高耐久なフッ素樹脂塗料で屋根塗り替え、外壁リフォーム工事 入間市

H様のご要望 外壁の汚れが気になるので見積もりをしてほしい(H様より)
入間市 屋根・外壁塗装 施工後 (2).jpg

施工事例データ

施工箇所 屋根、外壁、ベランダ、付帯部
施工内容 屋根・塗装工事
外壁・塗装工事
附帯部・塗装工事
ベランダ・防水工事
費用 約100万円
工期 約3週間
築年数 築13年
使用商材 屋根・GWルーフシーラー、ガイソールーフガードフッ素
外壁・GWカブールサーフ、ガイソーウォールタフネスシリコンⅡ
ベランダ・オートンウレアックス
ご提案内容 スレート屋根は色褪せ、コケの付着などが見られましたので洗浄と塗装によるリフォームを、外壁も同様に洗浄後に塗装をご提案しました。
施工前はこちら

入間市 屋根・外壁塗装 施工前 (11).JPG

今回は築13年のこちらの入間市のお宅の現地調査にお伺いしました。
外壁の傷み、汚れが出てきており一度見積もりをお願いしたいとのことでしたので、
最初に既存の建物の状態から確認していきます。現地調査は基本的にお電話を頂いた後、
お客様と営業社員の間で都合の良い日程を決めてからご訪問をさせて頂きます。
最初に高所カメラで屋根の状態から見ていきます。


入間市 屋根・外壁塗装 施工前 (5).JPG

既存の屋根は写真のような化粧スレート屋根で、所々に色褪せが見られました。
下屋根の方もコケがある状態であり、まずは洗浄作業を行う必要があります。
スレート屋根は色が薄くなってきたら塗膜の効果が切れてきているサインですので、
防水性が低下し雨漏りになる前にできれば塗装などを行う方が良いでしょう。


入間市 屋根・外壁塗装 施工前 (1).JPG

次に外壁面も見ていきます。既存の外壁はモルタルの外壁です。
写真を見てみますと汚れ、そしてコケが付着している箇所もありました。
また、モルタル外壁はチェックポイントとしてひび割れをしていないかというのも
劣化具合を見るうえで注目しておきたい点です。ぜひ確認してみてください。

現地調査を行った結果、今回こちらのお宅は屋根は塗装工事
外壁も洗浄を行った後に塗装、ベランダ防水工事行いリフォームすることになりました。
施工中の様子

高圧洗浄

現地調査が終わりましたので写真のように汚れた外壁、そして屋根のコケなども落としていきます。外壁面はサッシ周りにこうした雨筋汚れもかなり目立つ状態でした。
コケが付着していたスレート屋根をしっかりと清掃していきます。コケ汚れは湿気が多く日当たりの悪い屋根の面や外壁面に繁殖するので注意が必要です。
先ほどの写真であったサッシ周りや汚れのあったモルタル外壁部分も洗浄していきます。こうした汚れは外壁面を傷め、防水性が低下してしまいますので早めにキレイにした方が良いでしょう。 ベランダも防水塗料を施工していきますので、溜まった汚れを洗い落とします。ベランダも床の表面が色褪せたり、荒れている場合にはトップコートが低下しているサインですので注意しましょう。


屋根塗装工事

変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 屋根補修.jpg
高圧洗浄で屋根の汚れをキレイにしましたら、続けて塗装に移りますが、まずは補修から行います。微細なひび割れなどは写真のようにコーキングなどで補修します。 続いて下塗り材の施工です。今回施工するのはGWルーフシーラーという下塗り材です。こうしたシーラーは塗装面に塗ることで後から塗る塗料の吸い込みを抑える作用があります。
下塗りが終わりましたら中塗り、上塗りと重ね塗りを行っていきます。ガイソールーフガードフッ素という耐候性・防水性の高いフッ素樹脂塗料になります。従来のフッ素樹脂塗料に比べて耐久性が高い商材ですので、屋根を長期間にわたり守る効果があります。 上塗り塗装をしましたら時間を置いて乾燥させれば屋根塗装リフォームの完成になります。近年、こうした高グレードのフッ素樹脂塗料や無機塗料での屋根塗り替えリフォームも増えてきました。耐久性の高い塗料ですと、安い塗料に比べ塗り替える手間やコストも減りますので、ぜひ検討してみてください♬

外壁塗装工事


変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 外壁下塗り.jpg
屋根塗装リフォームが終わりましたら、引き続いて外壁の塗り替えリフォームを行っていきます。こちらもまずは下塗り作業から行います。下塗りの塗料は様々なものがありますが、今回はGWカブールサーフEPOというアクリル合成樹脂エマルションを使用した下塗り塗料を施工します。 下塗りが終わりましたら中塗りへと進みます。GWカブールサーフEPOで上塗りする塗料の吸い込みが少なくなっておりますので、仕上がりもキレイに施工することができます。

変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 外壁上塗り (1).jpg
今回はツートンカラーですので、ブラウン、そして写真のようなホワイトカラーの塗料も使用して塗装していきます。中塗り、上塗りで使用していくのはガイソーウォールタフネスシリコンⅡという弱溶剤のアクリルシリコン塗料です。
ガイソーウォールタフネスシリコンⅡは環境への配慮や作業性も高い塗料になります。人体に害があるとされる重金属を使用しておりませんので、健康面という点でも安心できる塗料です。

中塗り後は上塗りもしっかりと行い仕上げていきます。ガイソーウォールタフネスシリコンⅡは施工性も良く、脆弱な下地にも密着し塗膜も強靭であるため長期にわたり建物を守ります。 上塗りを行った後も時間をおいて、塗膜が硬化しましたら完成です。現地調査で確認した窓サッシ周りからの雨筋汚れなども予防する効果がありますので、メンテナンスのしやすさという点でもおススメになります!ぜひご検討ください♬

付帯部塗装工事


変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 付帯部 雨樋塗装.jpg
外壁塗装の塗り替えリフォームが終わりましたので、続けて付帯部と呼ばれる箇所の塗装へと入ります。上の写真のような雨樋と呼ばれる箇所もその一つになります。雨樋も劣化し割れると雨漏りにつながりますので、こうして塗装などでメンテナンスしておく必要があります。 軒天部分も塗装していきます。軒天は屋根の裏側、その他バルコニーやベランダの裏側なども軒天と呼びます。こちらも下塗りから中塗り、上塗りという工程で塗装していきます。


軒天部分は野地板(のじいた)や垂木(たるき)などの屋根部材、建物内部の部材を隠す意味合いで施工される美観の向上という役割もありますが、その他にも延焼を防止したり、屋根裏の換気を促す軒裏換気などの役割もあったりします。そのため、こうして塗装しておくことも重要です。 写真は雨樋側の軒先部分の鼻隠しと呼ばれる箇所です。こうした部分も紫外線や雨により劣化していきますので、塗膜剥がれやひび割れなどに気づきましたら早めに対策を検討しましょう!

ベランダ防水工事

変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 ベランダ下塗り (2).jpg
最後にベランダ防水工事を行っていきます。ベランダ部分は劣化してきますと塗膜の剥がれ、膨れなども起きてきます。そのため防水工事を早めに行っておくことが重要です。

下塗りとしてローラーを使い下塗りを終えましたら乾かし、中塗りで防水塗料を施工します。今回使用する防水塗料はオートンウレアックスHGです。施工は下地処理を終えた後、2回に分けて施工していきます。

今回使用しているオートンウレアックスHGはウレタン防水塗料ですので、色々な下地に対応できる施工性のしやすさがメリットとしてあります。また、硬化後は強靭な塗膜を形成しますので、長くベランダをキレイに使い方にもおススメです。

上塗り後は5時間以上養生して乾燥させたら完成になります。オートンウレアックスは専用のプライマーで塗装しますので、面倒なサンディング等がいらないため、工期短縮にも繋がりますので、ぜひ防水工事の際には候補にしてみてください。
施工が完了しました


入間市 屋根・外壁塗装 屋根完成 (2).jpg

屋根塗装後の写真になります。ガイソールーフガードフッ素で高耐久、
かつ艶のある美しい外観になりましたので、これからも安心して長く住めそうですね!
フッ素樹脂塗料は防水性も高いので、雨漏りが心配な方もぜひリフォームに使用してみてください!



入間市 屋根・外壁塗装 施工後 (2).jpg

外壁面はガイソーウォールタフネスシリコンⅡで塗装し、
防カビ・防藻性もある頑丈な外壁に仕上がりました。
弱溶剤の塗料ですので、臭気もなく環境面でも安心です。


今回は屋根塗装工事、外壁塗装工事・付帯部塗装、ベランダ防水工事、
などのリフォーム工事でおよそ100万円の施工費なりました!

ガイソー所沢店では高耐久な屋根用塗料、外壁用塗料を数多く揃え、
お客様のニーズに沿った商品をご提案いたしますので、
どうゆう塗料が良いか分からない!という方はぜひ一度、ご相談してみてください♬

BEFORE AFTER

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店