飯能市 いぶし瓦 漆喰剥がれ 劣化 漆喰補修



こんにちは!

今日は、飯能市のお宅の屋根工事の様子をご紹介します。

20200910hannou000004.jpg

既存の屋根はいぶし瓦という土系の瓦(粘土瓦)で、月日の経過と共にまだら模様のようになっていくのが味わい深い瓦です。

20200910hannou000001.jpg

20200910hannou000002.jpg

20200910hannou000000.jpg

瓦の状態には問題ありませんでしたが、漆喰部分が剥がれてしまっているので、漆喰補修を行うことになりました。



漆喰とは、約5000年前から世界中で使われている歴史の古い素材で、石灰が主な成分となっています。
瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど様々に用いられてきましたが、瓦屋根では、屋根の頂上の瓦と瓦を接着、固定し、内部に水が浸透するのを防ぐ役割があります。
漆喰も、風雨や寒暑、紫外線にさらされ続けているので、劣化していきます。
そのままにしておくと雨漏りの原因になったり、欠けた漆喰が雨樋に詰まり、排水の妨げになることもあります。
いぶし瓦や釉薬瓦(陶器瓦)など伝統的な日本の家屋に用いられる瓦は長い耐用年数を誇りますが、漆喰は築7年~10年程で劣化し始めるので、定期的な点検や補修が必要です。



施工の手順は、まず、既存の漆喰を剥がし、きれいにします。

その後、漆喰の内部にある葺き土をスプレーで湿らせ、新しい漆喰を塗り、完了です。

20200910hannou000005.jpg

20200910hannou000007.jpg

20200910hannou000006.jpg

20200910hannou000008.jpg

漆喰工事には、大きく分けると2種類あり、剥がれや崩れが軽度な場合には詰め直し工事劣化がひどい場合は棟瓦取り直し工事と言って、頂上部分の瓦を一度取り外す必要が出てきます。
大掛かりな補修になる前に、早めのメンテナンスをおすすめします!!


少しずつ秋らしい日も出てきましたが、まだまだ暑い日もあったり、変わりやすいお天気です。
皆さん、体調に気を付けてお過ごしくださいね!


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
gaiso.png
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店