雨漏りで腐食した笠木部分の補修・修理工事 入間市


こんにちは!
本日は入間市での笠木部分補修作業をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 笠木補修 (18).jpg

今回お伺いしているのはこちらの入間市のお宅です。
雨漏りをしてしまったため、一度点検に来て見てもらいたいということでした。
そのため、実際にお宅にお伺いして屋根、外壁を調査、そして付帯部の笠木部分から
雨漏りがしていることが分かりました。

屋根や外壁は塗装によるリフォームを行うことになりましたが、
その前にこの笠木部分からまず補修を行っていきます。
補修前は上の写真のように笠木の上のカバーを剥がすと、
中の下地木材がかなり腐食してしまっている状態でした。




そのため、まずはこれらの傷んだ木材、古い防水シートなどを全て取り除いていきます。
一般的に雨漏りと言いますと、多くが屋根から起こると思われる方が多いかもしれません。
しかしながら、意外に多いのがこうした笠木、外壁といった箇所からの雨漏りが実はほとんどなのが現状です。
外壁もそうですが、笠木も日頃から雨風の影響を受け、さらには直射日光に当たることから、
徐々に劣化し傷んできます。そして最終的には腐食しボロボロになるんですね。

ちなみに笠木というのはベランダやバルコニーの手すりの最上部部分の部材を指しています。
よって、この最上部部分が劣化し雨水が入ってしまいますと、その下の部材も腐食し、
室内まで雨漏りが拡がり水滴が落ちてくるといった現象になってきます。



傷んだ木材や古い防水紙を取り除きましたら、同じようにして新しい防水紙を敷き詰め、
そして下地となる木板を重ねて施工していきます。
笠木は材質としてセメント、モルタル、ガルバリウム鋼板やステンレス製などもあります。
金属製のものですと防水性も高いので、放っておいても大丈夫かとも思いますが、
それでも長年の紫外線などの影響でサビも発生しますし、釘なども浮いてくる可能性があります。
そのため、なるべく数年に一度は様子を確認しチェックするのが良いでしょう。



今回は木材、防水紙の上からセメント製の笠木部材を施工しカバーしていきます。
笠木は役割として意匠性を高める効果や防水性を保つ役割があります。
そのため、このように補修の際には必ず重ねてカバーするようにして施工を行います。



最後にシーリングでセメント部材と外壁部分の隙間を隙間なく埋めて施工完了です。

ガイソー所沢店ではこうした付帯部の補修作業も随時行っております。
こうした笠木の補修以外にも雨樋の交換・塗装メンテナンス、
庇や雨戸、軒天、破風などの補修もお受けしておりますので、
傷みが気になる際にはお気軽にお申し付けください!

見積もり、点検は無料で行っています!


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png








雨漏りを起こしやすいベランダ、笠木、軒天などの現地調査 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市での現地調査の様子を見ていきたいと思います。

変換 ~ 飯能市 屋根塗装 外壁塗装 現地調査 (14).jpg

こちらのお宅は屋根調査でスレート屋根の汚れ、軒先に傷みを確認し、
外壁はサイディングの割れや目地コーキング部分の劣化を確認しました。

今回は続けて軒天部分、そしてベランダ部分などの外壁や屋根以外の
建物箇所も確認していきます。





こちらは破風、そして軒天部分の写真になります。
軒天は屋根の裏側部分ですが、かなり汚れてしまっていますね。
軒天は傷んでくると色褪せや塗膜剥がれ、そしてさらに傷みが
進行してきますと穴が空いたりもします。
そのため、塗装やカバー、張り替えなどの工事を行うことも
必要になってきます。



続いてベランダ内部の様子です。
床部分に汚れが拡がり、コケなども繁殖しているようでした。
コケは屋根や外壁にも繁殖しますが、放置しますとさらに水を吸って拡大、
また広範囲に広がり建材を傷め雨漏りを引き起こす原因になります。
日当たりが悪く湿気が多い、植物などが多い箇所に繁殖しやすいので、
ぜひご自宅でそういった箇所がないか確認してみてください。



さらに、ベランダでは写真のような手すり部分(笠木といいます)
もチェックしておきたい箇所になります。
意匠性を高めるために設置される笠木ですが、
見た目以外にもベランダ外壁内部に雨水が浸入しないよう、
防いでいる役割も実はある部材になります。

こちらも傷んできますと雨漏りなどを引き起こす原因になりますので、
ぜひ劣化していないかチェックしてみてください!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png








雨漏りを防ぐウレタン防水塗料でベランダの防水工事 狭山市


こんにちは!
本日はベランダの防水工事の様子をご紹介していきます。

変換 ~ 狭山市 屋根カバー 外壁塗装 ベランダ防水工事 (2).jpg

こちらのお宅は屋根を新しく超軽量の屋根材セネターで
カバー工事を行い、外壁もフッ素樹脂塗料により塗装し、
付帯部も塗装することで美しい外観にリフォームされました。
続いては最後の工程、ベランダ防水工事に移っていきます。
洗浄でゴミや汚れはキレイに落としましたので、
下塗りを行い、そして写真のように防水塗料を施工していきます。

変換 ~ 狭山市 屋根カバー 外壁塗装 ベランダ防水工事 (1).jpg

写真のようにエアコン室外機などがある箇所もしっかりと施工します。
必要であれば移動もさせて行っていきます。

ちなみに今回使用している防水塗料はウレタン防水塗料になります。
シート防水やFRP防水に比べて施工もしやすく、
また施工費用もそこまで高くない、また複雑な形状の
ベランダやバルコニーでも工事できるメリットがあります。



防水塗料を施工しましたら乾燥させていきます。
外壁や屋根塗装でもそうですが、塗装においてはこうした乾燥時間も
塗料ごとに決められておりますので、適切な乾燥時間を確保することも必要です。
特に今回使用しているウレタン防水塗料は、オートンウレアックスHG
という塗料で、硬化後に非常に強靭な塗膜を形成してくれますので、
本来の耐久性を発揮するためにもしっかりと乾燥させていきます。



また、写真のようなベランダ笠木部分もしっかりと塗装します。
笠木も雨水や紫外線で徐々に傷んでくる場所になります。
こうした箇所は雨漏りなどが起きてしまいますと、
その下の外壁部分も傷んで軒天も腐食し雨漏り、
穴が空いたりすることもあります。

ベランダや笠木は建物の寿命を維持するうえでも重要ですので、
劣化を確認しましたら早めにメンテナンスしておきましょう。


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店