オークリッジでの屋根カバー、高耐候性シリコン塗料で外壁塗装 飯能市

Y様のご要望 劣化による傷みが気になっており、外壁や破風などに大きなひび割れもあるため見積もりしてほしい(Y様より)
飯能市 屋根カバー 外壁塗装 オークリッジ施工 (12).JPG

施工事例データ

施工箇所 屋根、外壁、付帯部、雨樋、波板、ベランダデッキ部分
施工内容 屋根・カバー工事
外壁・塗装工事、ひび割れ補修工事
附帯部・塗装工事
ベランダ・波板交換、デッキ材付け替え
雨樋・交換工事
費用 約140万円
工期 約3週間
築年数 築20年
使用商材 屋根・オークリッジスーパー
外壁・ガイソーカブールサーフ、ガイソーウォールタフネスシリコンⅡ(艶あり)
雨樋・パナソニックPC50
ご提案内容 屋根はコケなどの汚れがかなりありましたが、下地としては使用できそうでしたのでカバー工事をご提案し、外壁は高耐候性のシリコン樹脂塗料での塗装をご提案しました。また、ベランダデッキ材、波板、雨樋も傷んでおりましたので交換をすることになりました。
施工前はこちら

飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (16).JPG

今回は飯能市にあるこちらのお宅にお伺いさせていただきました。
外壁部分に大きなひび割れがあり、また破風にも傷みがあるとのことでしたので、
まずは屋根から順番にどのような状態か確認していきます。

飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (6).JPG

現状は写真のようなスレート屋根のお宅でした。
かなりコケ鳥のフンなどの汚れがついてしまっているのが確認できました。
太陽光パネルを外した後だけくっきりと残ってしまうほどです。
また、雨樋も大きく歪んでしまっているのが分かりますね。
その下の波板も黒ずんで劣化していましたので、今回は交換することになりました。

飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (13).JPG

外壁もお問い合わせのあった通り、
写真のようなひび割れが至る所に見つかりました。
既存の壁はモルタル壁のようですが、このほかにもコケの付着がありました。

飯能市 屋根カバー 外壁塗装 外壁クラック補修 (2).jpg

さらにこちらは破風部分になります。
こちらもかなり大きなひびが入ってしまっていました。
このまま放置しますと、雨水が入り込んでしまい、
屋根内部の部材を腐食させ、雨漏りなどの発生や建物の傷みも
進行しやすくなってしまいます。

そのため、こちらのお宅は屋根はカバー工事を行うリフォーム、
外壁、付帯部は塗装し雨樋や波板なども交換することになりました。
施工中の様子

屋根カバー工事

飯能市 屋根カバー ルーフィング施工.png
まずは屋根リフォームから行っていきます。
今回は廃材の出ないカバー工事ですので、剥がし作業や清掃作業などはないため、洗浄後の屋根に下葺き材を施工していきます。
施工する下葺き材は日進工業の「カッパ21」という防水紙になります。こちらは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる防水紙であり、名前の通りアスファルトが加工されたシートを使用していきます。
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 オークリッジ施工 (4).jpg
下屋根も同様にして既存のスレート屋根の上からカッパ21を下葺きしていきます。シートは軒先から施工していき、下葺きが終わりましたら写真のように新しい屋根材を一枚ずつ施工し、しっかりと固定させていきます。 屋根材も軒先から頂部へと順番に施工していきます。今回使用している屋根材は、「オークリッジスーパー」というデクラ社のアスファルトシングル屋根材になります。

屋根頂部にもしっかりとオークリッジを施工、棟板金も固定させていきます。オークリッジは下葺きに使ったカッパ21と同じく、主な成分として質の高いアスファルト材が使われておりますので、耐寒性耐熱性が高く、防水性も良いという特徴があります。 棟板金も取り付けて無事カバー工事の施工が完了しました!オークリッジはその他にも瓦屋根の3分の1という軽量な屋根です。また、防火性という点でも日本で認定試験に合格していることから、今ではかなり普及してきた商材になります。屋根リフォームの際にはぜひご検討ください♬

クラック補修、洗浄作業、養生作業

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (13).jpg
続けて外壁のリフォーム作業へと進みます。現地調査でこのようなひび割れを多数確認しましたので、まずはこちらの補修から開始していきます。 コーキングをひび割れ部分に注入して乾燥させていきます。塗装の際にはこうして下地処理を行ってから外壁塗装などを行いませんと、後から施工する塗料がひび割れなどを起こす不具合に繋がりますので、必ず行っていきます。
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 高圧洗浄 (1).jpg
破風のひび割れ箇所もしっかりと補修を行いました。破風は特に風や雨が直接当たる部分になりますので、穴が開いたりした場合には早急に補修が必要になります。 補修が終わりましたら高圧洗浄を行う下地処理を行います。こちらは既存のモルタル外壁の汚れやコケなどを落とす作業になります。外壁面に汚れが付着したままですと、いくら高耐久で優れた塗料でもしっかり密着しないため、耐久性も落ちてきてしまいます。

今回は付帯部塗装も行いますので、こうした雨戸や庇、軒天などといった屋根や外壁以外の箇所も念入りに洗浄を行っていきます。 最後に施工した屋根材、その他塗料が飛散してはいけない箇所にマスキングテープ、ポリシートを張り巡らせて養生を行いましたら下準備は完了です。

外壁塗装

変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 ガイソーウォールフッ素4FⅡ (6).jpg 変換 ~ 飯能市 屋根・外壁塗装 ガイソーウォールフッ素4FⅡ (10).jpg
外壁塗装はまず下塗り作業から行います。塗装には写真のようなローラーを使用していきます。作業は手塗りで丁寧に行います。 下塗りが完了しました。一定時間おいて、乾燥させていきます。今回使用している下塗り材は「ガイソーカブールサーフ」という下塗り材で、外壁色の変更の際にはおススメな隠ぺい性の高い塗料になります。
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 外壁中、上塗り (11).jpg
下塗りした外壁面に中塗り塗料を塗布していきます。各塗装の工程間ではしっかりと乾燥時間を設けることで塗膜が安定し、本来の効果が発揮されます。そのため、塗装リフォームの際には業者がこうした乾燥時間を守っているかもチェックしておきたいポイントになります。 今回は写真のようなまだら模様もつけて、仕上がりにアクセントが出るように塗装していきます。この上からまたさらに塗装を行っていきます。


変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 外壁中、上塗り (6).jpg
中塗りが終わりました上塗り塗料を塗布していきます。今回使用している中塗り、上塗り塗料は高耐候性でセラミックも配合された「ガイソーウォールタフネスシリコンⅡ」の塗料になります。 先ほどの模様付けした部分もしっかりと塗装して仕上げていきます。こうした外壁塗装においては、乾燥時間も重要ですが、塗料を塗布する量も重要になります。少ないと耐久性はもちろん下がりますが、多すぎても生乾きになってしまうというデメリットが出てくるためです。


プロの手によって適切な乾燥時間、施工方法、施工量をしっかりと守ることで、塗装における塗料の効果は最大限に発揮されます。無事、上塗りでの仕上げも完了しました。

模様付けした部分もうっすらとまだら柄が浮き上がり、アクセントがあってイイですね!今回使用している外壁塗料、ガイソーウォールタフネスシリコンⅡはカビを防ぐ防カビ性、また防藻性もある塗料ですので、外壁リフォームの際にはぜひ、候補にしてみてください


付帯部塗装

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (7).jpg
外壁塗装が終わりましたので続いて付帯部塗装へと入ります。こちらは塗装前の庇ですが、色褪せがかなり目立ちますね。 こうした金属部分も長年風雨に晒され続けることにより防水性耐久性が低下、サビや破損が起きてきてしまいますので、塗装を行うことでしっかりメンテナンスを行います。
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 付帯部塗装 (2).jpg
庇の塗装後の写真になります。鮮やかなグレーでリフォームされた外壁部分と一緒に見ても美観を損ねていませんね。 付帯部は全体のバランスを整えるため、屋根や外壁と一緒にリフォームすることがおススメです。 雨戸も同様にして塗装していきます。こちらはケレンと呼ばれる下地処理の様子になります。ペーパーを使用して研磨し、表面をざらつかせるとともに汚れを落としていきます。


しっかりとケレンした後に塗装を行うことで、塗料の密着が良くなり、耐久性も向上します。こうした付帯部も写真のようにローラーで塗装します。また、細かい部分は刷毛なども使用して塗装していきます。 仕上げに上塗りを行いこちらも乾燥させたら付帯部塗装の出来上がりです!木部、金属部分問わず塗装は行えますので、気になる箇所がある場合にはお気軽にご相談ください♬

ベランダ床材、波板交換

最後にベランダ部分の工事を進めていきます。まずは黒ずんで汚れていた波板からです。波板は古いものを全て取り外し処分、新しい波板をかぶせて穴をあけてビスで留めていきます。 フレームにしっかりと固定したら完成です。下側からの写真ですが、汚れもなくなったため日の光も差し込むようになりました。
変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 ベランダ付け替え (2).jpg
ベランダ床部分も水はけが悪くなっておりましたので、傷んだデッキ材を取り外し、新しいデッキ材に交換していきます。足の踏み場が少ないですので、安全に、慎重に作業を進めていきます。 最後にビスでこちらも固定したら完成になります。ベランダの床部分は劣化してきますと穴が開き、転落事故などの大きなトラブルにつながりかねません。傷みに気づいたら早めにメンテナンスを検討しましょう。

施工が完了しました


飯能市 屋根カバー 外壁塗装 オークリッジ施工 (12).JPG

カバー工事を終えた屋根の様子です。
耐久性だけでなく意匠性も高いアスファルト屋根材、
オークリッジスーパーを施工しましたので、
スタイリッシュでおしゃれな外観になりました!

飯能市 屋根カバー 外壁塗装 施工後 (1).jpg

外壁も耐久性の高いセラミック配合のシリコン塗料を使用しました。
ひび割れも補修しましたので、強い風雨や悪天候時でも安心です♬

飯能市 屋根カバー 外壁塗装 施工後 (3).jpg

雨戸、庇といった付帯部もしっかり塗装でメンテナンス、
波板ベランダデッキ材も交換し全体的に耐久性も上がり、美しい美観になりました!

今回は屋根カバー、外壁塗装、付帯部塗装、ベランダデッキ材・波板交換などの工事を行い、
総工費でおよそ140万円の施工費となりました!

ガイソー所沢店では屋根や外壁はもちろん、
ベランダ雨戸軒天といった場所も
傷んでいましたら丁寧にリフォームを行いますので、
ぜひお気軽にご相談ください♬

BEFORE AFTER

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店