ケイカル板やスラグ石膏板などの軒天材について解説! 所沢市


こんにちは!
本日は付帯部の中でも比較的不具合の多い「軒天」に関してです。
軒天の部材には様々な種類のものがありますが、
それぞれどういった特徴があるのか見ていきたいと思います。

軒天 板 種類

不燃系の軒天材の種類とは?

軒天の部材には主に「不燃系」「木材系」の2種類があります。
それぞれの系統別に確認していきましょう。
今回はまず「不燃系」の軒天材について見ていきましょう。

① ケイカル板(=ケイ化カルシウム板)
→ 主に珪藻土水酸化カルシウム石綿(アスベスト)などを水に混ぜた合板です。
  現在ではアスベストは使用禁止のため、国産のケイカル板には使用されていません。
  吸水性が高く、湿気や水分の影響での伸縮がないため様々な場所で使用されています。
  ただし、耐久性や耐火性は他の部材より低いとされています。

軒天材 種類 ケイカル板

② スラグ石膏板(=エクセルボード)
→ 鉱物(スラグ)石膏を混ぜ合わせて固めた部材になります。
  耐火性や断熱性に優れていますので、こちらもよく軒天材に使用されます。
  価格が安い、施工しやすいという点がありますが、水に弱い面もあります。

軒天材 種類 石膏ボード

③ フレキシブルボード
→ セメント補強繊維で構成された部材です。
  耐火性、強度は建築部材のなかで最高クラスですが重量がかなりあります。
  内壁や外壁、天井などにも使用されることがあります。

④ 金属系
→ ガルバリウム鋼板アルミスパンドレルという金属板を使用したものです。
  ケイカル板や石膏ボードと比較して軽量で、かつ耐火性にも優れています。
  しかしながら、金属であるためサビが発生しやすいというデメリットもあります。

軒天材 種類 金属系 ガルバリウム鋼板

軒天材はメリットやデメリットを把握したうえで選びましょう!

軒天 種類 不燃系 

軒天は雨などの影響で傷みやすく、シミや塗膜剥がれ、
雨漏りなどが起きやすい箇所になります。
防水性はもちろん意識される方も多いと思いますが、
それ以外の耐火性や耐久性という面でも、
選ぶ要素はあると思いますので、ぜひその点も考慮して
補修やメンテナンスを行いましょう!

強靭な塗膜を形成するウレタン防水塗料での防水工事 入間市


こんにちは!
本日は入間市でのベランダ防水工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 ベランダ防水工事 (1).jpg

こちらのお宅は屋根カバー、外壁塗装、付帯部塗装を終えました。
続いて最後の工程、ベランダ防水工事を行っていきます。
ベランダの防水工事の種類はシート防水、ウレタン防水、
FRP防水などの種類がありますが、今回はウレタン防水を行います。
ベランダ防水専用のプライマーを塗布して後、
写真のようにウレタン防水塗料を塗布していきます。



プライマーを下塗りし密着性を良くした後、中塗りを行い乾燥させます。
そして十分乾きましたら、さらに膜厚をつけて防水性を高めるため、
仕上げにもう一回上塗りを行っていきます。
このウレタン防水によるベランダ工事はメリットとして、
複雑な構造のベランダでも施工することができる点がメリットです。



上塗り完了後の写真になります。
今回使用している防水塗料はオートン社のオートンウレアックスHGです。
硬化後は強靭な塗膜を形成し耐久性も高いですので、
傷んで塗膜剥がれを起こしているベランダなどにはおススメです。



しっりと塗料も硬化したことを確認したら施工完了です!
ウレタン防水による工事はFRPとも比べて施工費も安く抑えられ、
かつ比較的ひび割れもしにくい施工方法です。

ガイソー所沢店ではこうした防水工事も行っておりますので、
気になることがありましたらお気軽にご連絡ください♬


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png





付帯部の雨戸、庇などを塗装し耐久性アップ! 入間市


こんにちは!
本日は入間市での雨戸、庇塗装の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 付帯部塗装 (3).jpg

こちらのお宅は軽量屋根材セネターを使用しカバー工事を行い、
ガイソーウォール無機Fというハイグレードな塗料での外壁塗装も行いました。
続けて付帯部塗装、雨戸や庇の塗装を行います。
まずは雨戸のケレン作業からです。
写真のようにサンドペーパーを使用して表面を研磨していきます。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 付帯部塗装 (2).jpg

表面の汚れを落としてざらつかせた後、必要に応じて
サビ止めなどを塗布しましたら、写真のように塗装を行っていきます。
金属部分も色褪せやサビなどが起きますと、耐久性が落ちてさらに傷みが進行しますので、
こうして塗装などを行い早めにメンテナンスをすることがおススメです。



塗装が終わりましたらしっかりと乾燥させます。
外壁の場合も同じですが、こうした塗装後の乾燥時間も設けないと、
塗料が完全に定着しないため、剥がれの原因になることもあります。
業者によっては早く工事を終わらせたいため、
適切な乾燥時間を守らない会社もあるようですのでご注意ください。



も同じようにして塗装をして完成になります。
庇も雨戸と同じく金属性のものが多いですが、
この部分が劣化しますとその下の建物部分、
サッシ周りの雨漏りなどの不具合にもつながります。

少しでも気になる傷みや劣化がありましたら放置せず、
早めに補修を行い対処するようにしましょう!


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店