• HOME
  • スタッフ現場ブログ

所沢市小手指で高圧洗浄と外壁塗装の下塗りを行いました


所沢市小手指で高圧洗浄と外壁塗装の下塗りを行いました。

こんにちは。皆様、体調は大丈夫でしょうか?
連日の猛暑日でニュースでは熱中症による、死亡事故の
お話が多くとても怖いです。
ガイソーの職人さんも連日、暑い中、炎天下で施工作業を
しているので、とても他人事ではなく、少しの体調変化にも
気を付けて現場を進めている状況です。
体に無理のないように、安全に進めさせていただきたいと
思います。

よろしくお願いいたします。

本日は高圧洗浄と外壁塗装の下塗りの様子をご紹介します。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000009.JPG

今回はこちらのお家の外壁塗装工事を行っていきます。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000000.jpg

周りが畑に囲まれている立地のため、お家全体的に
泥汚れがとても目立っているようです。
屋根の瓦に泥がたまっています。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000001.jpg

屋根の瓦は傷みはとくに見られないので、洗浄だけで
大丈夫なようなので、しっかり高圧洗浄で汚れを落として
いきます。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000002.jpg

高圧洗浄の威力はとても強いので、一瞬にしてここまで
泥汚れも落とせます。
ただ、水圧の当て方を間違えると瓦を破損させてしまう事も
あるので、水をあてる角度や力に気を付けて行います。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000003.jpg

外壁も全て高圧洗浄を行います。
外壁は塗装をするので、この高圧洗浄で既存の汚れや
古い塗膜をしっかり落とす事がとても重要な下準備になり
この作業をしっかり行わないと、新しく塗装をしても
綺麗に塗れなかったり、その後の持ちにも影響します。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000005.jpg

洗浄が終わり、塗装をしない部分を養生しシートで
しっかり覆っていきます。
塗装を行わない場所に塗料がついてしまってはいけないので
この作業もとても重要です。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000006.jpg

塗装に入ります。
まずは外壁の下塗りから始めます。
下塗りにはシーラー系・フィーラー系・プライマー系の
3種類に分類されます。
外壁のダメージの状態により、使用する塗料が使い分け
られます。
下塗りの役割は上塗り塗料を塗りやすい状態にすること
なので、上塗り塗料と既存外壁が密着しやすいように下塗りを
行う事で向上させ、上塗り塗料がムラなく綺麗にぬれるように
現在の外壁の状態を整えてくれます。

20190807kotesashikouatusennzyoutosou000007.jpg

下塗りが完成しました。
外壁の素材や状態によって、上塗り塗料と適合するものを
下塗りでは使いわけます。
塗装の耐久性、耐候性にも繋がる事なので、下塗り材にも
こだわった塗装を行っていきたいですね。

gaiso.png

飯能市でベランダ下地にFRP防水施工


飯能市でベランダ下地にFRP防水施工。

こんにちは。
雨も降らず毎日良いお天気が続きますね!
お天気なのはとても嬉しいのですが、暑さが厳しく
現場にも暑さで影響も出てきそうです。
屋根施工はとくに、屋根の上はさらに高温になるので
危険も伴います。
熱中症で死亡事故のニュースも多く聞くので、ガイソー所沢店
でも、毎日注意喚起を職人さんに流し、熱中症にならないよう
意識をしながら、現場の方も安全に進めさせていただいて
おります。

本日は前回、ベランダの骨組みから造り直したお家の
FRP防水作業の様子をご紹介します。

20190804hannnousiberanndasekisou000003.jpg

床板まで綺麗に張れたところへ雨や水に濡れても耐えられる
強度を作っていかなくてはいけないので、そこへ防水加工を
行っていきます。

20190804hannnousiberanndasekisou000002.JPG

木下地の床板に光沢のあるプラスチック素材のような
加工が施されているのがわかりますか?
これはFRP防水といい、FRPとは繊維強化プラスチック
の略称でガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチック
です。
ガラス繊維をマット状に加工したシートを床に貼り付け
その上からポリエステル樹脂をローラーで塗布し、ガラスマットへ
含浸させて床の加工を作り上げていきます。

防水層に気泡ができてしまうと、水密性が保てない為、
防水層の劣化が起こり、雨漏りなどの原因を作ってしまうため
しっかり密着させて施工を行っていく必要があります。

20190804hannnousiberanndasekisou000001.JPG

先程のFRP防水施工が出来上がった上から、
次はウレタン防水塗装を行っていき、さらに雨などから守る
強い防水性のある床を作り上げていきます。
ウレタン防水塗装はオート化学工業のオートンウレアックスを
使用します。
ウレアックスは液状なので平坦な場所でなくても施工ができます。
繫ぎ目がなく塗装ができるので剥がれなどの心配もありません。
ただ、ベランダは勾配のない地面を雨水を排水溝まで流して
いかなくてはいけないので、ウレアックスを均一に厚みを持たせて
塗装を行っていく技術が必要です。

gaiso.png

飯能市でベランダ工事を行いました


飯能市でベランダ工事を行いました。

こんにちは。
毎日とても暑いです・・・。外を歩くのが辛いです・・・。
そんな中、毎日施工も暑さと戦いながら進めさせて
いただいております♪
本日もたくさんの現場へお伺いさせていただいて
おります。
施主様、よろしくお願いいたします。

本日はベランダ工事の様子をご紹介します。

20190802hannouberandakouzi000004.JPG

ベランダを現場調査させていただいた時の様子です。

20190802hannouberandakouzi000006.JPG

ベランダの床、防水部分の様子です。
塗膜が膨れているのが見えますか?
これは中まで雨水が侵入してしまっている可能性がありそうです。
このような状態をこのまま放置しておくと、いづれは内部構造
まで傷ませてしまい、雨漏りにも繋がるので、しっかり補修を
行う必要があります。

20190802hannouberandakouzi000000.jpg

ベランダの床を剥がしてみました。
やはり、すでに内部構造の木材の部分まで水が侵入し
木部の腐食が見られます。
このままの状態では腐食がどんどん進んでしまい、
このままベランダを使用していくのはとても危険なので
下地から新しく作り直した方が安全です。

ベランダの内部構造の腐食はベランダの手すりの
笠木から水が内部へ浸入していく事が多いです。

20190802hannouberandakouzi000002.jpg

既存の下地を全て撤去して新しく組み直していきます。
木材を加工して土台を造ります。水捌けがしっかりできるよう
勾配を取って骨組みを造っていきます。
この上に床板を張っていきます。

20190802hannouberandakouzi000003.jpg

床板が仕上がってきました。
床板が完成したら、防水工事に入っていきます。
ベランダは雨にさらされる場所なので雨漏りが起こらないよう
しっかり造りあげていかなくてはいけません。

ガイソー所沢店では、屋根や外壁だけでなくベランダの設置や
修繕なども行えます。
ベランダの防水塗装だけでも行えます。
お気軽にご相談下さい。

gaiso.png

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報