台風前にメンテナンスしておけば良かった...と後悔する前に!


毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。
各地で被害が発生し毎年多くのお問い合わせをいただきます。

気象の激しさが増しており建物への影響も不安ですよね。


ブログ5-1.jpg

被害を受けたお家の多くが事前に点検メンテナンスを行っていれば未然に防げたのではないかという例も多いのです。

台風で屋根が剥がれてしまった、雨漏りしてきた、雨樋の破損など、、
もしこのようになってしまった場合にはすぐにご連絡ください。


ブログ5-2.jpg


ぶろぐ5.4.jpg

予防できたかもしれない被害と、屋根に異常はなかったが想定以上の風が吹き、
瓦が落下してしまうような被害もあります。

これらの台風や雪、落雷や豪雨による災害のほとんどが火災保険で直せます。


ブログ5-3.jpg


自然災害による被災を火災保険で直す場合、保険会社への報告、直すためのお見積りの申請が必要になります。

こういったことのお手伝いもしているので、まずはご相談ください。

屋根が被災してしまうと、ちょっとした雨でも雨漏りしないか心配です。

それに修理がまだなのに、また台風や豪雨がきたら不安だと思います。

ですが、台風の時期などはどこの屋根業者さんも忙しくなります。

普段は早く対応できてもお力になれなかったケースもあります。

そのようなことも想定して事前に無料点検を受けていただくことをお勧めします。

ブログ5-1.jpg


ガイソー所沢店ではお見積り、点検を無料で行っております。

お気軽にご連絡、ご相談ください♪



gaiso.png
gaiso2.png

狭山市近隣地域の皆様へ 雨漏りの原因と対策を徹底解説!




こんな症状はありませんか?
・天井に雨染みがある
・壁にしみがある
・壁紙が剥がれているところがある
・木材が傷んでいる

屋根の不具合でできたわずかな隙間も致命的です。
そこから雨が侵入し雨漏りへとつながります。




屋根の頂部に設置された棟板金と呼ばれる場所は、建物の一番高いところということもあり
風の影響を受けるので傷みやすく台風などでの被害も受けやすいです。

棟板金を固定している釘が浮いていたり、抜け落ちているとその隙間から雨水は侵入していきます。
固定ができていないと、強風の際に棟板金がお隣さんへ飛散してしまったというケースもあります。



屋根材が割れ欠けやズレがある場合も、そこからの雨の侵入は避けられません。



屋根材が劣化している。
金属屋根はさびが広がっているまま長く放置していると、穴があいてそこから雨が侵入しますし、瓦屋根は丈夫ですが、漆喰が崩れてしまえば雨の侵入を許してしまいます。



スレート屋根の塗装の際に縁切りをおこなわないと雨漏りを誘発します。
これは屋根と屋根の間にある隙間を塗料で埋めてしまい、雨水や水蒸気の道がなくなってしまうことが
原因で起きる状態です。



雨漏りは屋根からだけではありません。
外壁にできたクラックと呼ばれるひび割れや目地コーキングにできた隙間からも
雨の侵入はあります。
横に走ったひび割れやひびの溝が深い場合は、深刻です。
早めの処置が必要です。



雨漏り事例が多いのがベランダからの雨漏りです。

原因が最も多く、部屋に直接つながっている事も多いことから、雨漏りしやすく
その原因を突き止めるのがとても大変な場所でもあります。

床にひび割れが入っていたり、排水口にゴミが溜まっていたり、笠木の劣化などの
気を付けなればならないポイントがいくつもあります。



雨樋の不具合も雨漏りにつながります。
雨樋は室内との関連はないように思いますが、雨が外壁を濡らさないように設置された雨樋が
その機能をしっかり果たせず、雨を溢れさせてしまっていたら、外壁を伝う雨水はクラックに
入り込み、雨漏りを引き起こす原因へとつながります。



天井や外壁にシミを作るのは雨漏りだけとは限りません。

水道管や配水管からの漏水ということも考えられます。
シミのできる場所に水道管や配水管があった場合は、そこからの漏水を疑ってみましょう。
水道メータを確認する事も重要です。

急に雨漏りが起こったが原因がわからない!どんな補修ができるのか聞きたい!など
雨漏りで不安やお困りごとのある方はガイソー所沢店へお気軽にご相談下さい。

雨漏りは発生から時間が長く経過するほど、建物の下地や構造の傷みが進みます。
原因を徹底的に追及して、早めの対処が必要です。

ガイソー所沢店では点検・調査・お見積りまで全て無料で行っております♪




gaiso.png
gaiso2.png

~コラム~外壁塗装色決めのポイント①


こんにちは!


本日は、外壁塗装のカラーシミュレーションに関してお伝えします!

多くの人にとって『住宅=人生で一番大きな買い物』で、『最も高額な資産』になります。


外壁塗装には『大切な資産』『穏やかで幸せな暮らし』を守る3つの目的があります

経年とともに、外壁に施された塗装は寿命を迎え、⇒⇒⇒のようなことが起きてしまいます


素材の保護


⇒⇒⇒素材の傷み建物自体の構造が劣化

好みの美観にする


⇒⇒⇒色褪せ汚れによって美観的価値が低下



断熱・遮熱・汚染防止などの機能を寄与する


⇒⇒⇒最初から付与されていた機能がなくなり生活環境の悪化につながる




いずれ迎える外壁塗装
などの住宅メンテナンスに向け、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。


それぞれ、どの目的を重視するかの比重は変わっていくと思いますが...


ガイソー所沢店
では、ご希望に添いながら、その住宅に一番適したものをご提案させていただきます!!


現地調査のタイミングなどで、多くの質問をさせていただく事があります。

またその際にご要望等ございましたらどんどんお伝え頂けると幸いです!


受付から施工終了まで、全力でご対応いたします!


大切な資産の価値をさらに高めながら、『楽しく・思い出になる買い物』をしてみてはいかがですか?





~コラム~外壁塗装色決めのポイント①.jpg




【外壁色選びのポイント】
イメージ通りにするためには以下のポイントが大切です
参考までにご覧ください


◎過去のカラーシミュレーションに
関するブログ記事はこちら◎




●面積効果

→明るさが同じでも...面積が小さいと暗く、大きいと明るく見える性質







実際は数千倍以上の大きさになることがほとんどのため、サンプルで見た時よりも明るく見えるでしょう。



サンプルでの色選びはワントーン落とすと、イメージとの違いが最小限に抑えられます。


●明度対比


2色などで色分する場合、隣り合う色によって色合いが濃く見える・明るく見える。などの現象がおこります。

片方が落ち着いた色の場合...


もう一方を明るめにしたい → 一段階暗めを選ぶとよいでしょう

もう一方を暗めにしたい → 一段階明るめを選ぶとよいでしょう


外壁の一部がタイルなどで、その部分は塗らない場合などは、、、
明度対比を意識することをおすすめします。


●太陽光などの光の色で左右される



もちろん1日中同じように見えることはありません。


日中でも、晴れの日・くもりの日で見え方は異なり、

朝と夕方でも建物に届きやすい光の色が変わるため、

正確な色は わからない・予想しにくい のも事実です。






最後まで読んでいただきありがとうございました♪
色選びは、好みの美観にするため慎重になり、悩むところです。



次回の外壁塗装のテーマは『風水を用いた色選び』に関してお伝えします!


所沢市・入間市・狭山市・飯能市・日高市を中心とした、外壁・屋根リフォームならぜひ私たちにお任せください!!



gaiso.png



gaiso2.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店