入間市の外壁調査で白亜化現象、コケの付着などを確認


こんにちは!
本日は入間市で行った外壁の現地調査の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (5).jpg

こちらのお宅は築20年ということで屋根や外壁の傷みが気になる
ということで見積りを出して欲しいとのことでした。
そのため、実際にお宅にお伺いして調査を行っております。
外壁は見たところモルタルの外壁部分とサイディングの部分があるようです。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (7).jpg

モルタル外壁部分の写真になります。
緑色になっている箇所もありましたので、どうやらコケ
付着してしまっている様子でした。
こうしたコケ汚れなどは高圧洗浄などで落とせますので、
ご自宅の外壁にこのような汚れがありましたら
ぜひ信頼できる業者に洗浄をお願いしてみてください。



こちらはサイディングボードの様子です。
ボード間の目地コーキング部分の写真になりますが、
劣化してきているためか、ひび割れが発生してしまっています。
サイディング間の目地コーキングはボードの伸縮などの影響や、
または劣化の影響によりこのような傷みが起こります。
酷い場合には剥離などで剥がれてしまうこともあります。



また、劣化のサインとしては写真のような白亜化(チョーキング)現象もあります。
外壁表面上の塗料が劣化し、成分が粉状になり吹き出してくる劣化現象で、
このような症状が出てきますと、防水性が落ちてきていることを示します。

今回こちらのお宅はこのような現地調査の結果から、
外壁の目地コーキング部分は打ち替えによる補修、
そして外壁は高性能の無機塗料を使用した外壁塗装を行うことになりました!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











入間市の屋根調査でスレート屋根材の剥がれ、変色を確認


こんにちは!
本日は入間市での屋根の現地調査の様子をご紹介します。



お伺いしたのはこちらのお宅です。
屋根が古くなってきているので、葺き替えもしくはカバー工事
検討しているので見積もりを出してほしいとのことでした。
屋根リフォームや外壁リフォームにおいては、
まず実際にお客様宅へお伺いして、既存の建物の劣化状態を
確認してから見積もりを作成いたします。



屋根は高所カメラを使用して撮影を行います。
既存の屋根はどうやらスレート屋根のようです。
築20年ということでかなり傷んでいる様子が分かりますね。
スレート屋根は耐用年数としてはおおよそ10年~20年と言われています。
しかしながら、気候条件や環境によってその期間は変わってきますので、
できれば10年ごとに点検などは行った方が良いでしょう。



より間近で撮影した写真になります。
色の変色が見られ、屋根材も剥がれてきてしまっているのが分かりますね。
スレート屋根の変色は防水性が落ちてきているという劣化のサインになります。
防水効果のある塗料が効果を失ってきているということですので、
このままですとコケや藻などが発生しやすくなってしまいます。



さらに軒先に近い箇所を撮影した写真になります。
こちらはより剥がれが酷い印象がありますね。
こうした屋根材の剥がれは、風などで取れてしまった破片などが
自分の敷地だけでなく、ご近所の方の敷地にも飛んで
飛散してしまうなどのトラブルもよく聞かれます。

そうした事態を防ぐためにも、早めにメンテナンスなどを行いましょう!
今回こちらのお宅は屋根カバー工事を行うことになりました。

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png







軒天や庇の劣化、破風には大きなひび割れを確認 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市で行った現地調査の様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (7).jpg

こちらのお宅はスレート屋根に汚れがかなり付着しており、
雨樋もコケが繁殖、ゴミなども溜まり詰まりかけていました。
外壁もひび割れが至る所に確認され経年劣化が進行しているようでした。

今回は屋根、外壁以外の付帯部という建物部分の状態を
順番に確認していきたいと思います。
まずは上の写真のようなも付帯部となりますのでチェックします。
見てみますと色褪せが進行しているようですが、
大きな破損やひびなどはないようでした。



続いては軒天の状態を見ていきます。
こちらも汚れが付着しておりますが、破損したりはしていない様子です。
軒天は劣化してきますと、塗膜の剥がれや雨などによるシミ、
酷くなると穴が開いたりしてしまうこともありますので、
できれば定期的に傷みが酷くなっていないか確認しておきたい箇所です。



雨樋もひび割れなどがないか確認していきます。
軒樋は屋根調査の時に確認しましたが、土や汚れが溜まっており、
コケなどもかなり発生している様子でした。
縦樋はそこまで酷くないものの、塗膜剥がれが多少見られました。



最後に破風部分になります。
お問い合わせ時にお客様から破風にひびが入っているとのことで、
点検調査の依頼を頂きましたが、その通りでした。
こうした箇所から雨水が入り込んでしまい、
建物を腐食させ雨漏りになっていきますので、
すぐにでも補修する必要があります。

調査の結果、こちらのお宅は屋根はカバー工事
雨樋は交換工事、ひび割れ箇所は補修を行い外壁塗装
その他付帯部塗装やベランダ工事などを行うことになりました。


gaiso.png




1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店