所沢市若狭 T様邸 屋根カバー工法リフォーム事例

所沢市若狭 T様邸 施工事例

T様のご要望 お家の天井から雨漏りがしており困っております。一度見て頂けませんでしょうか。(T様より)

施工事例データ

施工箇所 屋根、軒樋
施工内容 ・屋根カバー工法リフォーム
・軒樋掛け替え
費用 約60万円
築年数 約30年
工期 一週間
使用商材 ・屋根材...デクラ セネター(色:ティーク)
・軒樋...パナソニック PC50
ご提案内容 天井から雨漏れがしているとのことで調査に伺ったところ、屋根材は前回の屋根塗装の際に縁切り処理をしていなかった為に屋根材の間が詰まることで雨漏りを引き起こしていたようです。
今回は金属の屋根材により既存の屋根の上から覆い被せるカバー工法にてリフォームを行い、併せて軒樋の交換を行うご提案をさせて頂きました。
施工前はこちら
こちらが施工前の屋根のお写真です。
T様邸は築30年以上、スレート屋根葺きのお家でした。
以前に屋根の塗装を行った際に縁切りの処理をしていなかった為に、屋根材の間が詰まっておりました。
雨漏りがしていたとのことで、屋根裏に潜り調査を行います。 前回の塗装で屋根材の間が詰まってしまったことで雨水などの逃げ場が無くなり、結果として雨漏りが起きていたようです。
屋根裏も雨漏りにより傷みが激しい状況でした。今回は屋根のカバー工法による屋根リフォームを行ってまいります。
施工中の様子

縁切り作業

今回の施工ではカバー工法を行いますが、塗装で埋まってしまった既存スレート屋根材の塗膜を切る縁切りを施していきます。 スレート屋根材の塗装では、屋根材の間に塗料が入り込みぴったりと埋まってしまうことがあります。
その結果として雨水の排出が妨げられ、雨漏りが起きて家の躯体を傷めてしまうことになるのです。

ルーフィング材(防水シート)による下葺き

次に、既存屋根材の上からルーフィングと呼ばれる防水シートで下葺きを行っていきます。 困ったしつこい雨漏りも、屋根材の縁切りと入念な下葺きにより根絶を行います。

カバー工法による本葺き

いよいよ本葺きに移っていきます。まずはケラバ部分の取り付けです。 次に金属屋根材で下葺きの上から屋根を葺いていきます。
今回は、超軽量ながらも耐候性に優れた屋根材のセネターを使用していきます。 こちらはガルバリウム鋼板と天然のストーンチップを施しており、30年の品質保証と10年の美観保証がついたメンテナンスフリーの屋根材です。
本葺き後にはスタッフにより問題なく作業が行われたかのチェックを行います。

軒樋交換

仕上げに軒樋の交換に移ります。
まずは既存軒樋を撤去し、ビス跡を埋めます。
パナソニック製のPC50という、箱形の新しい軒樋が設置されました。
箱形は従来の半丸型と比べ、排水機能に優れているのが特徴となっております。 固定するための金具を取り付け、いよいよリフォームが完了となります。
施工が完了しました
こちらが施工後のT様邸の屋根です。
セネターという超軽量ながらも高機能の金属屋根材で既存屋根材の上からカバーすることで、余計な撤去費などもかかることなくお得に屋根のリフォームが完了いたしました。
色味は上品ながらもお洒落な色合いのティーク(濃茶)を使っております。
またセネターはガルバリウム鋼板に天然石を吹き付けており、経年による色褪せの心配がありません。30年の品質保証と10年間の美観保証もあるため、長期間にわたって屋根の美観を保つことが実証されています。

施工担当者より一言

天井からの雨漏りにお困りだったT様でしたが、既存屋根材のへ縁切りと入念な下葺き、軽量ながらも高品質な屋根材によるカバー工法で、今後は雨漏りに悩まされることなく長期間にわたり住みよくお過ごしいただけることと思います。

しかしながら、ガイソー所沢店の仕事は「施工をして終わり」というわけではありません。
今後は施工後のお家の状態を定期的に点検させて頂き、お客様のお家をこれからも末永くお守りさせて頂きます!!

T様、この度は誠にありがとうございました。


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報