自分でもできる外壁セルフチェック



自分でもできる外壁セルフチェック。

こんにちは。
台風が発生していますが、今回はそこまで
大荒れの天気はなさそうですね。
これから、夏にかけ台風やゲリラ豪雨など
雨や風によるお家の破損も多くなる季節でも
あります。
急な天候不良にも備えられる、お家を
一緒に作っていきましょう。

今日はまずは自分でも簡単にできる外壁の
セルフチェックをご紹介します。

まずはチェック①
チョーキング現象
20190628gaihekisain000006.JPG

外壁を指や手で触って軽くなぞってみて下さい。
手に白く粉がついたら、塗料が分離して粉化する
チョーキング現象が起こっています。
外壁を保護する塗膜がなくなっているため、外壁材の
劣化を進めます。

チェック②
ひび「クラック」
20190628gaihekisain000011.jpg

外壁の様子を目でよく見てみて下さい。
外壁の継ぎ目、サッシ近辺などに発生します。
クラックは放置すると中に水が入り、雨漏りの可能性が
出てきます。

チェック③
苔・藻・カビなどの発生
20190628gaihekisain000001.JPG

外壁が緑色や黒く汚れがついていませんか?
外壁に苔や藻、カビが発生していると外壁の内部にまで
水が侵入してる可能性もあります。

チェック④
外壁の浮き剥がれ
20190628gaihekisain000005.JPG

紫外線劣化により塗膜が剥げてしまっています。
放っておくと、ここからどんどん剥離が広がっていき
傷みもどんどん広がっていきます。

チェック⑤
金属部のサビ
20190628gaihekisain000000.JPG

金属はサビが発生します。
サビは一度発生すると、なくなりませんし、どんどん
鉄部の腐食を進行させます。

チェック⑥
木部の塗膜剥がれや膨れ
20190628gaihekisain000012.JPG

こちらも経年劣化や紫外線劣化によって、木部が傷み
塗装の剥離が起きています。

チェック⑦
エフロレッセンス
20190628gaihekisain000008.jpg

あまり聞きなれない言葉ですが、このような模様が外壁に
現れているのはよく見かけますよね。
この現象はコンクリートやモルタルなどから、内部の
水酸化カルシウムが雨などの水分によりクラックや目地
などから流れてくる現象です。
防水機能が低下しています。

チェック⑧
コーキングや目地
20190628gaihekisain000003.JPG

外壁の継ぎ目や窓枠などにも使用されているコーキング剤
が劣化により、断裂やひび割れが起きていると、その亀裂箇所
から建物内部に水が侵入する恐れがあります。

いかがですか?
皆さんのお家にはこのような症状は見られませんか?
このような症状が見られた場合はなるべく早いうちに
一度、お家の調査をしてもらって下さい。

ガイソー所沢店では無料で調査・相談も行っております。
お気軽にご相談下さい。


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
gaiso.png
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報