• HOME
  • スタッフ現場ブログ

所沢市和ケ原で防カビ性のあるセラミック配合シリコン塗料による外壁塗装


こんにちは!
今回は所沢市和ケ原でのシリコン塗料を使用した
外壁塗装リフォームの様子をご紹介していきます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (22).jpg

こちらのお宅は前回までに下塗り塗料の塗布まで終えましたので、
今回はメインとなる中塗り・上塗り塗料を塗装していきます。
下塗りが乾燥しましたら手塗りのローラー工法で中塗り作業です。
使用している塗料は「ガイソーウォールタフネスシリコンⅡ」です。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (27).jpg

塗りムラなくキレイに塗装していきます。
このタフネスシリコンという塗料は弱溶剤系の塗料で、環境にも優しく、
かつ幅広い用途で使用することが可能な塗料になります。
メリットとしてはやはり長く美観を保てる高耐候性がありますので、
長期間に渡り建物を守る効果が期待できます。


所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (26).jpg


中塗りを全面に塗装した後は再び乾燥させます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (47).jpg


そして乾いたらさらに上塗りと塗装を重ねていきます。
こうして3回の塗装を経て塗膜を厚くしていくことで、
長期間に渡り建物を守る膜厚を形成、美観を維持していくんですね。


所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (49).jpg

上塗りも無事完了しました!
ガイソーウォールタフネスシリコンは先ほども述べたように、
高耐候性というだけではなく、セラミックを配合していることから
雨筋汚れを防止する低汚染性効果があり、さらにカビや藻の繁殖を抑える
防カビ防藻性を有しておりますので、外壁リフォームにはおススメです。

所沢市、狭山市、入間市で外壁塗装リフォームをご検討の際には
ぜひ、ガイソー所沢店にご相談下さい!
見積もり、現地調査も無料で行っております♫




gaiso.png













所沢市 内装リフォーム 床張り 天井造作


こんにちは!

今日は所沢市の室内リフォームの様子をお伝えします。


こちらのお宅は、経年劣化の為傷みがひどくなってしまい、新たなものにしたいということで1階部分の浴室、キッチン、洗面、和室、壁紙などをリフォームすることになりました。

工事の流れは、全体的な既存のものを撤去した後、浴室の土間打ち、配管工事、各箇所の作業となります。



今回は床張りの様子をお伝えしていきますね!


写真奥の和室部分は、フローリングにリフォームする為、畳と床板を撤去し、新しい床材を張っていきます。
畳は、断熱性の高さや転んだ時にけがをしにくいこと、肌触りの良さなどが特徴ですが、フローリングにすることによって、お手入れのしやすさやインテリアの幅が広がることなどメリットもたくさんあります!

20201012tokorozawa000005.jpg

20201012tokorozawa000003.jpg




キッチン部分などは、既存の床板の上に、新しい床材を張っていきます。

20201012tokorozawa000002.jpg

20201012tokorozawa000004.jpg



こちらは、重ね張り工法というもので、施工がしやすいことや、フローリングの張り替えに比べて費用や時間を抑えられることが特徴です。
フローリングは、複合フローリングと呼ばれる複数の板を重ねたものと、無垢材と呼ばれることが多い、一枚の板を木からそのまま切りだしたタイプのものがあります。
複合フローリングは、価格の安さ、防音性、お手入れのしやすさなど、無垢材は、木の風合いをそのままに、経年劣化も味になるのが特徴です。



天井も新しく張り替えました。
天井造作の様子です。

20201012tokorozawa000006.jpg


床板や壁紙、天井などは部屋の雰囲気を大きく左右するので、まるで新しい家のように感じる点も、リフォームの利点といえるかもしれませんね!

リフォームが完成しました。

20201012tokorozawa000001.jpg

20201012tokorozawa000000.jpg

長年住み慣れたお宅が、きれいに使いやすく生まれ変わり、毎日の生活もより楽しくなりますね!!


ガイソー所沢店では、外壁や屋根だけでなく、このような内装リフォームも承っております。ご興味のある方は、お気軽にガイソー所沢店まで、ご相談ください!

gaiso.png

所沢市の方へ!塗装リフォームの際は工法(塗り方)もご確認を!


こんにちは!
本日は塗装リフォームの際にはできれば知っておきたい塗装工法(塗り方)についてです。
塗料によっても耐久性が変わりますが、工法によってもまた変わりますので、
ぜひこの機会に確認してみて下さい。


塗装 工法 塗り方 違い メリット デメリット


吹き付け工法は実は手間のかからない、楽な工事の工法だった!

塗装 工法 塗り方 違い メリット デメリット2

実は同じ塗料でも塗り方によって耐久性が全然違うという事実があります。
地域にもよりますが、従来外壁の塗装と言えばガン吹きなどと言われる
「吹き付け工法」がポピュラーでした。

各地でも15年ほど前までは塗り替えの現場で最も多く見かけた工法です。
吹き付けと言えば、朝から職人さんが大勢で大きな霧吹きみたいな機械をセットして、
大きな音を出しながら何だか大変そうな作業です。
工事費も高いのだろうな・・・そう感じたことはありませんか?
残念ながらそれは間違いで、実は「吹き付け工法」は楽で早いのです。

最近の傾向と工法別の違いや特徴について



塗装 工法 塗り方 違い メリット デメリット3

吹き付け工法は、ローラー工法と違い、
塗料を水やシンナーで薄めますので、塗布量が少なくて済みます。
機械を通してきれいに吹き付けるにはローラー工法よりもかなり多く薄める(希釈する)ので
本来の塗料の性能を著しく損なっているケースが多いのです。
(※パターン吹きや骨材吹きなど特殊なケースは除く)

最近では環境問題や住宅地での近隣トラブルを無くすために、
職人がローラーを使い、手作業で塗装をするローラー工法が増えてきています。

ローラー工法は原液に近い状態で外壁に直接塗りこんでいくので
吹き付け工法とは違いしっかりとした厚膜を作れます。

ローラー工法に使用するローラーにも種類があります。
通常使用するローラーをウールローラーといいます。
傷みのひどい場合やとにかく強い塗膜にする場合は、
砂骨ローラー(マスティックローラー)という最も厚膜を作れるローラーを使います。
なかなか専門業者でないと説明されても理解しがたいと思いますが、
業者にどんなローラーを使用するのか質問してみるのもいいでしょう。


下記の図は工法の違いをまとめた図になりますので参考にしてみて下さい。

塗装 工法 違い メリット デメリット


工法によって、見積りの金額に大きな差が出ますが、
せっかく足場を組んで行う塗装工事ですから、塗料の質だけに固執せずに、
しっかりとした工法(塗り方)で塗装されることをお勧めいたします。

大切なマイホームの塗装ですから、ぜひ余裕があればこういった点も
着目してリフォームをどう行うか検討してみて下さい!


gaiso.png



前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店