汚れた外塀、雨戸、帯板部分の塗り替え塗装メンテナンス 入間市


こんにちは!
本日は入間市で行った付帯部塗装の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー・外壁塗装工事 付帯部塗装 (3).jpg

今回は築14年の入間市にある一軒家のリフォームを行っています。
傷んでいたスレート屋根は新しく軽量の鋼板屋根材でカバー工事を、
そしてサイディング外壁は目地を補修し、フッ素樹脂塗料で塗り替えました。
続けて屋根や外壁以外の塗装も行っていきます。
写真のような敷地周りの外塀部分も汚れて色褪せていましたので、
しっかりと塗装してメンテナンスしていきます。



こうした塀部分も塗り替えでキレイにメンテナンスできますので、
ご自宅のこうした箇所もぜひ確認してみてください。
塗装の手順としては外壁や屋根の塗装と同じ様に、
最初に洗浄を行い、そして下塗り、中塗り、上塗りと塗装します。
屋根や外壁を新しくする際にはこうした部分も塗装しておくと、
より全体的な見栄えも良くなるためおススメです。



写真のような外壁サイディングの境界にある飾り帯部分
傷んで劣化してきますので、こうして塗装をしておくことで
防水性を保ち美観を維持するようにしておきます。
水切りもそうですが、こうした建物部材は外壁から
突き出て施工されている分、上部に雨水が溜まりやすいため、
なるべく塗装で防水性を維持しておくと良いでしょう。



雨戸も色褪せてきますので、しっかりと塗装でメンテナンスします。
雨戸はおよそ10年程度を目安に傷んでいないか点検を行い、
必要であればこうして塗り替えなどの補修を検討すると良いでしょう。

ガイソー所沢店ではこうした雨戸や塀部分の塗装、
その他軒天や破風、シャッターボックスや換気フードなどの箇所も
塗装でキレイにできますので、お気軽にご相談ください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

































色褪せて劣化した雨戸の塗り替え補修メンテナンス 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市での雨戸の塗り替え塗装リフォームのご紹介をします。

変換 ~ 飯能市 下屋根・外壁塗装、ベランダ設置工事 高圧洗浄 (3).jpg

こちらのお宅は飯能市にある一軒家ですが、
築40年を経過し屋根や外壁部分に経年劣化が見られ、
錆びやひび割れ、軒天は穴が空くほど劣化していました。
雨戸も写真のようなボロボロの状態でしたので、
塗り替えリフォームを行うことになりました。
そのため、まずは写真のように高圧洗浄で下地をキレイにします。



その後、汚れを落としキレイにする研磨作業を行い、
塗装によりリフォームを行っていきます。
この研磨作業はケレン作業と呼ばれ、既存の下地の
汚れやサビを落として塗料の密着性を高める効果があります。
塗装の際にはこのような下地処理は必ず行いますので、
DIYなどで塗装する時も行うようにしましょう。



今回は雨戸に刷毛を使用してサビ止めも施工していきます。
塗装には基本幅広のローラーを使用していきますが、
写真のような細かい溝部分などは必要に応じて刷毛も使用します。
雨戸は特に直接雨水や日光が当たりますので、
こうしてサビ対策や耐久性を維持する塗装が必要なんですね。



その後は他の付帯部などと同じ様に塗装していきます。
こちらも下塗り、中塗り、上塗りと三回塗装でキレイにします。
雨戸も耐久性は8年~10年ほどとなりますので、
できればそのくらいを目途に点検や補修を行う方が良いでしょう。



無事上塗りも終わり雨戸の塗り替えが完了しました。
外壁や屋根も新しくなりましたので、見栄えも良くなりました!

ガイソー所沢店ではこのような雨戸、雨樋、軒天や破風などの
付帯部の塗り替えリフォーム、ベランダなどの防水や交換工事なども
行っておりますので、リフォームをご検討の際にはぜひご相談ください♬


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png







現地調査で塗膜が剥がれボロボロになった面格子や雨戸を確認 塗装 メンテナンス 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市での現地調査の様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 下屋根・外壁塗装、ベランダ設置工事 現地調査 (17).jpg

こちらは飯能市の築40年、一軒家のお宅になります。
傷みがかなり進んでおり、リフォームを検討中とのことでしたので、
実際に現地にお伺いし建物の状態を確認しています。
大屋根は瓦屋根でしたがそれほど傷みはありませんでしたのでそのままで、
外壁はひび割れなど見られましたので塗装をすることになりました。



今回はまず下屋根部分から確認していきます。
こちらは2階ベランダの下にある下屋根ですが、
サビなども拡がっており、かなり劣化しているようですね。
金属屋根のサビはそのまま放置してしまいますと、
さらに劣化が早まり穴が空き、ボロボロになってしまいます。
そのため、今回こちらは塗装を行うことになりました。



こちらは付帯部の一つ、木製の面格子(めんごうし)です。
面格子にもアルミ素材、ステンレス、鉄などのものがあります。
ただいずれにしてもこうした色褪せやサビなどは起きてきますので、
なるべく早いうちに交換や塗装リフォームなどを行っておくのが、
劣化を進行させないためにも重要になります。



こちらは庇部分の写真になります。
側面部分が大分劣化しており、塗膜が剥がれていますね。
こちらも今回は傷んだ塗膜は剥がして、
新しい塗料を施工する塗装リフォームを行います。



そして最後に雨戸部分の写真になります。
築40年ということでしたが、その間交換はしていなかったのでしょうか・・・
かなりボロボロになっており塗膜も剥がれています。
雨戸は雨風を防止する重要な役割がありますので、
できればこのようになる前にメンテナンスしておきたいですね。

今回、面格子、庇、雨戸ともに塗装によるリフォームを行うことになりました。
ガイソー所沢店ではこうした現地調査を行い、
お客様の最適なリフォームをご提案しております!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png










1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店