冬に必要なお家の備え。屋根の雪止めがどうして必要なのか・・・?

  • 投稿日:2018年 11月27日
  • テーマ:雪止め


冬に必要なお家の備え。屋根の雪止めがどうして必要なのか・・・?

こんにちは。
冬に向けて少しずづ冬に必要なお家の備えも
ご紹介していきたいと思います。

ブログ80.JPG

関東でも、この何年かはびっくりするほどの積雪が何回か
ありました。
普段から雪があまり多く降らない地域では雪に慣れていない
せいもあり、雪にたいする備えができていないお家もとても
多いです。
雪の重みで雨樋が歪んだり、カーポートが潰されたりなどいろんな破損
やトラブルが発生しましたね。
今年も本格的な冬の前に、突然の雪にも対応できるお家を
準備していきましょう!

IMG_3895.JPG

この小さな金具が雪止めです。
雪止めとは・・・?
屋根に積もった雪が滑り落ちないように雪を引っかけるための
金具です。
この小さな金具で、重たい大量の雪に役に立つのか...?
と思いますが、とても重要な役割をするのです。

どうして雪止めが必要なのか・・・?
どっちかと言えば、逆に豪雪地帯の方が雪止めがなくても大丈夫な事が
多いです。
豪雪地帯は毎日のように屋根に積もった雪をおろします。
その際にスコップを屋根の表面を滑らせて雪をおろしますが、
雪止めがスコップに引っ掛かり雪降ろしがスムーズにできなくなります。
そして、積もる雪の量が何メートル、何トンもの重さになるので
雪止めの金具が曲がってしまい、役に立ちません・・・。
なので、中途半端に雪が降る地域でこそ、雪止めが重要な役割を
果たします。

20181115tokorozawasikeyaidaissama000000.jpg

こちらは瓦屋根の雪止めです。
瓦と雪止めが一体化していますね。

雪の重さは想像以上にとても重いです。数年前の関東に大雪が降った際
カーポートが押し潰されて、倒されているものを見かけました。
雪であの大きなカーポートが倒れてしまうくらいの重さと考えると
とても恐ろしいですね...。
それが人を直撃したら・・・と考えると、とても怖いです。
そのような不慮の事故を起こさないためにも、雪止めは必ず必要な
大事な部材になります。
人の上に雪が落ちるという心配だけではなく、屋根の上から滑り落ちた
雪が隣接するお家の敷地にまで落ち、他人のお家や物を破損させてしまう
恐れもあります。
そのようなトラブルがないように、雪止めをはじめからつけておく方が
安心ですね。

20180826_所沢市弥生町 屋根・外壁、雨戸、階段塗装125.JPG

他人や隣接するお家への配慮だけではなく、雪止めがないことで
自分のお家を破損させてしまう事もあります・・・。

滑り落ちてきた雪の重みで雨樋を支えている金具から根こそぎ
外れてしまったりなど、様々な修理が相次ぎました。

雪止めは後付けが可能ですので、お家の屋根を
一度、確認してみて下さい。
雪止めが取り付けてないお家は、雪が本格的に降る真冬の前に
しっかり設置をして、雪の対策に備えていきましょう。

gaiso.png
gaiso2.png
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報