• HOME
  • スタッフ現場ブログ

ハイグレードな無機成分配合のフッ素塗料で外壁塗装 入間市


こんにちは!
本日は入間市で行ったフッ素塗料での外壁塗装の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (7).jpg

こちらのお宅は外壁に写真のようなコケや汚れが付着、
さらに目地コーキング部分は劣化していたため打ち替え工事を行い、
外壁塗装を行うことになりました。
コーキングは耐久性の高い高耐候性のコーキング材、
そして下塗りも終えましたので中塗り・上塗りを行っていきます。



下地処理で下塗りを終えた外壁に中塗り塗料を塗布していきます。
手塗りのローラー工法で重ね塗りを行い耐久性を上げていきます。
今回使用している塗料は、数ある塗料の種類の中でも
トップクラスに耐用年数や耐久性の高いフッ素塗料になります。



サイディングの外壁部分もしっかりと塗装していきます。
サイディングも劣化してきますとカビや藻が生えてしまったり、
塗膜の剥がれによりチョーキング(白亜化)が起こります。
そのため、こうして塗装することで防水性を維持し、
汚れや藻などがつきにくくしてあげることが大切になります。



中塗りが終わりましたら乾燥させ、さらに上塗りを行います。
今回使用している塗料は「ガイソーウォール無機F」という
従来のフッ素塗料と比べて耐候性の高いものになります。
その秘密は雨筋汚れなどを防止する低汚染性の無機成分と、
さらに耐候性が最も優れていると言われるフッ素樹脂塗料を融合させた、
極めてハイグレードな塗料であるためです。



こちらは付帯部も含めた施工後の写真になります。
鮮やかなブルーがさわやかな印象を与え清々しいですね!

この無機+フッ素のハイグレードな塗料は耐候性・耐久性も高いことから
建物の美観を長期にわたって維持することが期待できますので、
外壁リフォームの際にはぜひご検討ください♬


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png








入間市で窓や付帯部の養生作業、耐久性を高める下塗り塗装


こんにちは!
本日は入間市での養生作業外壁塗装の下塗りの様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 養生作業 (1).jpg

こちらのお宅は傷んだ屋根を新しく超軽量の屋根でカバー工事を行い、
その後、外壁部分もコーキングを新しく打ち替える工事を行いました。
今回は外壁塗装の前の養生作業を行っていきます。
養生作業は塗料の飛散を防ぐために重要な作業となりますので、
写真のように専用のポリシートマスキングテープを使用し、
窓や車、塗装しない付帯部などを中心にカバーを覆いかぶせていきます。



外壁塗装中は基本的には写真のように窓は開けられない状態となります。
どうしても開けたい箇所がある場合などには、事前に業者に相談することもできますので、
工事を始める前に確認を取っておきましょう。
その他、注意点としては給湯器などのガス機器は、養生をしたまま使用してしまいますと
不完全燃焼を起こし一酸化炭素が発生してしまう恐れがあります。
使用する際は必ずこちらも確認するようにしましょう。



養生が終わりましたらいよいよ外壁塗装に入っていきます。
塗装は写真のようなローラーを使用し行っていきます。
まずは既存の外壁と新しく塗布する塗料の密着効果を高めるため、
下塗り材を外壁面全体に塗布していきます。
後から重ね塗りする塗料の耐久性を高めるためにも、
このような下地処理を行うことが重要になります。



今回、こちらの入間市のお宅は先ほどのようなモルタル外壁、
そして上の写真のような窯業系のサイディングボードでしたので、
両方とも下塗りを行い塗装していきます。
下塗り材の種類にはシーラー、プライマー、フィラーなどがあります。
そのため、こうした外壁塗装では下地の状態に応じて、
時にはその塗料専用のシーラーやプライマーなどを使用する必要もあります。

外壁塗装の業者がそういった点にも配慮しているかどうか、
ぜひリフォームの際には確認してみてください♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png

破断していた外壁の目地コーキングを打ち替え補修 入間市


こんにちは!
本日は入間市で劣化した外壁目地コーキング
打ち替え工事を行いましたのでその様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (9).jpg

こちらのお宅は外壁のサイディングボードの間の目地部分に
写真のようなひび割れがありましたので、今回はこのコーキングを
剥がして新しいものに付け替える「打ち替え」と呼ばれる工事を行います。
まずは既存の劣化したコーキングを全て剥がしていきます。



傷んだコーキングを全て剥がしました。
今回は手作業で剥がしていきましたが、劣化がかなり進行したものですと、
既に剥離が起きている場合もあり、雨漏りなどが起きているケースもあります。
最初の写真のようなひび割れや剥離が起きていましたら、
早めにリフォーム業者などに頼んで補修を行いましょう。



コーキングは専用のものを使用して打ち替えを行います。
今回使用する商材はサンライズ社の「SRシール NB50」というコーキングです。
耐熱・耐水性に優れているため、雨水や夏の暑さなどにも強く、
また伸縮性の高い低モジュラスという性質がありますので、
伸縮するサイディングの影響を受けにくく、ひび割れも起こしにくい部材です。



施工には専用のプライマーを使用することで、
密着効果を高めて耐久性も良くしていきます。



充填できましたら乾燥させて、養生テープを剥がし完成です。
外壁面のコーキングはサイディングボードの伸縮や
地震の影響、汚れや紫外線などでも劣化し傷んでくる箇所です。
防水性を維持するためにも、定期的に確認しておくようにしましょう!


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png




前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店