• HOME
  • スタッフ現場ブログ

ところざわ応援商品券利用できます!地元パワーでコロナに勝つ!


こんにちは。

本日はところざわ応援商品券のお知らせです。
まだまだ所沢市でも新型コロナウイルスの感染報告が続いておりますが、皆様いかがお過ごし
でしょうか?
ウイルスと共存して生活していく事が、この先必要になってくるようですが・・・
引き続き、感染予防をしっかりしながら、日々の暮らしを過ごしていきましょう!

所沢市応援商品券.jpg

所沢市では新型コロナウイルスによる営業自粛要請を受け、深刻な影響を受けた市内事業者を支援し
経済活性化を図るため、商品券事業を行っております。
地元の消費を促す事で、市内の経済の回復を目指しております。


ガイソー所沢店でも、こちらの商品券を使用していただく事ができます!
ぜひこの機会にご利用下さい!
・共通券、専用券どちらも使用していただけます。

使用可能期間

令和2年9/26(土)~令和3年1/31(日)まで


所沢市内商品券利用可能店舗一覧
※所沢市ホームページより一部抜粋

ガイソー所沢店では無料で屋根や外壁のお見積り、調査、ご相談をお受けさせていただいております。
お気軽にお問合せ下さい!


gaiso.png

飯能市 雨戸塗装 玄関扉木目 ステイン塗装


こんにちは!
だいぶ秋らしくなり、朝晩はひんやりするほどですが、体調などいかがでしょうか?


今日は、飯能市の付帯部塗装の様子をお伝えしていきたいと思います。

こちらのお宅は、雨樋についての問い合わせから全体的な現地調査を行った結果、他にもメンテナンスの時期が来ている箇所が見つかり、補修を行いました。

今回は、雨戸と玄関扉の塗装の様子をお伝えいたします。



雨戸塗装の様子です。
まず、高圧洗浄を行い、埃や汚れを落としていきます。

20200921hannou000004.jpg

その後、ケレンなどで表面を整え、塗装を行います。

20200921hannou000001.jpg

雨戸は金属でできていることが多く、劣化を放っておくと錆が発生してしまったり、傷みが激しくなり風雨に耐えられなくなってしまったりする可能性があります。
劣化が進み大掛かりなメンテナンスが必要となる前に、こまめにチェックを行いましょう。



次に、玄関扉の塗装です。

こちらは、木目を生かした作りになっていたので、ステイン塗装を行いました。
ステイン塗装とは、木部専用の塗料で、素材の内部に浸透する特徴があります。
通常の塗料と違い、木目を残したまま塗装することができるので、もともとの木の風合いを生かしながらメンテナンスすることができます。


既存の玄関扉です。この木目を生かして塗装をしていきます。

20200921hannou000003.jpg



まず、ケレンを行い、下地を整えます。

20200921hannou000006.jpg



ステイン塗装の様子です。

20200921hannou000000.jpg




完成です!
既存の雰囲気を壊さずに、きれいに塗装することができました!

20200921hannou000002.jpg



これから台風などで、急な大雨や強風が増える時期です。
皆さんも、この機会に、ご自宅の様子を確認してみてくださいね!
何か気になることがありましたら、ガイソー所沢店まで、ご相談ください!!


gaiso.png

飯能市 付帯部 破風 軒天 庇 塗装


こんにちは!

今日は飯能市の付帯部塗装 破風 軒天 庇 塗装の様子をお伝えしていきます。

こちらのお宅は、雨樋についての問い合わせで現地調査をした結果、他にもメンテナンス時期を迎えた部分があり、塗装を行うことになりました。

外壁の他に付帯部として、軒天、破風、庇の塗装を行いました!

各部の場所はこちらになります。

20200917hannou000003.jpg

破風は、屋根の妻側に取り付けられた板のことで、雨や風を防ぐ役割があります。
屋根は上からの雨風に対しては強い構造になっていますが、横や下からの雨風に対して弱いという特徴があり、破風により屋根裏に侵入する雨風を防いでいます。
また、火災の際の延焼防止の役割もあります。

軒天は、建物から伸びている屋根の裏側部分のことで、水分による浸食から建物を保護したり、美観を高めています。
軒天の劣化が進むと天井部分や屋根の基礎部分の傷みにつながることもあります。

は、窓や玄関ポーチ、ベランダの上に突き出すように設置された小屋根のことをいいます。
雨よけだけでなく、直射日光や汚れからも住宅を守る役割があります。

どの部分も、常に紫外線や雨風に晒されているので日に日に劣化が進んでおり、防水効果が切れてしまうとそこから雨漏りにつながったり、大掛かりな補修が必要になってしまいます。
塗料の防水効果を保つために、10年を目安にメンテナンスをするとよいでしょう!

では、破風塗装の様子です。
周囲が汚れないように養生をしたら、高圧洗浄を行い、汚れを落としていきます。

20200917hannou000004.jpg


その後、ヤスリなどを使って表面をきれいにするケレンという作業を行います。

20200917hannou000006.jpg


下地処理が終わったら、塗装をしていきます。状態によって、何度か塗装を行います。

20200917hannou000007.jpg

軒天塗装です。
こちらも、高圧洗浄で下地を整えた後、塗装を行います。

20200917hannou000002.jpg

完成です!

20200917hannou000001.jpg

庇塗装です。
庇の表面は金属でできていることが多いので、こちらも、しっかりとケレンを行い、錆や汚れを落としていきます。

20200917hannou000008.jpg

その後、錆止め塗料を塗布しました。

20200917hannou000009.jpg

これで、普通の塗料より錆の再発を防止することができます。

続いて、塗装をしていきます。

20200917hannou000010.jpg

20200917hannou000000.jpg

窓の格子部分の塗装も行いました。

完成の様子はこちらです。

20200917hannou000005.jpg

一つひとつは小さな部分ですが、しっかりとメンテナンスすることで美観も高まり、雨の季節も安心して迎えられますね!

この機会にご自宅のメンテナンス時期も確認してみてください!

gaiso.png

前の記事 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店