ちょっと気になる屋根裏のしくみ



ちょっと気になる屋根裏のしくみ

こんにちは。
今日はちょっと気になる事を深く調べて
ご紹介していこうと思います♪
これから春、夏と暖かくなっていくにつれ
家の中に熱気が籠ったり、梅雨はジメジメと
湿気が籠ったり、冬は結露の問題もあります。
それらは屋根裏と関係しているのです。
屋根裏とはどんな風になっているのか・・・?
どんな役割をしているのか?
見ていきましょう!

ブログ116コピー.jpg

よく屋根裏や天井裏などという言葉を聞くと思いますが
これは実は全部同じ空間の事を指しています。
お家の天井と屋根の下(野地板)の間にある空間のことを
屋根裏、天井裏、小屋裏などといいます。

屋根裏はどんな役割をしているの?
実は屋根裏は暑さや寒さにとても重要な
意味をもっていて夏に部屋に熱気が籠りやすいのも
冬に結露が多く発生するのも、この屋根裏の空気に
問題があります。

ブログ116③.jpg

夏に二階の部屋がとくに暑いのは?
屋根が受けた太陽の熱が屋根裏の空気を
暖めていきます。この熱気が室内に伝わり
お部屋の温度を上昇させていきます。

では逆に冬に結露が発生するのは・・・?

ブログ116④.jpg

野地板、防水紙、屋根の本体基材と密着した作りに
屋根はなっています。
屋根材の外側と屋根裏の温度差が多いと内部に結露
が発生することがあります。

お家の暑さや結露などの問題はこの屋根裏の換気が
十分にされていないから起きる事がほとんどです。
お家の中の不快を改善していくにはまずは屋根裏の
換気をしっかりする事を行えば改善されるかもしれません。

屋根裏の換気はどうやって行うの・・・?

ブログ116⑤.jpg

よく軒天部分(軒裏天井)の部分が
穴の空いた板(有孔板)が使われてい
いるのを見た事ないですか?
実はその部分で屋根裏の空気を対流させて
熱気や蒸気を逃がしているのです。

ブログ116⑥.JPG

もしくはコロニアル屋根や金属屋根の場合は
棟板金に換気装置の付いた、この写真のような
換気棟というものもあります。
このような基材をつけることで有孔板などより
高さが違うので空気の対流がよくなり、より換気の
状態がよくなります。
暑さや湿気の対策で建物の持ちをよくする事に
つながるので、換気の対策もとても重要です。

ブログ116⑦.jpg

屋根裏の広さは屋根の勾配によって
変わりますが・・・。
屋根勾配がきついお家は屋根裏が広くなり、
屋根勾配がゆるやかなお家は屋根裏が狭く
なります。
近年ではこの屋根裏スペースを収納スペース
として利用しているお家もあったりロフトとして
お部屋にしてしまっているお家の方も見られますね。
屋根裏一つで役割や使用用途は様々で面白いですね!

今日は屋根裏の事について詳しく書いてみましたが
お家の屋根裏、どのようになっていますか?
お家の暑さや寒さ、結露の事でお悩みの方は
ガイソー所沢店へお気軽にご相談下さい♪

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
gaiso.png
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報