所沢市和ケ原でコーキングを使用したひび割れ(クラック)補修作業


こんにちは!
今回は所沢市和ケ原の外壁塗装前のひび割れ(クラック)補修
作業をご紹介していきたいと思います。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (31).jpg

こちらのお宅は前回までに屋根塗装を終えましたので、
次に外壁塗装へと移りますが、その前に現場調査で写真のような
ひび割れが多数ありましたので、まずは下地補修から行っていきます。
写真は2階ベランダ部分の外側からの写真です。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (7).jpg

より近くで見ますと、かなり大きい亀裂が入っているのが分かりますね。
このまま放置しますと、雨漏りになる恐れがあります。
また、さらに腐食が進みますとベランダ自体が崩れてしまう危険性も出てきます。
そうなる前にしっかりと補修していきましょう。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (8).jpg

写真の様にひび割れ部分にコーキングを注入し補修を行います。
なお、コーキングにはシリコン樹脂のものとウレタン樹脂のものがありますが、
こうした補修にはシリコン樹脂のものを使うのが一般的です。
ウレタン樹脂のものはシリコンより耐久性が高いというメリットがありますが、
一方でウレタンは乾燥後も粘着性が残ってしまうため、
コーキングした部分にホコリなどの汚れが付いてしまうというデメリットがあるためです。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (10).jpg

他の外壁部分、目地の箇所にもひび割れが発生しておりましたので、
こちらもコーキングを使用し補修していきます。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修(15).jpg

補修が無事完了しました!
コーキングは長期に渡り劣化せずに品質が保たれるため、防水性も維持しながら
建物の腐食、雨水の浸入などによる劣化を遅らせる効果があります。

ちなみに、こうしたコーキング補修はDIYにより行うことも可能ですが、
外壁に合った色、注入する部分の掃除や、空気や水分が入らないように施工することなど、
意外に気を付けなければならないことも多くあります。
また、自分自身でDIYによる補修をしても、しっかりと密着しておらず、
すぐにまた剥離してしまい劣化が進行するケースなども見られます。
そのため、できることならプロに任せた方が安心でしょう。

ガイソー所沢店では塗装によるメンテナンスだけでなく、
こうした外壁のひび割れ屋根の破損などの補修も随時行っておりますので、
ぜひお気軽にご相談下さい!お見積りも無料です♫


gaiso.png



狭山市の方へ 外壁リフォームでは下地処理が重要です!


狭山市 屋根 外壁 リフォーム 下地処理の重要性.jpg

こんにちは!
今回は外壁塗装時には必ず行う下地処理の重要性についてです。
この下地の処理の仕方によってリフォームが成功するかどうか決まりますので、
ぜひ一度、目を通してみて下さい!

塗装工事で行う下地処理 その1 下地洗浄


狭山市 屋根 外壁 リフォーム 下地処理の重要性 高圧洗浄.JPG
外壁塗装をする際にまず行うのは下地の洗浄作業です。
いくら高価な塗料を使用したとしても、下地洗浄が適切にされていないと、
せっかくの良い塗料も本来の性能を発揮できないことになります。

例えるなら汚れた箇所にセロハンテープを貼ろうとすると・・・
汚れが邪魔をして接着しにくくなりますよね。
実は外壁も同じで、下地が汚れているとその上から塗る塗料も密着が悪くなるのです。
しかしながら、現状では下地の洗浄を気にされる人が少ないのです。

あくまでも下処理なので、それ自体を評価される機会が少なく、
業者も適当に水をかけて、はい!おしまい、ということも多々あります。
高圧洗浄機でじっくりと時間をかけて念入りに洗ってもらいましょう。

塗装工事で行う下地処理 その2 下地補修


狭山市 屋根 外壁 リフォーム 下地処理の重要性.jpg

もし外壁が既に傷んでいるのであれば、塗装の前には修理が必要になります。
あくまでも塗装は防水のためであり、傷んだ下地の上に塗っても実は意味がないのです。

塗装専門の業者によくあるようですが、自分たちの専門外の補修工事が必要な場合に、
問題を無視して塗装をしてごまかしてしまうこともあるようです。
「厚く塗っておきますから大丈夫ですよ!」は塗装屋さんの常套句です。
必ず2~3年のうちにボロが出てきて、それからクレームをつけても、
「元々傷んでいた部分だからしかたありませんね」と言われてしまいます。

関連するコーキング工事、モルタルの補修などの左官工事、大工工事、
ボードの傷みのひどい部分を張り替える工事などは、
外壁塗装の時の必須の関連工事になります。
外壁に傷みがある際には、こうした補修をしっかり提案してくれる業者かどうかも、
施工会社を選ぶ際のポイントですので、注意深く確認しましょう。


建築知識のない訪問販売員、手抜きする業者にご注意を!


狭山市 屋根 外壁 リフォーム 下地処理の重要性.jpg

以上、外壁リフォームでの下地処理の重要性についてでした。
建物のリフォームには塗装や左官、大工、建築の知識など本当に
様々な知識や経験が必要とされる場面が多々あるのが分かりましたね。

ガイソー所沢店では各分野での経験・知識豊富な職人や社員がおりますので、
お困りの際にはぜひ一度、ご相談下さい♫


gaiso.png






日高市 外壁目地ひび割れ コーキング補修 変成シリコーン


こんにちは!

今日は日高市のコーキング補修の様子をお伝えしていきます。

20200802hidaka000000.jpg

コーキングとは、建物の気密性や防水性を高めるために、外壁材の隙間を目地材で充填することをいいます。シーリングということもありますが、ほぼ同じことを指しています。

20200802hidaka000001.jpg

20200802hidaka000003.jpg

このように、コーキングが痩せてひび割れが起きているのは、メンテナンスのサインです。
外壁塗装と共に、コーキングの補修も行っていきます。


まず、既存のコーキングをきれいにはがし、コーキングが施工個所の周りに付かないようマスキングテープなどで養生していきます。
20200802hidaka000004.jpg

コーキング材と外壁材の密着率を高める為、下塗り材を塗ったあと、コーキング材を、空洞ができないよう打っていきます。
今回使用したのは、サンライズMSI S70です。接着性、耐久性が良く、応力緩和タイプで剥離や破断が起きにくいのが特徴です。

20200802hidaka000002.jpg

20200802hidaka000005.jpg

まずは専用プライマーを塗布してからコーキング材を注入し均一にならします。

養生テープをはがし、十分に乾かしたら完成です。

20200802hidaka000007.jpg

20200802hidaka000006.jpg

このあと、外壁と共に塗装を行っていきます。




コーキングは、新築から数年経ち、まず初めに傷み始める箇所と言われています。コーキングは硬い外壁などの建築材と違い弾力性があるので、その分劣化しやすいのです。

紫外線や風雨に加え、気候条件、日照条件、地震などで傷みの状況が変化しやすいのがコーキングの特徴でもあります。条件によって寿命に幅が出てしまうので、こまめに状態をチェックすることが大切ですね。

コーキングの劣化症状には肉痩せ、ヒビ、剥離、破断、欠落などがあります。コーキングは外壁材のつなぎ部分なので、これらの劣化を放っておくと、雨水が侵入したり、雨漏りにつながり、建物全体の劣化が進んでしまうのです。このような症状が見られたら、ぜひお早めにガイソー所沢店にご相談ください!
また、特に気になる症状が見られなくても、およそ10年に1度のメンテナンスをおすすめしています。

gaiso.png

1  2  3  4
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店