所沢市東狭山ヶ丘で雨戸のケレン作業と塗装を行いました


所沢市東狭山ヶ丘で雨戸のケレン作業と塗装を行いました。

こんにちは。もう週も終わりですね!
一週間が早いです・・・。
今日も元気にたくさんの現場へお伺いさせて
いただいております。
施主様、よろしくお願いいたします。

本日は雨戸の塗装工事のご紹介です。

20190315tokorozawashihigasisayamagaokaamadotosou000000.jpg

雨戸の塗装をします。
ですが、まずはケレン作業から始めます。
とくに鉄部を塗装する場合はケレン作業がとても
重要になります。
ケレンをしっかりせずに塗料を塗布しても耐久性が
期待できない仕上がりになります。
塗装をして数か月もたたないうちにサビが発生したり
塗装が剥げてきたりしてしまいます。
そうならないように、ケレン作業はしっかり行って
いきます。

20190315tokorozawashihigasisayamagaokaamadotosou000001.jpg

ケレンは何をするのか?というと・・・。
やすりを使い古い塗膜や汚れ、サビをしっかり
落していく作業になります。

20190315tokorozawashihigasisayamagaokaamadotosou000002.jpg

錆び止めを塗布します。
錆止め塗料は金属の腐食を防ぐ効果のある塗料です。
金属の表面に皮膜を作り、錆の原因である水や酸素を
遮断し、除去することで錆や腐食を防ぎます。

20190315tokorozawashihigasisayamagaokaamadotosou000004.jpg

いよいよ雨戸の塗装です。
写真は最後の上塗り塗装後の
完成形の写真です。
塗装は下塗り→中塗り→上塗り
の順に行います。
塗装を三回にわけることで、
雨や紫外線に強い耐久性の高い塗膜を
作り上げる事ができます。

gaiso.png

入間市久保稲荷で付帯部の錆び止め塗布と下塗り塗装を行いました


入間市久保稲荷で付帯部の錆び止め塗布と下塗り塗装を行いました。

こんにちは。今朝はほんと冷え込みますね。夜には
雪予報も出ていますがほんとに降りそうな空模様ですね。
雪や雨の降る予報の日は現場も大変です。
屋根の施工中などは基材を剥がしている時はとくに
雨に濡らせないのでシートをかけて保護しなくては
いけません。
今日は施工とは別の作業が必要な一日になりそうです。
雪対策がまだできていないお家は本格的な雪が降る前に
雨樋や雪どめ、カーポートなども対策が必要ですね。

本日は前回、外壁塗装を行ったお家の付帯部の塗装を
ご紹介していきます。

20190131irumashikuboinarifutaibutosou000002.jpg

付帯部の錆び止めを塗っていきます。
鉄部は一度サビが付くと取れません。
サビは経年劣化や地震により塗装にひび割れ
などが発生し鉄部が剥き出しの状態になると
サビが発生します。

20190131irumashikuboinarifutaibutosou000007.jpg

サビ止めはサビの進行を止めるものではなく
サビを出しにくくするものです。
鉄部にはケレン作業を施したあとに必ず
錆び止めを塗ってから塗装に入ります。

20190131irumashikuboinarifutaibutosou000005.jpg

雨戸です。
雨戸もまずはケレン作業でサビや
汚れ、古い塗膜などをしっかり落として
いきます。
この作業を怠ると、のちの塗装の持ちや
仕上がりにも大きく影響してくるので
ケレン作業はとても大事です。

20190131irumashikuboinarifutaibutosou000006.jpg

まずは下塗りをします。
ローラー工法で横向きに塗ります。
ローラーが入らない細かい部分はハケを
使い塗ります。
雨戸は引き戸タイプの雨戸は塗装ができますが
シャッタータイプの雨戸はあまり塗装は適しません。
ガラガラと上げ下げする時に塗装が剥げてしまう
からです。
雨戸の種類によってもメンテナンスの方法が
変わってきます。

20190131irumashikuboinarifutaibutosou000000.jpg

木部の破風もケレンをし下塗りをします。
このような材質の破風の場合、ガルバリウム鋼板による
板金で覆ってしまう補修の仕方などもありますが
今回は塗装での補修をしていきます。

20190131irumashikuboinarifutaibutosou000001.jpg

下塗りのあとは中塗りをしたので最後に
上塗りをして仕上げていきます。
こちらもローラーとハケを使い丁寧に
仕上げていきます

gaiso.png

所沢市牛沼で塗装前の養生作業と霧よけ、付帯部の錆び止め塗布を行いました


所沢市牛沼で塗装前の養生作業と霧よけ、付帯部の錆び止め塗布を行いました

こんにちは。三連休中、皆様いかがお過ごしですか?
ガイソー所沢店は三連休も営業しております!笑
工事の方もどんどん進めてまいります。
本日もお伺いさせていただく施主様、よろしくお願いいたします。

今回は塗装前の養生作業と霧よけなどへの錆び止め塗布の
様子をご紹介させていただきます。

20181124usinumayouzyouirumasisabidome000000.jpg

まずは養生作業です。
塗装に入る前に塗料がついてはいけない部分を
汚さぬように、しっかりビニールで覆いテープで
とめる作業をします。
これを養生といいます。
車や植木が近くにある場合は車も植木も全てビニールで
養生します。

20181124usinumayouzyouirumasisabidome000003.jpg

養生の仕方もただビニールで覆えばいいのか?と
言ったらそうではなく、ビニールをとめるテープの
貼り方や位置にもこだわります。
テープの貼った位置が塗装との境界線となるため
テープの貼り方が歪んでいたり、雑な貼り方をしていると
塗装の仕上がりにも影響してきます。
ですので、養生の仕方でもその業者の塗装への丁寧さとこだわりを
見極める事ができると思うので、ぜひ養生の仕方から
注目してみて下さい。

20181124usinumayouzyouirumasisabidome000004.jpg

続いてはケレン作業をした霧よけに錆び止めを
塗っていきます。
錆び止めは金属の腐食を防ぐ効果があるあります。
錆びの原因である水や酸素を除去したり、遮断します。

20181124usinumayouzyouirumasisabidome000005.jpg

錆び止めといえば、赤茶色の塗料が主流でしたが
最近では塗料の色のバリエーションも豊富です。
ですが、色のによっても効能が多少変わったり、上塗りする
塗料との色の相性もありますので、しっかり選んでいきます。
錆びの腐食が進んでしまうと、作業にとても時間がかかったり
最悪、塗装では済ませられなく交換が必要となってくる場合も
あるので、錆びへの対策も早めの対策が必要です。

引き続き、作業を進めてまいります。

gaiso.png
gaiso2.png

1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報