工事を終えて、
外壁のひび割れの補修、高圧洗浄作業を終えました。

続いて塗装前の養生作業の作業へと入ります。
養生作業で使用するのは写真のような養生用のポリシート
そしてマスキングテープになります。



養生作業は塗装をしない部分に塗料が飛散するのを防ぎます。
この養生作業がキレイに行われているかも優良な業者かを
見定める際のポイントとなりますので、HPなどの施工事例なども見て、
しっかりと行っているかも確認すると良いでしょう。

新しくカバーした屋根も養生で覆っていきます。

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 ガイソーウォールフッ素4FⅡ (6).jpg

養生が終わりましたら、塗装リフォームへと入っていきます。
まずは写真のように下塗り作業から行っていきます。
高圧洗浄と同様にこの下塗りを行うことで、中塗りおよび上塗りの
塗料がしっかりと密着し、また壁面への塗料の吸い込みを
防いでくれる効果があります。

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 ガイソーウォールフッ素4FⅡ (10).jpg

全面に下塗りを終えましたら乾燥させていきます。
こうした下地処理は外壁塗装の仕上がりを良くし、
耐久性も向上させる効果がありますので必ず行います。

ガイソー所沢店では所沢市を中心に、入間や飯能、狭山など
幅広いエリアでこうした外壁塗装を行っておりますので、
リフォームをご検討の際にはお気軽にご相談ください♬


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











入間市で塗料の飛散を防止する養生と外壁塗装の下塗り作業


こんにちは!
本日は入間市での養生作業の外壁塗装の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 養生作業 (1).jpg

こちらのお宅は屋根カバー工事を終え、高圧洗浄と
外壁サイディング間の目地コーキングの打ち替え工事まで終えました。

続けて外壁塗装のための準備としてまず養生作業を行っていきます。
養生作業は使用する塗料が飛散し付着しないために重要な作業になります。
敷いていくのは写真のような養生ポリシートマスキングテープです。



外壁周り周辺にしっかりと張り巡らせていきます。
透明なポリシートもありますが、こちらは踏んでも滑りにくい
「ノンスリップマスカー」と呼ばれるシートになります。
作業時の安全性を確保するために滑りにくい仕様になっているんですね。



養生作業が終わりましたらいよいよ外壁塗装へと移ります。
まずは下塗り作業から。写真の様にローラーを使用して微弾性フィラーという
下塗り材を塗布して後から塗る中塗り、上塗り塗料の密着を良くしていきます。
外壁塗装においては目地コーキングの打ち替えなども含めた
こうした下地処理の出来が、塗装の最終的な耐久性や耐用年数に大きく影響します。



満遍なく下塗り材を塗布していきます。
下塗り材には他にも通常のフィラープライマーシーラーなどもありますが、
微弾性フィラーは外壁のひび割れやクラックの補修もできる近年主流の下塗り材になります。

ガイソー所沢店ではこうした下塗りや下地処理も丁寧に行っておりますので、
外壁塗装の際にはぜひ、お気軽にご相談下さい!

見積もり、点検調査は無料で行っております♫

gaiso.png

















1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店