ハイグレードな無機成分配合のフッ素塗料で外壁塗装 入間市


こんにちは!
本日は入間市で行ったフッ素塗料での外壁塗装の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (7).jpg

こちらのお宅は外壁に写真のようなコケや汚れが付着、
さらに目地コーキング部分は劣化していたため打ち替え工事を行い、
外壁塗装を行うことになりました。
コーキングは耐久性の高い高耐候性のコーキング材、
そして下塗りも終えましたので中塗り・上塗りを行っていきます。



下地処理で下塗りを終えた外壁に中塗り塗料を塗布していきます。
手塗りのローラー工法で重ね塗りを行い耐久性を上げていきます。
今回使用している塗料は、数ある塗料の種類の中でも
トップクラスに耐用年数や耐久性の高いフッ素塗料になります。



サイディングの外壁部分もしっかりと塗装していきます。
サイディングも劣化してきますとカビや藻が生えてしまったり、
塗膜の剥がれによりチョーキング(白亜化)が起こります。
そのため、こうして塗装することで防水性を維持し、
汚れや藻などがつきにくくしてあげることが大切になります。



中塗りが終わりましたら乾燥させ、さらに上塗りを行います。
今回使用している塗料は「ガイソーウォール無機F」という
従来のフッ素塗料と比べて耐候性の高いものになります。
その秘密は雨筋汚れなどを防止する低汚染性の無機成分と、
さらに耐候性が最も優れていると言われるフッ素樹脂塗料を融合させた、
極めてハイグレードな塗料であるためです。



こちらは付帯部も含めた施工後の写真になります。
鮮やかなブルーがさわやかな印象を与え清々しいですね!

この無機+フッ素のハイグレードな塗料は耐候性・耐久性も高いことから
建物の美観を長期にわたって維持することが期待できますので、
外壁リフォームの際にはぜひご検討ください♬


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png








汚れてコケだらけだったスレート屋根、外壁の洗浄作業 入間市


こんにちは!
本日は入間市で行った屋根と外壁の洗浄作業をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (6).jpg

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (1).jpg

入間市の方のリフォームで現地調査を行った後、
屋根カバー工事外壁塗装工事を行うことになりましたので、
上の写真のような汚れ・コケなどを洗浄する作業を行っていきます。

洗浄には専用の高圧で水を噴出できる機械で
根深いコケなどを根こそぎ落としていきます。



まずはスレート屋根から洗浄を行っていきます。
高所での作業になりますので、ただでさえ危険な工程ですが、
洗浄によりさらに屋根が滑りやすいですので慎重に作業していきます。
今回はカバー工事ですので、既存のスレート屋根は
剥がしたりせずに下地として利用していきます。



特にコケなどは放置して繁殖してしまいますと、
さらに屋根を傷めてしまう原因になりますので、
高圧洗浄で念入りにそぎ落としていきます。

ちなみに洗浄を行う際にはお客様宅の水道をお借りします。
費用としては数千円程度ですのでその分の負担も
あることを覚えておきましょう。



外壁面もしっかりと洗い流していきます。
外壁塗装においては特に、下地となる外壁面の状態が
キレイであることが最重要になりますので丁寧に行います。

ガイソー所沢店では塗装リフォームや屋根リフォームなどを行わなくても
洗浄作業だけを依頼することもできますので、外壁の状態が気になる際には
ぜひお気軽にご相談ください♬


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




入間市の外壁調査で白亜化現象、コケの付着などを確認


こんにちは!
本日は入間市で行った外壁の現地調査の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (5).jpg

こちらのお宅は築20年ということで屋根や外壁の傷みが気になる
ということで見積りを出して欲しいとのことでした。
そのため、実際にお宅にお伺いして調査を行っております。
外壁は見たところモルタルの外壁部分とサイディングの部分があるようです。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (7).jpg

モルタル外壁部分の写真になります。
緑色になっている箇所もありましたので、どうやらコケ
付着してしまっている様子でした。
こうしたコケ汚れなどは高圧洗浄などで落とせますので、
ご自宅の外壁にこのような汚れがありましたら
ぜひ信頼できる業者に洗浄をお願いしてみてください。



こちらはサイディングボードの様子です。
ボード間の目地コーキング部分の写真になりますが、
劣化してきているためか、ひび割れが発生してしまっています。
サイディング間の目地コーキングはボードの伸縮などの影響や、
または劣化の影響によりこのような傷みが起こります。
酷い場合には剥離などで剥がれてしまうこともあります。



また、劣化のサインとしては写真のような白亜化(チョーキング)現象もあります。
外壁表面上の塗料が劣化し、成分が粉状になり吹き出してくる劣化現象で、
このような症状が出てきますと、防水性が落ちてきていることを示します。

今回こちらのお宅はこのような現地調査の結果から、
外壁の目地コーキング部分は打ち替えによる補修、
そして外壁は高性能の無機塗料を使用した外壁塗装を行うことになりました!

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店