入間市|屋根リフォーム工事、第三の選択肢!自慢の「屋根カバー工法」


こんにちは!

所沢市、狭山市、入間市を中心に、
屋根工事・外壁塗装をしている外装リフォーム会社、
ガイソー所沢店です。

前回に引き続き、入間市・T様邸のリフォーム、
ご紹介する工程は「屋根カバー工事」です。



葺き替えでもなく、塗装でもない、
第三の選択肢として注目の「屋根カバー工法」。
施工出来ない業者も多い中
ガイソー所沢店では多くの施工実績を誇っています

社長が元屋根職人という経歴からもわかるとおり、
屋根には一家言ある弊社。
自慢の屋根カバー工法、ぜひ最後までご覧下さい!




今までの記事は、こちらです♪
【現地調査】入間市 まだらに退色した屋根、ひび割れたコーキングを確認!
入間市|バイオ高圧洗浄で苔やカビを根こそぎ落とす!塗装面をすっきりと♪

********************

まずは、棟板金をはずします。

2024_04_01_16_07_59_474_22.jpg

下葺き材・貫板(ぬきいた)が出てきました。
木材が劣化している様子がわかりますね。

雪止めの金具がついている場合は、
それも取り外します。




屋根が、つるんと平面になりましたら、
ルーフィングシートを張ります。

2024_04_01_16_07_59_474_16.jpg

改質ゴムアスファルトルーフィングの
カッパ23」という下葺き材です。

屋根カバー自体ももちろん防水性はありますが、
それだけでは屋根に負担がかかりすぎるため、
下葺き材でも防水、
二重に防水をしていきます。



木造が多い日本の住宅において、
雨水からお家を守ることは最優先事項

屋根防水の最後の砦が、
ルーフィングシートであるといえます。




次に、屋根カバーです。

2024_04_01_16_07_59_474_9.jpg

品質保証30年美観保証10年のメーカー保証がついた、
超軽量屋根「セネター」です。

シンプルでありつつ、
どこかモダンなデザインと、
メンテナンスフリーの耐候性の高さが特徴です。



独自のインターロック工法でしっかりと固定するため、
台風に強く、
2019年千葉をおそった大型台風・台風15号の際にも、
セネターの被害は一切なかった、という実績があります。

頻繁にリフォームすることのない屋根、
長く続く安心は、たいへん心強いですよね!



さらにT様邸では、
換気棟を設置していきます。

2024_04_01_16_07_59_473_0.jpg

棟の中央に、
穴が開いているのがわかりますか?

この穴から、
屋根裏のこもった空気が換気されることとなります。



上にカバーを被せていきます。

2024_04_01_16_06_50_140_39.jpg


2024_04_01_16_06_50_140_36.jpg


暖かい空気が上へあがっていく性質を利用して、
屋根裏にこもる熱い空気を逃し、
外気を取りこむ換気棟。

空気が入れ替わることで
屋根裏の室温が下がり
お家全体に良い影響をもたらす部材です。



気密性の高い日本の住宅には、
もはや欠かせない存在です♪

屋根のリフォームをお考えでしたら、
換気棟の設置も、ぜひご検討下さい!




次の工程は、
コーキング工事です。
次回もどうぞお楽しみに♪







【現地調査】入間市|まだらに退色した屋根、ひび割れたコーキングを確認!


こんにちは!

所沢市、狭山市、入間市を中心に、
屋根工事・外壁塗装をしている外装リフォーム会社、
ガイソー所沢店です。



新生活のバタバタもひと段落し、
新緑の、気持ちの良い季節がやってきました。

まさに、リフォームに最適な季節です!


弊社・ガイソー所沢店のショールームも、
毎週末たくさんのお客さまにご来店いただいています。



今回の記事では、
入間市・T様邸のリフォームをご紹介します。

T様邸のリフォーム事例をご覧いただき、
リフォームの夢を膨らませてみてくださいね♪


******************

さて、まずは現地調査、
お宅の外観は、このような姿です。
IMG_4992.jpg

レンガ調の外壁に高級感がある、
おしゃれな邸宅です!



では、高所カメラで撮影した、
屋根の画像をご覧下さい。

IMG_5018.jpg


IMG_5124.jpg

屋根のくぼんでいる部分が、
雨水の通り道となってしまうのでしょう、
まだらに色褪せています

上の写真の緑色の部分は、
コケが生えてしまっているところです。


これらは屋根の防水性が失われている証拠


屋根が水を含み、
屋根材が劣化したり、コケが生育してしまったりします。

そうすると、
ますます屋根の劣化が促進、
ひいては、お家の耐久性に影響してきます。

早めのメンテナンスが必要です。




次に、外壁です。

IMG_5908.jpg

光沢もまだまだあり、
塗料の耐候性は失われていない様子。


壁に触れてみても、

IMG_5165.jpg

白い粉は付着しません。

外壁が劣化すると、
塗料が分離することによって白い粉が発生する、
チョーキング現象」が現れますが、
T様邸では確認できませんでした。



ですが......

IMG_5917.jpg


IMG_5193.jpg

外壁のサイディングボードをつなぐ、
コーキング」と呼ばれるゴム状の部分に、
ひびが入っています。


コーキングの寿命は、5~10年といわれ、
外壁よりも短いのが特徴です。


目立たない部分ではありますが、

外壁材の間をすき間なくつなぐことで、雨漏りを防ぐ
伸縮性により、地震などの揺れが建物に与えるダメージを抑える

などの役割があります。


画像を見ますと、
かなりひび割れが進んでいるようです。
しっかりと対処していく必要があります!



その他にも、付帯部やバルコニーにも劣化を確認。
塗装によりリフォームしていくことになりました。



では次回は、
バイオ高圧洗浄の様子をご紹介します。

つぎもお楽しみに♪




所沢市 アパート|チョーキングした金属屋根をフッ素樹脂塗料で屋根塗装


こんにちは!

所沢市を中心に、外壁・屋根リフォームを手がける、
外装リフォーム専門会社「ガイソー所沢店」です。

引き続き、所沢市・M様所有アパートのリフォーム、
今回の工程は、屋根塗装です。



広範囲にわたって、塗膜の劣化現象である、
チョーキングが出現。

戸建て住宅と違い、
屋根が広範囲となる、アパートの屋根ですが、
どのように塗装がおこなわれるのでしょうか?


今までの記事は、こちらです♪
【現地調査】所沢市|ボロボロ剥がれ落ちる外壁、劣化すすむ波板を確認!
所沢市|バイオの力で外壁・屋根をすっきりと♪バイオ高圧洗浄


***********************

まずは、ケレンです。

塗料を塗布する前に、
目の粗いスポンジで、塗装面を磨く作業です。

2024_02_24_16_40_19_478_0.jpg

おもに金属製の部材へおこなわれ、

サビや劣化した塗膜を削り落とし、
 塗装面を平らにする効果
表面に浅い傷をつけ、塗料の密着性を高める効果

などがあります。


戸建て住宅では、
手にスポンジを持って、せっせと擦るのですが、
アパートのような広範囲の屋根になると、
このように、長い柄のついた(モップのような!)
スポンジで磨くのですね。



次に、
エポプライマーという下塗り用塗料を塗ります。

2024_02_28_20_19_12_457_1.jpg

エポプライマーは、金属用のプライマー

錆び止め効果があり、
速乾性に優れているのが特長です。



細かい部分は、このように小さなローラーで、
塗り残しのないよう丁寧に塗っていきます。

2024_02_26_16_17_41_817_2.jpg



下塗り後の仕上がりは、
このような感じです♪

2024_02_26_16_17_41_817_3.jpg



次に、中塗りです。

2024_02_26_16_17_41_817_1.jpg

使用しました塗料は、
ガイソールーフガードネオF」。


耐候性の高いフッ素塗料の性能を、
さらに上回る「4フッ化フッ素」の塗料です。
4つのフッ素を結合させる技術で、
屋根の防水性を長期間保持することができます。

汚れにくく遮熱性に富み、
さらに、高光沢性!

お値段は少々高くなりますが、
塗り直しの回数が減るので、
コストパフォーマンスの高い商材といえます♪





耐候性を向上させるためには、
さらに、上塗りをしていきます。

2024_03_02_13_37_59_202_0.jpg

色に、ぐっと深みが増しましたね!

ガイソールーフガードネオFの性能である高光沢性により、
ピカピカのツヤツヤです♪



このような仕上がりとなりました!

2024_02_29_16_44_10_782_0.jpg

屋根はふだん、
なかなか目にすることはないですが、
このように、厚く、美しい塗膜が守っていると思うと、
なんだか心強いですね!



次の工程は、外壁塗装です。

傷みの激しかったアパートの外壁、
どのようにリフォームされるのか、楽しみです!





1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店