• HOME
  • スタッフ現場ブログ

所沢市若狭で木部塗装


所沢市若狭で木部塗装。

こんにちは。暖かい日と寒い日の寒暖差が大きいですね。
ここの所、暗いニュースが多いので早く桜の情報なども
耳にしたいですね♪
小春日和な平穏な日本が待ち遠しいです♪

ガイソー所沢店は今日も元気に営業しております!
現場の方も進めさせていただいております!
本日もよろしくお願いいたします。

今日は木部塗装の様子をご紹介します。

2020208tokorozawashiwakasazirei24000042.jpg

このような、木部の部分の塗装をします。
なぜ、木部も塗装が必要なのか・・・・?
紫外線や風雨、カビや菌、害虫の繁殖などの影響を受けるので
定期的に塗装をしておく事が必要です。
害虫が喰い散らかして深刻なダメージを受けた木部は大工工事で
補修をしたり交換が必要になってしまう事もあります。
そうなってしまってからではメンテナンス費用も高額になってしまう
ので、木部のメンテナンスは傷みすぎる前に行いましょう。
ケレン作業をして下地の状態を整えます。

2020208tokorozawashiwakasazirei24000016.jpg

下塗りから始めていきます。
木部を塗る塗料は木部専用塗料となり、外壁や屋根で使用する
塗料とは異なってくる場合もあります。
成分の内容が変わり、木材の劣化を抑制するための様々な成分が
含まれた塗料になります。

2020208tokorozawashiwakasazirei24000017.jpg

続いて中塗りです。
この塗料は既存の木目の模様をしっかりと残した状態で
塗り上げていく事が可能です。

木部専用塗料にはどんな成分が含まれているのか・・・?
防虫・防蟻効果
木部の質量がシロアリ等によって減少するのを防ぐため
殺虫成分が含まれています。

防藻・防カビ効果
塗布面に密着して藻やカビの発生を抑制する成分が
含まれています。

撥水効果           
木材は呼吸するので一定量の調湿効果は得られますが
過剰な水分は藻やカビの原因になるので、このことから
塗料中には撥水成分も含まれています。

2020208tokorozawashiwakasazirei24000018.jpg

最後に上塗りです。

2020208tokorozawashiwakasazirei24000030.jpg

完成です。
住宅には様々な部分に木が使われています。
破風板、庇の側面、木格子、外壁材など・・・。
木部を塗装するのは主に水分を含ませないためです。
水分を含んでしまった木部はシロアリ被害や表面のささくれ
、反り、割れ、といった症状も起こしやすくなるので
しっかり定期的にメンテナンスを行いましょう。

gaiso.png

発火に注意!タコ足配線。


発火に注意!タコ足配線。

こんにちは。春らしいお天気だったり、またグッと寒くなったり
雨が降っていたりと、不安定な日が続きますね。
皆様体調はいかがですか?コロナウイルスも埼玉でも発生している
ようなので、十分に予防をしていきましょう。
空気の乾燥も続いております。近隣で昨夜、火災騒ぎもあったので
火の元にもお気を付け下さい。

今日は思わぬ火災の原因にもなる、タコ足配線についてお話していきます。

ブログ197.jpg

この時期はとくに、電気ストーブ、電気毛布、電気こたつ、エアコンなど
家庭内で電気器具を使う機会が増えます。
そこで一カ所のコンセントに多くのプラグを差し込んでしまうのが
タコ足配線です。
各、コンセントには定格電力があり、大きく超えてしまうとブレイカーが
落ちてしまったり、ブレイカーが作動しない場合もあります。
異常な発熱が続くと、最終的には発火の恐れがあります。
また、多くのプラグが集まっているので、ホコリが溜まりやすくそこから
トラッキング現象が起こるので十分注意をして下さい。

トラッキング現象とは・・・?
ほこりに湿気などの水分が付着し、電気が流れて炎が発生する。

通常、1つのコンセントの定格容量は15Aです。(アンペアは電流)
一般家庭用電圧は100V。(ボルトは電圧)
各電気製品に書かれているW数を見て下さい。(ワットは電気がする仕事の大きさ)
電流(A)=電力(W)÷100V なので、例えば800Wのアイロン使用の場合は
8A使用となります。

このように、今お使いの電化製品のWを見ていくと、一つのコンセントから
使用できる、電化製品は限られてきますよね。

安全に使用するために、今一度お家のコンセントを確認してみて下さい♪
ホコリなどがたまっていたら、定期的にホコリなどを取り除きましょう。


gaiso.png

所沢市東狭山ヶ丘でガイソーウォールフッ素4Fで外壁塗装を行いました。


所沢市東狭山ヶ丘でガイソーウォールフッ素で外壁塗装を行いました。

こんにちは。
昨日は風が強くすごく寒かったですね・・・。
この冬では感じた事がなかった久しぶりの寒さで
体がついていきませんでした・・・。
あの強風では現場の職人さんたちもとても大変そうでした。
今日も寒いですが風は落ち着いているので現場は安心です。
どんどん作業を進めていきたいと思います。

本日は外壁塗装の様子をご紹介します。

2020207higashisayamagaoka000000.jpg

養生作業から丁寧に始めます。
養生は塗装を塗らない部分をビニールでしっかり覆います。

2020207higashisayamagaoka000003.jpg

まず下塗りから行います。
下塗りにはシーラー系・フィーラー系・プライマー系の
3種類に分類され、外壁のダメージの状態などによって
使用する下塗り剤が使い分けられます。
中塗りと上塗り塗料が密着しやすいように現在の外壁の状態を
整えてくれる役割をしています。
下塗り剤は色のついていない透明なものが多いです。

2020207higashisayamagaoka000009.jpg

続いて、中塗りです。
今回はガイソーウォールフッ素4Fを使用します。
ガイソーウォールフッ素4Fは雨筋汚れがつきにくく汚染性に
優れていて長期間、光沢を維持するため、いつまでも建物を
綺麗に守り続けてくれます。
この塗料の特徴は・・・
1、高耐候性
2、雨筋汚れ防止「低汚染性」
3、高光沢性 
4、汚れにくい塗膜「親水性塗膜」
5、ひび割れしにくい塗膜

2020207higashisayamagaoka000013.jpg

最後に上塗りです。
3段階で塗り分けていき、厚みのある強い塗膜に仕上げて
いきます。
手塗りローラー工法は職人の手で一塗り、一塗り塗って
いくので、手間や時間はかかりますが仕上がりと持ちは
格段に違います。

2020207higashisayamagaoka000005.jpg

完成です。
鮮やかなミントグリーンが綺麗ですね!
ガイソーウォールフッ素4Fの塗装は年数とともに外壁の
美観に大きな差がつきます。

2020207higashisayamagaoka000001.jpg

外壁に付帯する破風の部分も塗装をするのでケレンから
行います。
古い塗膜や汚れを落とすためです。
やすりで擦り新しい塗膜との、密着を上げます。

2020207higashisayamagaoka000010.jpg

下塗りを行ってから中塗り→上塗りと進めます。
破風は屋根への雨水を防いでくれたり、火事の際には
防火性を高めてくれたりなど、お家にとってとても重要な
役割をしてくれています。材質は木質以外にも金属系や
窯業系など様々ですが、破風も定期的に必ずメンテナンスが
必要です。屋根や外壁を塗装などメンテナンスを行う際は
必ず破風も一緒にメンテナンスを行うようにしましょう。


gaiso.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報