狭山市でコケだらけだった外壁サイディングの塗り替えリフォーム 

I 様のご要望 外壁のコケ汚れが気になるのでリフォームしたい(I様より)
狭山市 屋根・外壁塗装 施工後 (16).JPG

施工事例データ

施工箇所 屋根、外壁、付帯部、ベランダ
施工内容 屋根・塗装工事
外壁・塗装工事
附帯部・塗装工事
ベランダ・防水工事
費用 約125万円
工期 約3週間
築年数 築14年
使用商材 屋根・GWルーフシーラー、ガイソールーフガードフッ素
外壁・GWカチオンシーラーNEO、GWタフネスシリコンⅡ
コーキング・サンライズMSI H100
ベランダ・オートンウレアックスHG
ご提案内容 外壁はコケ汚れが酷く傷んでいる状態でしたのでコーキング打ち替えと塗装工事を、屋根も塗り替えリフォームを行うことになりました。
施工前はこちら

狭山市 屋根・外壁塗装 ベランダ防水 現地調査 (18).jpg

今回は狭山市のこちらのお宅の方から、外壁のコケ汚れが気になっているので、
リフォームを検討しており見積を出して欲しいとご連絡を頂きました。
そのため、ガイソーの営業社員がお伺いし、屋根やその他の建物部分も含めて、
傷みや劣化の具合を確認することになりました。
既存のお宅は写真のような一軒家のお宅でした。

狭山市 屋根・外壁塗装 ベランダ防水 現地調査 (3).JPG

まずは高所カメラで屋根の状態から確認していきます。
屋根材は一般的なスレート屋根材の様でした。
築14年ということでかなりコケ汚れが付着しており、色褪せも進んでいます。
スレート屋根は軽量で安価であることから人気があり施工された屋根材ですが、
瓦屋根や金属屋根と比べると傷みやすく割れやすいというデメリットもあります。

狭山市 屋根・外壁塗装 ベランダ防水 現地調査 (15).JPG

外壁部分も同じように撮影して状態を見ていきます。
こちらのお宅はサイディング外壁の様でしたが、
やはりコケの付着や目地部分の傷みが目立ちます。
こうした傷んだ箇所を放置してしまいますと、雨漏りに繋がりますので、
早めにメンテナンスなどを行った方が良いでしょう。

狭山市 屋根・外壁塗装 ベランダ防水 現地調査 (13).JPG

その他、こちらは軒天と言う屋根の裏側部分になりますが、
上の写真のようにかなり傷んで、有孔ボードに割れも発生しています。
こちらも早急に補修作業が必要でしょう。

屋根、外壁、そして付帯部やベランダの点検も行い調査したところ、
所々かなり傷みが進行しているようでしたので、こちらのお宅は今回
屋根は塗装リフォーム、外壁は目地コーキング打ち替えと外壁塗装、
そして付帯部も塗り替えを行い、ベランダ防水工事も行うことになりました。
施工中の様子

高圧洗浄

屋根や外壁の点検、見積もりが終わりましたらいよいよ工事を開始していきます。まずは、塗り替えを行う屋根や外壁の洗浄作業から行っていきます。
高圧洗浄機を使用して汚れやコケだらけだったスレート屋根を洗浄していきます。洗浄はお客様のお宅の水道をお借りして行います。約半日ほどかけてしっかりとこびりついた汚れを落としていきます。
外壁もかなりコケが付着していましたので、こちらも洗浄でキレイにしていきます。こうした塗装リフォームの際には必ずこのように、既存の外壁や屋根の汚れを落としませんと、新しい塗料がしっかりと密着しませんので丁寧に洗浄していきます。 ベランダ部分も大分汚れが溜まっておりましたので、土埃やゴミなどを取り除いて洗い流していきます。ベランダは排水口などが詰まってしまいますと、雨漏りが発生しやすい箇所ですので注意が必要です。

屋根塗装工事

変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 屋根塗り替え (1).jpg
洗浄が終わりましたら続けて屋根塗装リフォームに入ります。キレイになった屋根にまずは下塗りで塗料を施工していきます。下塗りにはGWルーフシーラーという密着性の高い塗料を施工します。 続けて中塗り塗料を施工していきます。塗装作業はこのように重ね塗りを行っていくことで耐久性を高めていきます。そして各塗装の工程間は乾燥させる時間も設けていきます。
変換 ~ 狭山市 屋根・外壁塗装 屋根塗り替え (3).jpg
塗り残しがないように丁寧に手作業で、ローラーを使用しながら塗装をしていきます。今回使用する中塗り、上塗り塗料はガイソールーフガードフッ素という高耐久でハイグレードな塗料になります。
中塗り塗料が乾きましたら続けて上塗りも行っていきます。塗料はしっかりと乾燥させてから次の塗装を行いませんと、後々不具合が起こることもありますので注意が必要です。
狭山市 屋根 塗装 塗り替え
上塗り後もしっかりと塗膜を乾かし、安定しましたら屋根塗装の完成です!ガイソールーフガードフッ素は、紫外線で劣化し傷んでしまう塩素を使用せず開発されたフッ素塗料ですので、長く屋根の美観や建物の耐久性を維持したい方にはおススメです!
下屋根部分も施工して仕上げました。こうした外壁との取り合い部分や棟板金部分も傷みやすく、また板金は錆びやすい箇所ですので、定期的にこのような塗り替えメンテナンスを検討してみてください!

コーキング打ち替え


続いては外壁部分の補修を行います。傷んだサイディングの目地コーキング部分を全て剥がし、プライマーを施工していきます。

軒天との境目部分もしっかりと接着塗料であるプライマーを施工していきます。このように下塗りでしっかりと塗料を塗布することで、コーキングも耐久性が上がります。
玄関付近のサイディング目地も全て剥がして同じようにプライマーを施工していきます。コーキングは防水という役割の他、サイディングの動きに追従して変形を防止する役割もありますので、メンテナンスは念入りに行います。

コーキングを注入し養生テープなどを剥がしましたらコーキングの打ち替え工事の完成です。このような目地部分は劣化してくるとヒビや剥離が発生しますので、ぜひご自宅のコーキングも点検してみましょう!

外壁塗装

コーキング打ち替えが終わりましたら続いて塗装リフォームを行っていきます。外壁も屋根と同じく下塗りから作業を開始していきます。

コケの付着していた外壁面もしっかりと洗い流しましたので、そこに新しく下塗り塗料としてGWカチオンシーラーNEOという耐久性の高い下塗り塗料を施工していきます。


下塗りを終えましたらさらに中塗り塗装を行っていきます。こうした塗装リフォームの際には注意点として塗料の乾燥の時間が季節などにより異なるということです。冬場や湿気の多い時期ですと、その分乾燥に時間がかかり、工期が伸びる可能性もありますので覚えておきましょう。
中塗り後は仕上げの上塗りで完成させていきます。
今回使用している塗料はガイソーウォールタフネスシリコンⅡという防カビ・防藻効果のある優れたシリコン樹脂塗料です。
塗装後の外壁サイディングの写真になります。コケ汚れがかなり広がっている状態でしたが、すっきりとキレイになり美観も良くなりました!

別の外壁面の写真になります。こちらも色褪せていた外壁が塗り替えられ美しくなりました!ガイソーウォールタフネスシリコンは高耐久で防水性も高く、環境にも優しい無鉛の塗料ですので、建物を長くキレイに維持したい方は、ぜひ外壁塗装に使用してみてください!

付帯部塗装


外壁塗装が完成しましたら続けて付帯部の塗り替えになります。写真は軒天部分の塗装ですが、このように塗装することで劣化を防止、雨漏りも抑制することができます。 写真のような破風部分も傷みやすく、塗膜剥がれや破損などが起こりやすい部分になります。破風は塗装によるメンテナンスの他、破風板金でカバーしたり破風板の交換などの補修もできます。

雨樋に隠れて見にくい箇所ですが、こうした鼻隠しと呼ばれる箇所、さらには雨樋部分も傷んできます。雨樋は特に割れやヒビが入ってしまいますと、大雨の際に水がこぼれて辺りが水浸しになってしまいます。日頃からこうしたメンテナンスは行っておくのが良いでしょう。 シャッターボックスなども塗装することができます。金属部分もサビが進むとボロボロになり壊れてしまいますので、早めにこうして塗装しておくと良いでしょう。

ベランダ防水工事

付帯部が塗装できましたので、いよいよ最後のベランダ防水工事に入ります。ベランダ防水もまずは下塗り塗装から行います。施工するのはベランダの防水工事に必ず使う専用のプライマーです。
プライマーが乾きましたら防水塗料を施工していきます。ベランダのFRP防水塗膜も新築施工時から10年、15年と経過してきますと、徐々に防水層が剥がれてきてしまいます。そのため、こうして定期的に防水工事を行うと良いでしょう。
今回は中塗り、上塗りでオートンウレアックスHGという高耐久でひび割れにも強く、防水性能も高い塗料を使用していきます。近年多い地震での割れ対策にも良いですので、ぜひ防水工事の際には検討してみてください♬
上塗りも終えましたら防水工事の完成です!今回施工したのはウレタン防水塗料ですので、複雑な形状でシート防水などは難しいベランダやバルコニーも防水工事を行うことができます。ベランダのリフォームの際にはウレタン防止も候補にしてみると良いでしょう!
施工が完了しました


狭山市 屋根・外壁塗装 屋根塗り替え (7).jpg

屋根塗装後の写真になります。新しくガイソールーフガードフッ素でキレイになりました。
防水性、耐久性ともに非常に高いフッ素樹脂塗料ですので、長く建物の美観を維持し、
また塗り替えの手間も低単価な塗料に比べると掛かりませんので、経済的にもお得になりました!


狭山市 屋根・外壁塗装 施工後 (2).JPG

傷んだ軒天は補修し雨樋、庇、シャッターボックスなどもすべて塗装で塗り替え、
外壁面も高耐久のシリコン樹脂塗料で美しく塗り替えられました。
こうした付帯部も屋根や外壁と一緒に塗装すると、足場代などを節約できますので
リフォームの際にはぜひ、まとめて行うことを検討しましょう。

今回は屋根塗装工事、外壁塗装工事、シーリング打ち替え、付帯部塗装、
ベランダ防水工事
などのリフォーム工事を行い、総工費がおよそ125万円となりました!

ガイソー所沢店ではこうした高耐久のフッ素樹脂塗料や
外壁塗料、ベランダ防水塗料などを使用した質の高いリフォームを行っておりますので、
リフォームの際にはぜひ、一度ご連絡・ご相談ください♬


BEFORE AFTER

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店