日高市で色褪せたトタン屋根の塗り替え補修メンテナンス


こんにちは!
本日は日高市での下屋根塗り替えリフォームの様子をご紹介します。

変換 ~ 日高市 屋根・外壁・階段塗装 屋根塗装 (3).jpg

こちらのお宅は日高市の築27年の3階建ての一軒家です。
屋根や外壁面に劣化が出てきており、色褪せやコケ汚れ、
外壁はひび割れなども目立ってきている状態でした。
そのため、今回新しく塗り替え塗装でリフォームしていきます。
大屋根は高耐久のフッ素樹脂塗料でリフォームしましたので、
続けて写真のように下屋根の塗装を行っていきます。



下屋根は金属屋根で、瓦棒葺き屋根(トタン屋根)という屋根でした。
継ぎ目がないため雨漏りを比較的起こしにくい屋根材になりますが、
金属製ですのでサビが発生してきてしまいます。
そのため、こうして塗装によりメンテナンスしていきます。
下塗り材を全面に施工しましたら乾燥させて時間をおきます。



下塗りが乾燥しましたら新しい屋根塗料を施工していきます。
下塗り塗料には塗料の密着性を良くし、塗りムラを防ぐ効果もあります。
そして上から中塗り・そして上塗りと塗装を重ねていきます。

基本的に屋根塗装はこうして3回の工程を経て塗装を行い、
塗膜を厚くすることでより耐久性を高くして屋根を守ります。
塗料には見た目を良くする以外にも、建材を保護し守る効果もあります。



上塗りも無事完了し下屋根の塗装リフォームが終わりました。
こうした金属屋根は劣化を放置してサビが進行しますと、
穴が空いてボロボロになったりしてしまいます。
そうなりますと、雨漏りなどの不具合にも繋がりますので、
10年に1度程度は点検やメンテナンスを行うなどして
屋根の状態を維持するようにしておきましょう!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

























大きな事故にも繋がりかねない階段部分の経年劣化チェック 日高市


こんにちは!
本日は日高市で行った現地調査の様子をご紹介します。

変換 ~ 日高市 屋根・外壁・階段塗装 現地調査 (1).jpg

こちらは築27年を経過した日高市の一軒家になります。
今回経年劣化が進んでいるため点検して欲しいとご依頼がありました。
そこでガイソーの営業社員がお伺いし現地調査を行っています。
大屋根はスレート屋根でしたがコケの繁殖が酷く、
下屋根は瓦棒葺きの屋根でしたが色褪せが進んでいる状態でした。
外壁もモルタル外壁にひび割れチョーキングが見られました。



さらに続けて今回は階段部分もチェックしていきます。
2021年5月末ごろ、東京八王子市のアパートでも階段部分の
経年劣化が原因で崩落事故が発生し、不幸にも住民女性が転落、
亡くなってしまう事故が起きてしまいました。
こうした人が通る通路や階段部分の劣化は特に危険ですので、
ぜひご自宅に傷んだ箇所がないか確認してみてください。



見てみますとこちらは手すりの柵部分がかなり錆びて劣化しています。
金属部分は錆びると脆く、気づかないうちにボロボロになっていることも多いです。
さらに腐食してしまいますと、寄りかかった際に折れて転落、
大きな事故に繋がる恐れもありますので注意しましょう。
こうした金属部分も塗装でメンテナンスできますので、
補修をしたい方はぜひ、お気軽にご連絡ください。



こうした階段の裏側なども要注意です。
意外と見えない部分からサビが徐々に進行して、
ボロボロになり傷んでいることもあるためです。

今回こちらのお宅はやはりサビなどが酷く、
劣化も進んでいましたので、階段部分は全て塗装で
リフォームを行うことになりました。

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png


























入間市で経年劣化した庇やシャッターボックスの塗装メンテナンス


こんにちは!
本日は入間市で行ったシャッターボックスのリフォームを
ご紹介していきます。

変換 ~ 入間市 屋根外壁塗装 壁紙張り替え 現地調査 (11).jpg

今回は入間市にある築20年のお宅のリフォームを行っています。
屋根は金属屋根でしたが劣化し色褪せ、モルタル外壁もひび割れ、
そして写真のような汚れが酷い状態でした。
屋根や外壁の塗り替えは終わりましたので、
庇やシャッターボックスといった屋根や外壁以外の
付帯部と呼ばれる部分を今回は塗装していきます。



最初の写真のように庇にはコケや汚れがこびりついていましたので、
しっかりと洗浄を行い汚れをおとします。
そして下地がキレイになりましたら、上の写真のように
ローラーを使用して塗装を行っていきます。
こうした付帯部の塗装も屋根や外壁の塗装と同じく、
重ね塗りを行うことで耐久性を維持するようにします。



側面部分も下塗りでサビ止めを塗布した後、
しっかりと塗装を行い劣化しないようメンテナンスします。
庇は窓に打ち込む雨を防ぎ、直射日光を遮る役割がありますが、
その分劣化も進行しやすく、傷んできやすい箇所になります。
そのため、早いうちにこうして塗装しておくことで、
大がかりな交換工事や補修工事などが必要にならないようにしておきます。



シャッターボックスも金属ですので錆びやすく、
色褪せしてくる箇所ですので塗装を行っていきます。
金属部分だけでなく木部やブロック塀、タイルなども
塗装することができますので、気になる箇所がある場合には
ぜひお気軽にご相談ください♬

見積もり・点検は無料で行っています!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png





















1  2  3  4
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店