飯能市 現地調査 雨樋 いぶし瓦屋根 漆喰 外壁


こんにちは!

今日は飯能市の現地調査についてお伝えしていきます!



こちらのお宅は、雨樋の清掃と、状態をみてほしいというご要望でお問い合わせがあり、全体的な現地調査を行いました。


雨樋の様子を調査したところ、歪みや苔が生えているのが見つかりました。

20200906hannou000000.jpg

20200906hannou000001.jpg

20200906hannou000002.jpg

雨樋は、スムーズに水が流れるよう、わずかに傾斜をつけて取り付けてあります。
歪みや、詰まった落ち葉や苔をそのままにしておくと、その部分から地面に水が落ち、跳ね上がったり、外壁にかかり続けたりし、痛みの原因になってしまいます。

雨樋は付け替え工事を行うことになりました。



こちらは屋根の様子です。

20200906hannou000003.jpg

いぶし瓦という土系の瓦(粘土瓦)で、年月の経過と共にまだら模様のようになってくるのが味わい深い瓦です。
瓦自体には問題なかったのですが、漆喰が剥がれている箇所が見つかりました。

20200906hannou000004.jpg

20200906hannou000005.jpg

20200906hannou000006.jpg

こちらは、漆喰補修を行います。



外壁は、前回塗装を行ってから、ちょうどメンテナンスの時期が来ていたため、雨樋の付け替えで足場を組む機会をいかし、一緒に塗装を行うことになりました。
足場を組むのにもコストと時間がかかるので、同時にできる箇所があれば一緒に行ってしまう方がお得です。
塗装のメンテナンスの目安はおおよそ10年と言われています。
劣化が進み大掛かりな補修が必要になる前に、定期的なチェックをおすすめしています。


付帯部は、軒天や破風、庇の塗装を行っていきます。
軒天、破風、庇はこちらの部分です。

20200906hannou000008.jpg

塗装の防水効果が薄れてくると、内部まで水分が侵入してしまい、雨漏りや、基礎部分の劣化にもつながってしまいますので、こちらも、10年を目安にメンテナンスをおすすめしています。



こちらは玄関の扉です。

20200906hannou000007.jpg

木材の木目を生かして補修するため、ステイン塗装を行うことになりました。
通常の塗装だと木目も隠れてしまいますが、ステイン塗装だと既存の木目を生かして仕上げることができるので、木目が素敵なものにはステイン塗装がおすすめです。
ステイン塗装の施工例はコチラもご覧ください!


それでは、施工の細かい様子は、またお伝えしていきますね!!

まだまだ暑い日も続きそうですし、台風の多い季節もやってくるので、皆さまお気をつけてお過ごしください!

gaiso.png

所沢市 現地調査 スレート屋根ひび割れ 雨樋歪み


こんにちは!

今日は、所沢市のお宅の現地調査の様子をお伝えしていきます。



まずは、屋根の様子です。

20200825tokorozawa000005.jpg

20200825tokorozawa000004.jpg

20200825tokorozawa000003.jpg

20200825tokorozawa000002.jpg

既存の屋根はスレート屋根です。
欠けている部分が多く見られ、危険ですね。
色褪せも見られ、防水効果が薄れている状態です。

このままだと屋根の建材自体に雨水が浸み込んでしまい、雨漏りや、基礎部分の腐食につながりかねません。
まだ下地の部分はしっかりとしていたので、カバー工法という、既存の屋根の上に防水シート(ルーフィング)と新しい屋根材を重ねる施工を行うことになりました。
もし、下地まで劣化が及んでいると、既存の屋根を取り外して交換する葺き替えという作業になります。
少しでも軽度な劣化のときに対処することで、時間もコストも抑えられますので、おおよそ10年を目安に、ぜひ、定期的なメンテナンスをおすすめします。



雨樋の様子です。

20200825tokorozawa000001.jpg

20200825tokorozawa000000.jpg

経年劣化による歪みが見られます。

雨樋が歪んでいると、きちんと排水できずそこから雨水が落ちてしまう状態になり、跳ね上がったり、外壁によくない影響を与えてしまったりします。
こちらは新しく付け替えていきます。
近年は、ゲリラ豪雨などで、雨樋にも大きな負荷がかかっているかもしれません。
ご自宅の雨樋にも、気になるところがないか、チェックしてみてください!!
雨樋など、積雪や台風被害による破損の場合は火災保険を適用して工事を行う事も可能です。

火災保険適用での工事はこちらでもご紹介しておりますのでご覧下さい。
火災保険適用工事はこちら ←



施工の詳しい様子は、またお伝えしていきます。

まだまだ暑い日が続きそうなので、皆さんもお身体に気を付けてお過ごしくださいね!!

gaiso.png

【入間市】現場調査を行いました!~モルタル外壁・スレート屋根・軒天・雨戸鉄部~


こんにちは!

先日、入間市にあるお宅で現場調査を行ってきましたので、その様子をご紹介していきます。ご自宅が今どのような状態なのか、どんなメンテナンスが必要なのかを把握するのは、とても重要なことです。プロの目で見ることで、最適なメンテナンスを施すことができますよ。

01.JPG

外壁の様子

02.jpg 03.jpg

モルタル外壁を見てみると、一部ひび割れが起こっていました。ひび割れの中でも、初期の症状で細い髪の毛のように見えるものを「ヘアークラック」と呼んでいますが、今回は、このヘアークラックができている状態です。

放置しておくと、さらに内部までひび割れが起きてしまったり、水が浸み込み内部を腐らせてしまうことも。今回は、外壁の塗装を行うことで、防水性を高めていくことにしました。

屋根の様子

04.jpg

スレートを使用した屋根ですが、経年劣化から全体的に黒ずんでいることがわかります。塗装が剥がれてしまい、色褪せやカビが発生し雨水が浸み込みやすい状態になってしまっています。

薄い作りになっているスレート屋根は、軽量で耐震性に優れていることがメリットですが、瓦など厚みがある屋根に比べて強度は高くありません。塗装が落ち防水性が下がると雨漏りの原因にもなるため、メンテナンスが必要になります。

今回は、既存の屋根の上から重ね葺きを行う「カバー工法」という方法で、メンテナンスを行うことにしました。

軒天・雨戸の様子

05.JPG

「軒天」とは、屋根の裏側にある壁のことをいいます。あまり目立たない場所ですが、こちらも劣化した場合はメンテナンスが必要になります。細部まで徹底的にメンテナンスすることで、住宅の寿命を延ばしていく要因になるため、忘れずにチェックをしましょう。今回は外壁とともに、塗装を行っていきます。
軒天の詳しい説明はこちらでもご覧下さい!

また、防雨・防風・防犯などさまざまな効果を発揮している「雨戸」。サビが発生しやすい部分で、今回のお宅でも劣化が見られたため、こちらも併せてサビを落として塗装をしていきます。

今回の施工内容は...


いろいろな角度から現場調査を行い、施工内容を決定しました。今回は、「高圧洗浄」「屋根カバー工法」「外壁の塗装」「軒天の塗装」「付帯部(雨戸鉄部)の塗装」というメンテナンスを行っていきます。

施工の様子は、次の機会にご紹介していきます!

現場調査はガイソー所沢店にお任せください!


「自宅のメンテナンスの時期がわからない」「ちょっと気になる部分があるんだけど...」という方は多いのではないでしょうか?

ガイソー所沢店では、プロの目で現場調査を行い、最適なメンテナンス内容や方法をご提案します。無料でお見積もり、ご相談も受け付けておりますよ!

所沢だけでなく、入間市、狭山市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!


gaiso.png

1  2  3  4  5  6
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店