入間市 雨漏りトラブル多発!トップライト交換の実例、ご紹介します


こんにちは!

前回の記事で、トップライトの雨漏りについてご紹介しました。

太陽光を効率的に取り入れ、
おしゃれな雰囲気を演出できるトップライト

その一方、
経年によるコーキングの劣化や歪みなどから、
雨漏りすることがあり、
10年ごとの定期的な点検、および、
20年程度で交換をおすすめしたい場所です。


...とはいえ、
外に設置してあるということもあり、
メンテナンスが、後回しになりやすい場所ですよね。

今回は、交換工事の実際の様子をご覧いただき、
メンテナンスのイメージを膨らませていただきたいと思います♪

ご紹介するのは、入間市・K様邸の事例です。


********************

まずは既存のトップライトの様子です。

2024_01_16_09_30_26_871_1.jpg

木枠に、シミがあるのがおわかりでしょうか?

これは、トップライトからの雨漏りの、
典型的な症状です。


いわゆる、「雨漏り」のイメージのように、
ポタポタと水滴が落ちてくることは少ないですが、
雨水がトップライトの隙間から入り込み
木枠やクロスに染み込んでいきます

それが何度も繰り返されると、
画像のような雨染みができたりカビが生えたりすることとなり、
やがて建物の基礎部分の腐食へ繋がっていきます。

大きな影響が出る前に、適切な対応が必要です。


K様邸では、トップライトの交換と、
トップライト周囲の屋根を一部葺き替えすることになりました。




まず、既存のトップライトを撤去し、
新しく枠を設置します。

2024_01_08_10_19_09_726_1.jpg

その際、
周辺の屋根も一緒に剥がしました。


木枠の周囲を金属製の板で覆い、補強します。

2024_01_08_10_19_11_206_7.jpg


屋根も、新しく葺き替えております♪

2024_01_08_10_19_10_597_5.jpg

使用致しましたのは、
コロニアル」というスレートの屋根材です。

軽くてデザイン豊富な商材で、
施工しやすいのが特徴です。

既存の屋根と違和感のないように設置します。



最後に、トップライトのパーツをはめ込んで、
完成です!

2024_01_08_17_30_11_646_16.jpg


2024_01_08_17_30_11_484_15.jpg

既存の屋根との違和感なく、
しっかりと取りつけられました!


内側からの様子はどうでしょう?

2024_01_08_17_30_11_329_14.jpg


2024_01_08_17_30_10_895_12.jpg

こちらも、しっかりと施工されています!


お客さまの中には、
トップライトの交換をしたいが
屋根全体、全て工事しなくてはいけないのでは?」と、
雨漏りを放置されていたケースもあるそうで...


日本の住宅は木造住宅が多く、
雨水の浸入をどう防ぐか」「雨水をどのように外へ排出するか」が、
お家の耐久性に、大きく関わってきます。

お家を良い状態で、長持ちさせるためにも、
今一度、トップライトの点検をお願いいたします!



トップライトおよびお家のことで、気になることがありましたら、
Googleクチコミ評価★4.8獲得(ありがとうございます!)の、
外装リフォームのプロ集団「ガイソー所沢店」まで、お気軽にご連絡下さい♪






日高市 塗装の剥がれが目立つベランダ防水工事 


こんにちは!

日高市・M様邸、
今回、いよいよ最後の工程「ベランダ防水工事」です。

完成した様子もご紹介いたしますので、
どうぞお楽しみに♪



今までの記事は、こちらから♪
【現地調査】日高市 ボロボロの屋根、ひび割れたコーキングを確認!
日高市 洗浄剤にバイオをプラス!カビや汚れを落とす外壁高圧洗浄
日高市 屋根リフォーム 第3の選択肢☆屋根カバー工法の工程紹介します
日高市 陰ながらお家を支える応援団♪外壁のコーキングリフォーム
日高市 見違える美しさ♪超高耐候フッ素塗料による信頼の外壁塗装
日高市 手をかけて丁寧に~付帯部塗装(破風・雨樋・帯板・シャッターボックス)


****************************

まずは、既存の状態を確認しましょう。

IMG_2817.jpg

ぱっと見た印象では、そんなに劣化しているようには、
見えないのですが...


IMG_1670.jpg

近づいてみると、
塗装はすっかり剝げてしまっている様子。

これでは、ベランダに必須の性能である、
防水性も見込めません。


そこで、ベランダに適した塗料を塗ることにより、
防水効果を向上させていきます。



まずは、バイオ高圧洗浄をおこないます。

2023_10_28_10_24_28_882_13.jpg

外に面しており、汚れやすいベランダは、
この洗浄の工程だけで、
かなりきれいになります!


また、ベランダは、
設置場所によっては、水はけが悪く、
コケや藻が生えていることがあります。

そのような場合でも、
ガイソーパワークリーナーのバイオの力で、
微生物の根っこまで、しっかり取り除き、
きれいを持続することができます。




塗装面がきれいになったら、
プライマーを塗布します。

2023_11_03_20_22_09_744_1.jpg

プライマーは、
英語の「primary(最初の)」が語源となっています。
一番最初に塗る塗料、
つまり下塗り剤、ということですね。

これから塗っていく塗料の密着性を高める、
非常に大切な役割があります。



次は、中塗りです。

2023_11_03_20_22_09_744_2.jpg

オートンウレアックスHGという、
ベランダに適した塗料を塗布します。


オートンウレアックスは、
柔らかく滑らかな液体で、塗装面をしっかりと覆い、
ベランダの細かい部分まで、
隙間なく塗装することができます。


雨漏りしやすいベランダにおいて、
「隙間」は防ぎたい要因のひとつ。

オートンウレアックスが、
ベランダに適しているといわれる所以です。



そして、もう一度、
重ね塗りをします。上塗り、といいます。

2023_11_04_16_06_43_869_0.jpg

つややかさが増したのが、おわかりでしょうか?

たっぷりと厚い塗膜が、床を覆い、
ベランダを雨水や直射日光から守ります。


乾くと、
軽く、硬くなるのも
オートンウレアックスの特長

外壁から飛び出しており、
重さがトラブルの原因になるベランダにとって、
重ねる塗料が軽いのは、大きなメリットです。



時間を置き、しっかりと固まったら、
完成です!

IMG_5558.jpg

おおお~~!!

ぜひ、上記の既存の状態と比べてみて下さい。

この仕上がりの素晴らしさが、
お分かりいただけると思います!


「塗装」というと、
美観を向上させるのが主な目的であるイメージですが、
塗装をおこなうことで
ベランダをコーティングして床を守るという、
大切な働きがあります

塗装により、
ベランダの寿命を延ばすことができるのです。


塗装って、そしてリフォームって、
本当に大切なんですね。




~さて、これで全ての工程が終了しました!

それでは、成果の一部をお披露目したいと思います。

IMG_5516.jpg


IMG_5512.jpg


IMG_5549.jpg



IMG_5521.jpg

アイボリーと黒の2色に統一され、
きりっと引き締まった印象がありますね!

いつまでも、長く家族を守ってくれる、
頼りになるお家!という印象。

M様邸、ますます素敵なお家になりました♪


日高市・M様、
ありがとうございました!!




M様邸のリフォームをご覧いただき、
興味をお持ち下さった方は、ぜひ下記までご連絡下さい。

リフォームのプロが
皆さまのお家の見直しをサポート致します

現地調査・お見積りは無料です。
お気軽にご相談下さいませ。




日高市 見違える美しさ♪超高耐候フッ素塗料による信頼の外壁塗装


こんにちは!

前回に引き続き、日高市・M様邸のリフォーム、
今回の記事では、外壁塗装についてご紹介致します。

外壁は外に面しているので、
汚れやすく、劣化しやすい場所です。

ここがきれいになると、
見違えるように、素敵になるんですよね。
いつも「魔法みたいだなー♪」と思ってしまいます。

それでは、リフォームの様子、
ちょっと覗いてみましょう!



今までの記事は、こちらから♪
【現地調査】日高市 ボロボロの屋根、ひび割れたコーキングを確認!
日高市 洗浄剤にバイオをプラス!カビや汚れを落とす外壁高圧洗浄♪
日高市 屋根リフォーム 第3の選択肢☆屋根カバー工法の工程紹介します
日高市 陰ながらお家を支える応援団♪外壁のコーキングリフォーム

**************************

先日の記事でもご紹介しました、
ガイソーパワークリーナーによるバイオ高圧洗浄をおこない、
塗装面をきれいに整えたところで、
下塗りをします。

2023_10_31_18_56_48_213_4.jpg

カチオンシーラーという、下地材を使用致しました。

カチオンシーラーとは商品名ではありません。

カチオン」とは、プラス電荷を持った陽イオンのこと。
自然界に存在するものの多くは、
マイナス電荷(アニオン、といいます)を帯びているのですが、
プラスとマイナスの引き合う力を利用し、
外壁との密着力を高める下地です。

透明タイプと白色タイプがあり、
白色のものは、塗装素地の目止め効果に優れています。



建築業界における「目止め」とは、
塗装面への塗料の吸い込みをコントロールすること

塗料を塗ると、ある程度、外壁に吸い込まれてしまうのですが、
あまりにも吸い込みが激しいと、
塗装面に凹凸が出来てしまい、均一に塗布することができなくなります。

それを、下地を塗ることにより、
一定量以上吸い込まないようにすることができるのです。


M様邸の場合は、画像のとおり、
白色タイプのカチオンシーラーが使用されています。


次に、中塗りです。

2023_11_01_17_20_48_292_0.jpg

つややかな黒い塗料が塗られております!

この塗料は、
ガイソーウォールフッ素4FⅡ

超高耐候性を持つ、4フッ化フッ素樹脂塗料です。
期待耐候年数は15年
通常の塗装が、10年くらいであることを考えると、
1.5倍もの耐久性を持っている、最上級塗料です。

しかも10年のメーカー保証がついています。


耐候性ももちろんですが、
親水性塗膜であることによる、セルフクリーニング効果も、
見逃せません。
雨が降るたびに、外壁と汚れの間に水分が入り込み、
つるんと、汚れを洗い流してくれます。

長期間メンテナンスフリーで、きれいが長持ち。
弊社でもおすすめの塗料です!



同じ塗料を、もう一度重ね塗りします。
上塗りです。

2023_11_01_17_20_48_294_5.jpg

2023_11_01_17_20_48_294_7.jpg

塗膜のつややかさ、そして厚みを感じさせます。

ガイソーウォールフッ素4FⅡは、高性能な塗料ですが、
塗膜に厚みがないと
その性能を発揮することができません

重ね塗りにより厚みを形成し、
塗料の性能を最大限に引き出せるようにします。



完成した外壁はこちらです!

IMG_5650.jpg

白かった壁が、黒にチェンジにしたことも驚きですが、
劣化してしまった壁が、
このようにつややかに生まれ変わったことも、
嬉しい驚きです!

この塗装が、鎧のように、
お家を長く守ってくれるはずです。



それでは、次の工程は「付帯部塗装」です。
次回もどうぞお楽しみに♪



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店