狭山市 現地調査 外壁・下屋根・付帯部塗装


こんにちは!

肌寒い日が増えてきましたが、体調などいかがでしょうか?

今日は、狭山市の、現地調査の様子をお伝えします。



こちらのお宅は、経年劣化による外壁の汚れや、下屋根の錆が気になっていたということで、現地調査を行いました。

それではさっそく見てみましょう!





外壁の様子です。

20201016sayama000000.jpg

20201016sayama000002.jpg


20201016sayama000009.jpg


外壁に汚れて黒ずんでいる箇所が見られます。
特に、水分が乾燥しにくい屋根や雨樋の近くなどがひどく黒ずんでいますね。



ひび割れている箇所もあります。

20201016sayama000008.jpg


汚れや塗料のひび割れは、塗料の防水効果が薄れている可能性があるので、雨漏りなどで建物自体の傷みにつながらないうちにメンテナンスが必要です。
こちらは外壁塗装を行っていきます。

外壁塗装のメンテナンスはおよそ10年が目安と言われています。
ご自宅の状況を確認して、定期的なチェックをおすすめします!




下屋根の様子です。

20201016sayama000005.jpg

20201016sayama000006.jpg

下屋根とは、1階部分についている屋根のことを指します。
かなり広範囲に錆が広がっています。
このまま放っておくと腐食が進み穴あきなどがおきてしまう可能性があるので、しっかりと補修をしていきます。



20201016sayama000010.jpg

こちらは軒天と言って、建物から外側に出ている屋根の裏側ですが、ここにも黒ずみが見られます。
黒ずみは、汚れだけでなく、雨漏りなど雨水が浸み込んで劣化している場合もあります。
軒天だけが劣化している場合は軒天補修をすればいいのですが、屋根からの雨漏りによる場合や、劣化が進み、屋根の基礎部分にまで傷みが広がっている場合は大掛かりな補修が必要になるので、早めの対処が必要です。



軒天には、一部板が剥がれているところもありました。

20201016sayama000011.jpg

この部分から雨水や湿気が入り込んでしまったり、穴があき虫や害獣の住処になってしまうトラブルもあります。
また、台風や強風の際にさらに剥がれが進み屋根材が飛んでしまい、近隣のお宅を傷つけてしまう恐れもあるので、しっかりと補修したいところですね。




雨戸や破風にも塗料が剥がれているのが確認できました。

20201016sayama000004.jpg

20201016sayama000012.jpg

こちらも塗装の防水効果がなくなっている状態です。
雨水が浸み込み劣化が進む前に、塗装を行っていきます。




それぞれの施工の様子は、またお伝えしていきます!

気温差の激しい時期ですので、皆さんお身体にお気をつけてお過ごしください!

gaiso.png

所沢市和ケ原で防カビ性のあるセラミック配合シリコン塗料による外壁塗装


こんにちは!
今回は所沢市和ケ原でのシリコン塗料を使用した
外壁塗装リフォームの様子をご紹介していきます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (22).jpg

こちらのお宅は前回までに下塗り塗料の塗布まで終えましたので、
今回はメインとなる中塗り・上塗り塗料を塗装していきます。
下塗りが乾燥しましたら手塗りのローラー工法で中塗り作業です。
使用している塗料は「ガイソーウォールタフネスシリコンⅡ」です。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (27).jpg

塗りムラなくキレイに塗装していきます。
このタフネスシリコンという塗料は弱溶剤系の塗料で、環境にも優しく、
かつ幅広い用途で使用することが可能な塗料になります。
メリットとしてはやはり長く美観を保てる高耐候性がありますので、
長期間に渡り建物を守る効果が期待できます。


所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (26).jpg


中塗りを全面に塗装した後は再び乾燥させます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (47).jpg


そして乾いたらさらに上塗りと塗装を重ねていきます。
こうして3回の塗装を経て塗膜を厚くしていくことで、
長期間に渡り建物を守る膜厚を形成、美観を維持していくんですね。


所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (49).jpg

上塗りも無事完了しました!
ガイソーウォールタフネスシリコンは先ほども述べたように、
高耐候性というだけではなく、セラミックを配合していることから
雨筋汚れを防止する低汚染性効果があり、さらにカビや藻の繁殖を抑える
防カビ防藻性を有しておりますので、外壁リフォームにはおススメです。

所沢市、狭山市、入間市で外壁塗装リフォームをご検討の際には
ぜひ、ガイソー所沢店にご相談下さい!
見積もり、現地調査も無料で行っております♫




gaiso.png













所沢市和ケ原で柔軟性のある微弾性フィラーを使用しての下塗り作業


こんにちは!
本日は所沢市和ケ原での下塗り作業の様子をご紹介していきます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (39).jpg

こちらのお宅は前回までに塗装前の養生作業を行いましたので、
今回は実際に塗装作業へと入っていきます。
まずは下地処理です。下地処理の重要性は別記事でも解説しましたが、
塗装前の洗浄作業もそうですが、この下塗り作業も非常に重要です。
今回はまず下塗りとして「微弾性フィラー」という塗料を塗布していきます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (19).jpg

満遍なくしっかりと塗布していきます。
この微弾性フィラーは後から塗る中塗り、上塗り塗料の密着効果を高めます。
また、通常のフィラーより膜厚をつけることができます。
さらには水性で環境にも優しく、微細なクラック(ひび割れ)の補修にも使用できます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (40).jpg

玄関前にも全面もれなく塗布を施していき・・・

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (10).jpg

ひび割れ(クラック)のあった目地部分にも上から塗布していきます。
微弾性フィラーはその名の「弾性」とあるとおり、ゴムの様にやわらかい下塗り材です。
こちらのお宅のようなモルタルが下地である外壁に塗装を施す場合、
上に塗る塗料が固い塗料ですと、下塗りなしではすぐに割れてきてしまいます。
そのため、この柔軟性のある微弾性フィラーを下塗りとして施工することで、
ひび割れを起こさないよう塗膜が追従して、
表面にクラックが起きないようにしているのです。

外壁塗装リフォームではこうした下塗り材も重要になりますので、
施工をご検討の際にはこうした点も注目してみてください♫


gaiso.png










1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店