入間市金子中央 M様邸 外壁 下塗りガイソーウォールカチオンシーラー、上塗りガイソーウォールフッ素4FⅡ・屋根塗装、下塗りガイソーウォールルーフシーラー、 上塗りガイソールーフフッ素、付帯部塗装リフォーム事例

入間市金子中央 M様邸 施工事例

M様のご要望 知り合いの大工さんから紹介を受けました。
外壁の塗装が経年により劣化してきており、またシーリング部分にも傷みがあるので、リフォームをお願いしたいです。(M様より)

施工事例データ

施工箇所 外壁、屋根、付帯部、ベランダ、ぬれ縁
施工内容 ・外壁塗装
・屋根塗装
・ベランダ防水塗装
・付帯部塗装
・シール打ち換え
・ぬれ縁塗装
費用 約140万円
築年数 約15年
工期 約15日
使用商材 ・外壁塗装
下塗り...ガイソーウォールカチオンシーラー
上塗り...ガイソーウォールフッ素4FⅡ
(色 1FA-08 2F W-03)
・屋根塗装
下塗り...ガイソーウォールルーフシーラー
上塗り...ガイソールーフフッ素(色R-11)
・シール打ち替え...サンライズMSI
・ベランダ...FRPトップコート
・ぬれ縁...LIXIL壁付タイプ ブラウン
ご提案内容 ご紹介から調査の依頼をいただき確認をしたところ、やはり経年による塗装面の劣化が確認できました。
サイディングのシーリング部分には亀裂も入っており、メンテンナンスを怠ると思いもよらぬ雨漏りに発生する恐れもあります。
今回は外壁と屋根、ベランダを含む付帯部などの塗装と、濡れ縁の交換リフォームをご依頼いただきました。
施工前はこちら
こちらが施工前の外観お写真です。

一階サイディング張りの外壁は、経年により塗装が劣化しておりました。
シーリングにも亀裂が見られ、劣化が確認できます。 二階の外壁は、手で触ると白い粉がつくチョーキング現象が起きていました。
蓄積された汚れが雨だれにより白い外壁を汚しており、全体の印象を暗くしてしまいます。 築15年のお家ですが、施工前の屋根はすっかりと汚れきっておりました。
スレート屋根材は劣化の影響からか、一部で変色を起こしております。
このまま放置すると、屋根材の痛みから雨漏りを引き起こしかねません。
こちらは施工前のベランダのお写真です。
塗装も剥がれてきており、見た目も悪く汚れております。
濡れ縁は経年劣化による木部の色褪せが激しい状態でした。

施工中の様子

使用材料、足場設置

今回の施工では、ガイソーウォールフッ素とルーフフッ素などの高機能フッ素塗料を使用していきます。 施工前にはお家の周りに足場を仮設し、安全第一で施工に移っていきます。

外壁塗装(下塗り、中塗り、上塗りの三度塗り)

まずは外壁の施工から行っていきます。
劣化していたシーリング材は充填を行い、その上からガイソーウォールカチオンシーラーで丁寧に下塗りを行います。
中塗り後に、上塗り材のガイソーウォールフッ素4FⅡで仕上げを行います。

こちらのフッ素塗料は従来のフッ素塗膜の耐候性を大きく上回る性能により、長期間にわたり美観と光沢を維持します。

屋根高圧洗浄、屋根塗装、縁切り

屋根も外壁同様に、塗装前にバイオ高圧洗浄にて丁寧に汚れを落としていきます。 綺麗に洗浄された後は、下塗りを行います。

塗りムラができないよう、熟練された職人の手によりローラーを使って上塗りがされていきます。 塗装後には塗膜を切る縁切りを施します。
屋根材の間に塗料が入り込みぴったりと接着されると雨水の排出が妨げられ、雨漏りの原因になることもあるのです。

付帯部塗装

ここからは付帯部の塗装に移っていきます。
まずペーパーで塗装面をやすり、塗料のノリをよくします。

既存の白から、高級感のある黒へと塗り替えを行っていきます。

外壁の色味と合わせて、雨樋も塗り替えを行います。 雨樋は濃い目のブラウンへと塗り替えられました。
細かな箇所は専用のハケを使い、慎重に塗装を行います。

幕板塗装

幕板も施工前にサンドペーパーでやすって、塗料の付着をよくしていきます。 幕板の下塗り作業中のお写真です。

下地を作った後は上塗り材で重ね塗りを行います。 付帯部など、一見すれば目につきづらい箇所もこだわって塗装をしていきます。

ベランダ防水塗装、濡れ縁施工

最後にベランダの防水塗装に移っていきます。
高圧洗浄で綺麗に汚れを落とした後、サンドペーパーで下地処理を行います。
下地作りとして、ローラーを使い下塗りを行います。

仕上げの防水塗装を行ってまいります。
見違えるように美しく塗り替えがされていきます。
劣化の激しかった既存の濡れ縁は撤去し、LIXILの壁付タイプを取り付けていきます。

施工が完了しました
こちらが施工後の外観のお写真です。
屋根と外壁の塗装を行うことで、まるで新築のような外観にリフォームされました。
こちらはお二階のお写真です。
鮮やかな白色が眩しい、清潔感のある仕上がりとなりました。
一階サイディング部分はブラウンで塗り替えられたことで、お家全体へ重厚感をもたらしております。

外壁や下屋根の雰囲気に合わせて、雨樋はブラウンで塗装を行いました。 ベランダは洗浄後、丁寧に防水塗装をすることで
見違えるように綺麗に生まれ変わっております。
経年による木部の色褪せが目立っていた濡れ縁は、撤去後に新しく新設しております。

ガイソー所沢店はJIOリフォーム瑕疵保険へ全現場で加入しており、建築士の資格を保有した検査員による検査が入るので、仕上がりの品質も安心のシステムです。

施工担当者より一言

外壁と屋根に統一感を持たせて塗装をすることで、全体が引き締まり新築のように生まれ変わりました。ベランダや濡れ縁などもご依頼いただきましてありがとうございます。

しかしながら、ガイソー所沢店の仕事は「施工をして終わり」というわけではありません。
今後は施工後のお家の状態を定期的に点検させて頂き、お客様のお家をこれからも末永くお守りさせて頂きます!!

M様、この度は誠にありがとうございました。

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店