• HOME
  • スタッフ現場ブログ

所沢市松郷でスーパーガルベストで屋根の葺き替え工事を行いました


所沢市松郷でスーパーガルベストで屋根の葺き替え工事を行いました。

こんにちは。
週末、いかがお過ごしでしょうか♪
最近は寒さが和らいでいる日が増えて
きましたね。このまま、とてつもなく
寒い日は終わりなのでしょうかね・・?
春が待ち遠しいです♪
本日もたくさんの現場へお伺いさせていただいて
います。
施主様、よろしくお願いいたします。

最近は屋根工事が続いておりますが!
本日も屋根、スーパーガルベストを使用した施工の
様子をご紹介します。

20190223tokorozawasimatugousupagarubesuto000009.JPG

既存屋根はスレート素材の部分と

20190223tokorozawasimatugousupagarubesuto000000.jpg

こちらはこのような素材で・・・。
こちらはセキスイ「かわらU」という基材
になりますが、現在は販売されておりません。
表面は剥がれたり、削れていて劣化が
進んでいます。
スレート屋根の方は経年劣化による色褪せや
苔や汚れがとても目立つ状態になっています。

20190223tokorozawasimatugousupagarubesuto000001.jpg

一度、既存屋根を全て撤去しました。
野地板が見えました。
野地板の方には酷い傷みは見られませんが
今回はこちらも全て新しく張り替えます。
野地板は傷みが進みすぎてしまうと大がかりな
工事になってしまい、修理費用もとても高額な
ものとなってきます・・・。
野地板は傷みすぎる前にメンテナンスをすることが
とても重要となります。

20190223tokorozawasimatugousupagarubesuto000002.jpg

野地板は屋根の木下地となり屋根の一番下の
部分になるので見えない部分になりますが
屋根本体を保持するためにとても重要な部位に
なります。
正しく施工ができていないと、強度不足や雨漏り
の原因となる水濡れなどを起こす場合もあるので
野地板張りはとても職人さんの技術が必要です。

20190223tokorozawasimatugousupagarubesuto000003.jpg

野地板が張れたら、ルーフィングシートを
下葺きします。ルーフィングシートは防水シートの
役割になるのでこちらもしっかり下葺きをする事が
とても大事です。

20190223tokorozawasimatugousupagarubesuto000005.JPG

ルーフィングシートも敷き終わり
いよいよ新しい基材を施工していきます。
今回はスーパーガルベストを使用します。
スーパーガルベストはガルバリウム鋼板と芯材・裏面材
を一体成型にした耐久性が強く経年劣化が少ない、
強い金属屋根材です。

20190223tokorozawasimatugousupagarubesuto000007.JPG

縦葺きで施工をしました。
雪止めや屋根の頂部になる棟もしっかり
取り付けて施工完了です。

引き続き、外壁の塗装作業を続けていきます。

gaiso.png

所沢市青葉台で屋根カバー工法でMFシルキーを施工しました。


所沢市青葉台で屋根カバー工法でMFシルキーを施工しました。

こんにちは。
本日もお天気も良く現場日和になりそうです♪
たくさんの現場へお伺いさせていただきます。
施主様、よろしくお願いいたします。

本日は屋根カバー工法で
施工した様子をご紹介します。

20190220tokorozawasiaobadaiyanekaba-36.jpg

既存屋根はスレート素材の屋根です。
スレート屋根は色褪せ、ズレ、割れ
既存塗膜の剥がれなど、築10年前後
経過している屋根はメンテナンスが必要な
時期となってきます。

20190220tokorozawasiaobadaiyanekaba-37.jpg

経年劣化による色褪せや汚れ、黒ずみ
などが目立ちます。
今回は既存屋根の上から屋根カバー工法で
施工をします。
屋根カバー工法は既存屋根を撤去する作業が
必要なく、撤去費用や廃材処理費用を抑えて
施工することが可能です。
工期も短く施工が可能なので、カバー工法には
様々なメリットがあります。

20190220tokorozawasiaobadaiyanekaba-39.jpg

まずは既存屋根の上からルーフィングシートの
下葺きをします。
ルーフィングシートは防水シートの役割になるので
雨漏りをさせないためにも重要な作業になります。
日新工業カッパの改質アスファルトを使用します。
タッカーでしっかり固定しますが、留めた部分から
雨漏りを引き起こす原因にもなることがあるので
留め方にも工夫が必要です。

20190220tokorozawasiaobadaiyanekaba-41.jpg

いよいよ基材をのせていきます。
一枚、一枚サイズをあわせ、職人さんが
ビスで固定をしていきます。
細かい作業になりますが、屋根の仕上がりに
かかってくるのでサイズ合わせや固定する位置は
とても丁寧な作業が必要です。
今回はMFシルキーを使用し施工をします。

20190222tokorozawashiyanekaba-000000.jpg

屋根の頂部、棟を取り付けます。
棟は雨仕舞にかかわる重要な部分です。
棟は屋根の頂部になるので、風の被害をとても
受けやすい場所です。

20190222tokorozawashiyanekaba-000002.jpg

棟を固定してる釘の浮きや、瓦の場合は漆喰の
崩れなどがあると雨漏りの原因になったりする
事もあるので、棟のメンテナンスも定期的に
必要です。

20190222tokorozawashiyanekaba-000001.jpg

雪止めもしっかり取り付けて
屋根の施工が完了です!
雪止めも雪の降るこの季節にはとても
重要な役割をするので、雪止めもしっかり
メンテナンスが必要です。

gaiso.png

入間市東藤沢屋根カバー工法でMFシルキーを施工しました。


入間市東藤沢屋根カバー工法でMFシルキーを施工しました。

こんにちは。
少し、久しぶりな投稿になってしまいましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか・・・?
今日もいいお天気でたくさんの現場へお伺い
させていただきます。
施主様、よろしくお願いいたします。

今回は屋根カバー工法でMFシルキーを施工した
様子をご紹介します。


20190218irumashihigasifuzisawamfsiruki-000007.JPG

既存の屋根の様子です。
スレート素材の屋根です。
経年劣化による色褪せ、汚れが目立ちますね。

20190218irumashihigasifuzisawamfsiruki-000000.jpg

黒ずみや苔も目立ちます。
日の当たりにくい、日蔭の場所や北側など
湿気の多い場所はとくに苔やカビが生えやすいです。

20190218irumashihigasifuzisawamfsiruki-000002.jpg

今回は屋根カバー工法で既存屋根の上から
新しい基材をのせて施工をします。
屋根カバー工法は既存屋根の撤去などもないので
撤去費用や廃材処分費用も抑えられ、短い工期で
施工ができます。
そして、屋根が二重になるので遮熱性が上がり
遮音性も上がるというメリットもあります。

まずは既存屋根の上からルーフィングシートで
しっかり覆っていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割をし、
雨漏りをさせないために、屋根の基材よりも
重要な役割をします。
しっかり敷き、タッカーで固定をします。

20190218irumashihigasifuzisawamfsiruki-000001.jpg

ルーフィングシートをしっかり敷いたら
新しい基材の施工へ入ります。
今回はMFシルキーを使用し施工をします。
横葺のガルバリウム鋼板になります。
サイズをあわせて基材をカットし
専用ビスで一枚、一枚しっかり固定を
していきます。

20190218irumashihigasifuzisawamfsiruki-000003.jpg

施工が完成しました!
雪止めもしっかり取り付け完成です。
MFシルキー、ダークブラウンを使用しました。
艶のない深みのある表面仕上げが落ち着いていて
綺麗ですね。

gaiso.png

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報