狭山市 勾配のゆるやかな屋根・陸屋根を葺き替えリフォームします!

K様のご要望 屋根をはじめ、いろいろな場所が劣化してきました。
この機会に全面的にメンテナンスをおこないたいです。

IMG_1812.jpg

施工事例データ

施工箇所 屋根、下屋根、外壁、付帯部
施工内容 屋根:葺き替え
下屋根:塗装
外壁:塗装
付帯部:塗装
費用 約180万円
※施工当時のお値段です。材料の価格高騰などによりお値段が変動する場合がございます。あらかじめご了承下さい。
工期 約3週間
築年数 約25年
使用商材 屋根:セキノ立平ロック
下屋根塗装:エポプライマー、ガイソールーフガードネオF
屋根:カブールサーフEPO、
   ガイソーウォール無機Z
ご提案内容 現地調査いたしましたところ、屋根の劣化が確認できました。屋根は個人宅では比較的めずらしい陸屋根です。塗膜が全体的に色褪せ、ところどころひびが入っている様子が見られます。天井に雨漏りの形跡もあり、根本的な修復が必要と判断。屋根の葺き替え工事を提案いたしました。
その他にも、下屋根や外壁、付帯部にも相応の劣化が見られましたので、塗装により耐候性を向上させることとなりました。
施工前はこちら
IMG_8253.jpg IMG_8204.jpg
K様邸です。
平らな屋根が印象的なモダンな印象のお宅ですが、全体的に色褪せており、古びた印象はいなめません。それでは細かくみていきましょう!
K様邸の屋根・陸屋根を高所カメラで撮影しました。勾配が少ない、もしくは平らな屋根を「陸屋根」といいます。退色が目立ち、屋根の耐候性が失われている状態です。

IMG_2699.jpg IMG_8224.jpg
陸屋根の排水溝です。
勾配が少なく雨が溜まりやすい陸屋根は、雨漏りしやすいというデメリットがあります。排水溝には泥が溜まっており、メンテナンスの必要を感じさせます。

天井の画像です。
雨染みがあるのが、おわかりでしょうか?
これは雨漏りの症状です。
屋根から雨水が染み、天井にシミを作った形跡です。屋根の早急な補修が望まれます。

IMG_8247.jpg IMG_8244.jpg
建物から突き出した形で設置される屋根を、「下屋根」といいます。金属製の下屋根、茶色く錆びているのがわかりますね。
再塗装することで、錆びにくく外的影響に強い屋根を目指します。

壁との設置面が多い下屋根は、雨漏りしやすい場所。劣化を見過ごすのはNGです。
大きなトラブルに発展する前に、こちらも早めの対処が必要です。
施工中の様子

バイオ高圧洗浄の様子

2023_07_20_19_43_48_576_12(2).jpg 2023_07_26_19_08_30_533_2.jpg
リフォームの前に、施工する場所を洗浄します。
ガイソーでは「バイオ高圧洗浄」が基本。
バイオの力でカビやコケといった微生物を根っこから落とし、きれいが長続きする次世代洗浄料です。汚れの度合いに合わせて、希釈をします。

バイオ高圧洗浄は高い洗浄力を持ちますが、同時に、例えば植栽を枯らしてしまうなどのデメリットがあります。
余計な場所に洗浄液が付着しないよう、ビニールで丁寧に養生します。
2023_07_24_15_24_15_514_7.jpg 2023_07_24_15_24_15_504_6.jpg
まずはきれいな水を散布し、塗装面を濡らします。
水で落ちる汚れを落とし、洗浄液を浸透しやすくします。このひと手間が、塗装の持ちの良さにつながります!
洗浄は、リフォームの命」といわれる所以です。
洗浄剤を散布します。
使用するのは「ガイソーパワークリーナー」。
ガイソーオリジナルの次世代洗浄料による洗浄で、きれいな塗装が長く持続します。その後再び清水で洗い流し、塗装に備えます。

陸屋根・葺き替えの様子

2023_07_27_10_39_13_848_2.jpg 2023_07_27_10_39_13_889_11(トリミング).jpg
既存の屋根を撤去します。
屋根材だけでなく防水シートなども撤去しますので、とても大変な作業です。

屋根材の下地材「野地板(のじいた)」も、新しく張り替えます。

2023_07_27_10_39_13_901_14(トリミング).jpg 2023_07_27_10_39_13_903_15(トリミング).jpg
次に防水シートを張ります。
ただでさえ雨漏りしやすい陸屋根、しっかりと防水対策を施します。下葺き材「カッパ23」は、改質ゴムアスファルトルーフィング。強力に雨水から屋根を守ります。



屋根の立ち上がり部分は隙間になりやすく、雨漏りしやすい場所です。あらかじめ木材を仕込み、雨漏りを防ぎます。
とにかく雨水は、日本家屋の天敵です。しっかり対処していきます。
2023_07_27_10_39_13_908_16(トリミング).jpg 2023_07_27_10_39_13_926_21(トリミング).jpg
屋根のてっぺんに棟板金を設置しますが、その下地として木材を仕込みます。この木材を「貫板(ぬきいた)」といいます。

屋根材「セキノ立平ロック」を張ります。
通常の屋根と違い、屋根のてっぺんに対して垂直に張るのが特徴。雨漏りしにくい屋根材です。

2023_07_27_10_40_12_579_13(トリミング).jpg 2023_07_27_10_40_12_562_9(トリミング).jpg
棟板金に、換気棟を設置します。
屋根裏部屋の空気を換気する「換気棟」、空気の性質を利用し、こもった空気を自然に排出する装置です。
まずは貫板に穴を開けます。
換気棟が設置されました。
ここから室内の空気が出ていき、新鮮な外気を取り込みます。
最近の気密性の高い住宅には欠かせない装置です。

外壁塗装の様子

2023_07_27_17_27_02_362_7.jpg 2023_07_27_17_27_02_341_5.jpg
塗装の前に、下地処理をします。
剥離した塗膜を除去し、コーキングなどの補修剤を充填します。凸凹がないよう、塗装面を平らに整えることが大切です。

下塗りをします。
使用する塗料は「カブールサーフEPO」です。
上塗り塗料の密着性を高め「フィラー効果」と呼ばれる微小なひびを充填する効果があります。
2023_08_02_17_51_14_195_0.jpg 2023_08_02_17_51_14_347_14.jpg
中塗りです。
マスタードイエローの色が素敵ですね!使用した塗料は「ガイソーウォール無機Z」。無機とフッ素のハイブリット塗料で、耐候性の高さと柔軟性を両立させた最高級の塗料です♪

上塗りをします。
重ね塗りをして、塗膜の厚さを形成していきます。高耐候性を保持するには、この厚さが重要です。ぶ厚い塗膜により、期待耐候年数25年という驚異の性能が実現します。

下屋根塗装の様子

2023_06_23_21_06_04_547_8.jpg 2023_06_24_19_21_36_166_8.jpg
ケレンをします。
目の粗いスポンジで塗装面を磨き、余分な汚れやサビを取り除く作業です。
主に鉄部分の塗装をする時におこなわれます。

錆び止めを塗布します。
金属製の屋根に錆はつきもの。一度錆びるとどんどん広がっていきますので、錆び止めは必須です。
2023_06_24_19_21_36_156_6.jpg 2023_06_24_19_21_36_130_2.jpg
使用した下地は「エポプライマー」。
乾きが早く、錆び止め効果の高さが特徴の、金属用の下塗り剤です。

下塗りした上に「ガイソールーフガードF」を塗布します。「4フッ化」により、従来のフッ素塗料より高い耐久性を実現しました。長くメンテナンス不要なのは嬉しいですね!

2023_06_24_19_21_36_114_0.jpg IMG_1880.jpg
一回目の上塗りを終えました。
ピカピカの塗面がとてもきれいです。「ガイソールーフガードネオF」は高光沢性も併せ持っています。美観も申し分なし!ですね。
もう一度塗料を塗り重ねて、完成です!
金属屋根は低価格で軽量というメリットがありますが、錆びやすいのが難点です。
塗装により耐候性を高め、屋根を守りましょう。

付帯部塗装の様子

2023_07_31_17_20_53_108_4.jpg 2023_08_03_18_01_13_922_6.jpg
いろいろな付帯部をまとめてご紹介していきます!こちらは竪樋(たてどい)です。
先ほどご紹介したケレンをおこなっています。

こちらは、庇(ひさし)
雨や日光から窓やお家を守る役割があります。
普段は気に留めない場所ですが、大切な働きをしてくれています。

2023_08_03_18_01_13_838_0.jpg 2023_08_04_18_43_59_132_1.jpg
雨戸です。
風雨からガラス窓を守る働きがありますが、防犯対策としても有効な部材です。

ベランダの鉄部です。
汚れやすく錆びやすい場所なので、しっかりと磨き、塗装面を均一にします。
2023_07_31_17_20_53_124_6.jpg 2023_08_03_18_01_13_932_7.jpg
上塗り1回目、つまり中塗りです。
壁の色と合わせ、イエローで塗装します。

壁色のイエローに対して、黒を使用しました。
印象がぐっと締まりましたね。色のバランスが絶妙です!
2023_08_03_18_01_13_877_2.jpg 2023_08_04_18_43_59_160_3.jpg
雨戸も手塗りで塗装します。
ローラーを使用することで、塗料を原液に近い状態で塗布できます。手間はかかりますが、仕上がりや持ちに違いが出てきます。

細かい部分が多く、丁寧な作業が求められる手すり。日光の影響を受けやすく、摩擦による刺激も多い手すりは、劣化が進みやすい場所です。こちらもローラーで塗装します。
2023_08_02_17_51_14_283_8.jpg 2023_08_04_18_43_59_192_5.jpg
2回目の塗装、上塗りです。
壁に溶けこみ、存在感が薄くなった樋、すっきりとした見た目になりました!
塗膜の厚さもしっかりと感じられます。
庇(ひさし)も仕上げに入ります。
庇は日差しや雨から窓を守るものですが、それだけに高い耐候性が問われる場所です。
塗装により、性能を向上させます。

2023_08_03_18_01_13_913_5.jpg 2023_08_04_18_43_59_172_4.jpg
ムラなく塗装された雨戸。
つやつやのピカピカ!ですね。こちらも壁色に合わせた黄色を使い、統一感のある印象に仕上げました。

手すりもしっかり塗装します。
ケレンをおこない丁寧に塗り重ねることで、きれいが長持ちする塗装が実現しました!


施工が完了しました。
IMG_1812.jpg
縦方向のゆるやかな勾配が美しい屋根です。
雨漏りのトラブルが多い陸屋根ですが、使用した「セキノ立平ロック」は棟と垂直に張る屋根材で、雨もりしにくいのが特徴です。塗膜保証15年穴あき保証25年ついている、満足度の高い屋根材です♪

IMG_1823.jpg
換気棟を取りつけました。
暖められた空気が上へあがっていく性質を利用して、屋根裏空間を快適にしてくれる換気棟
新鮮な空気を取り入れることで、屋根裏をあけた時の「むわっ!」とした感じが軽減されます。
お家全体の温度にも影響しますので、冷暖房費の削減にもつながります

IMG_1880.jpg
下屋根です。
外壁との設置面が多く、何かとトラブルがおこりやすい下屋根。
特に防水性が重要ですが「ガイソールーフガードネオF」の優れた耐候性により、長く屋根を守ってくれます。錆び止めも下地に使用し、雨に強い屋根が完成しました!


IMG_1857.jpg
塗膜の厚さが、見て感じとれる外壁です。
この厚い塗膜により、最高級塗料「ガイソーウォール無機Z」の性能がいかんなく発揮されることとなります。セルフクリーニング効果もあり、雨が降るたびに汚れを洗い流してくれます。
期待耐候年数25年施工保証10年の実力は、だてじゃないですね!


IMG_1905.jpg
付帯部・竪樋です。
たっぷりとした塗料が樋に密着しているのがわかりますね。
雨の通り道となる樋は、常に日差しを浴び、風雨にさらされています。
劣化しやすい部材なので、定期的な点検をぜひお願い致します。

IMG_1877.jpg
パリのアパルトマンのようなベランダです。
黒い柵に、植栽のグリーンがよく映えています。塗装でここまでイメージが変わるとは!
付帯部・ベランダ塗装の好例ですね。とても素敵です!

IMG_8199.jpg IMG_1812.jpg
before after

今回は、屋根(陸屋根)葺き替え工事外壁塗装付帯部塗装の工事、
すべて合わせまして、およそ約180
万円の施工費となりました。

※施工当時のお値段です。材料の価格高騰などによりお値段が変動する場合がございます。
あらかじめご了承下さい。



ガイソー所沢店では、お客様の希望に寄り添ったリフォームを実現するため、
屋根・外壁をはじめとする外装工事を、誠心誠意おこなっております。

お家のことでお悩みがありましたらお気軽にご相談ください♪

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店