入間市で耐震制度アップ 瓦屋根から次世代瓦屋根ROOGAへ屋根葺き替え工事


入間市で耐震制度アップ 瓦屋根から次世代瓦屋根ROOGAへ屋根葺き替え工事。

こんばんは。
今日は朝から雨が降り寒い一日でしたね。体調は崩したりしていませんか?
本日、4月20日は「穀雨」こくう。です。二十四節気における春の最後の節気です。
穀雨が過ぎると季節はいよいよ夏へと移ります。
穀雨とは穀物を育てるために降る雨の事で雨で潤った田畑は種まきの時期を迎えます。
いよいよ夏へと季節も移り変わっていくのが楽しみですね♪

本日は入間市で行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。
最近では昔ながらの瓦屋根から耐震制度を上げるために軽量の屋根材へ
葺き替える方が多くなってきています。

20200420higashikurumerooga000000.jpg

陶器瓦は半永久的にメンテナンスが不要で寿命がとても
長いのが特徴ですが、瓦はどうしてもとても重量が重くなって
しまうのが、近年地震が多い日本では心配される方も増えて
きました。

20200420higashikurumerooga000002.jpg

今回は既存の瓦を全て撤去して新たな屋根基材を葺き替えていく
方法で屋根葺き替え工事を行っていきます。
まずは既存の陶器瓦を全て撤去します。
屋根の下地が見えました。
長年の土や砂埃がたまってますね。

20200420higashikurumerooga000003.jpg

綺麗に掃除をしました。
野地板が見えました。野地板は屋根の基盤となる板です。
約40年くらい昔はこのバラ板タイプの野地板が主流でした。
ですが、今は下葺き材の防水シートなどの防水機能がとても
進歩したので、バラ板を使用する事はほとんどありません。

20200420higashikurumerooga000004.jpg

バラ板の上から重ね張りで新たな野地板を張っていきます。
野地板は今回のように葺き替え工事を行う時でないと
メンテナンスを行う事ができません。
普段は屋根の基材に覆われていて見る事ができないので
屋根基材を剥がしたときにはしっかりメンテナンスを行って
いきましょう。
構造用合板を使用し、強度の高い野地板を張ります。

20200420higashikurumerooga000006.jpg

野地板がしっかり施工できたら、ルーフィングシートを敷きます。
ルーフィングシートは防水シートです。
屋根を雨から守ってくれているのはこの防水シートです。

20200420higashikurumerooga000008.jpg

いよいよ、本体基材の施工へ入ります。
今回はケイミュー社製、軽い、割れない、ずれない、と従来の瓦を覆す
ハイブリッド瓦ROOGAを施工します。
陶器瓦のようにとても耐久性がよくメンテナンスもほぼ必要ありません。
それで重量は陶器瓦の半分以下というとても軽量なので、瓦屋根を
使用したい・・・。だけど耐震性や台風などの自然災害での被害が
不安・・・。という方にROOGAが最適です。

20200420higashikurumerooga000009.jpg

このROOGAには和瓦を演出する「雅」と洋風なお家にも
素敵に演出できる「鉄平」と2パターンのデザインがあり
カラーも豊富です。
こちらのお家は「鉄平」で施工しております。

20200420higashikurumerooga000011.jpg

屋根と屋根の接合部に棟を取り付けて完成です。
ROOGAは紫外線にもとても強くメーカーテストでは30年経過しても
色褪せは見られなかったそうです。
それは基材の塗装に紫外線に強い無機系塗料を使用しているので
長期間に渡って美しい美観を維持してくれるのです。

瓦屋根からの工事を検討している方、耐震性などを気にされている方
ケイミューROOGA(ルーガ)ご相談下さい♪

gaiso.png

所沢市西狭山ヶ丘でケイミューROOGAで屋根葺き替え工事を行いました


所沢市西狭山ヶ丘でケイミューROOGAで屋根葺き替え工事を行いました。

こんにちは。9月がスタートですね!
まだまだ暑い日もありますが、少しずつ秋に
近づいていますね。台風の発生も多くなる時期なので
しっかり、お家の備えをしていきましょう。
今日は雨予報も出ているので、雨が降る前にどんどん施工を
進めてまいりたいと思います。
本日もたくさんの現場へお伺いさせていただいております。
施主様、よろしくお願いいたします。

本日は先日行った、屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。

20190902nishisayamagaokarooga000001.JPG

既存屋根も瓦なのですが、今回はこちらの既存の基材を
全て撤去して新しい基材で葺き替える工事をします。
まずは全て撤去していきます。

20190902nishisayamagaokarooga000002.JPG

瓦を撤去すると、野地板の部分が見えてきます。
この部分も傷んでいる所が多いので、全て撤去します。
瓦を取ると、土埃など長年の汚れが蓄積されています。
野地板は通常時には目視する事が不可能な場所なので
屋根の葺き替え工事をする際などにしかお手入れする事が
できません。屋根の葺き替えなどの工事を行う際は必ず
野地板もメンテナンスしましょう。

20190902nishisayamagaokarooga000003.JPG

既存の野地板を剥がすとさらに古い野地板が見えてきました。
一度、こちらのバラ板の上から野地板のメンテナンスをされて
いたようですね。
今回はこちらのバラ板の上から新しい野地板を増し張りします。

20190902nishisayamagaokarooga000004.JPG

増し張りの完了です。
既存の野地板の上に重ねて、新しい野地板を張る事を
増し張りといいます。
この上からルーフィングシートの施工を行っていきます。
ルーフィングはシートは防水シートの役割をする、とても
重要なシートです。

20190902nishisayamagaokarooga000005.JPG

ルーフィングシートの施工が終わり新しい基材をのせる
準備が始まり、続々と基材が屋根の上へ運ばれます。
ルーフィングシートは日新工業の改質アスファルト
「カッパ」を使用しております。
ルーフィングシートが雨からお家を守る役割をしてくれているので
こちらはしっかり下葺きをする必要があります。

20190902nishisayamagaokarooga000007.JPG

今回はケイミュー社のROOGA[雅」を使用して
葺き替えます。
ROOGAは陶器瓦の半分以下の重さでとても軽量で
地震などの揺れに強く、防火性、防水性にも優れおり
意匠性も際立つ、伝統的な和瓦も洋アレンジ的なオシャレな
お家も演出できる、瓦です。
ほぼメンテナンスフリーで長寿命であることから、人気が
でている屋根材です。

20190902nishisayamagaokarooga000008.JPG

一枚、一枚取り付けていきます。
太陽の紫外線にも強い素材で長年に渡り、色褪せの
心配などもありません。

20190902nishisayamagaokarooga000009.JPG

棟もしっかり取り付け、雨水を接合部分から浸入させないように
閉じます。
ROOGA「雅」の場合は同質素材の棟を使用します。
ROOGA「鉄平」を使用した場合は棟に板金を使用する事も
可能です。同じROOGAでも、使用できる基材が変わってくる
部分があるのでしっかり担当営業さんに確認してから、
本体基材を選んでみて下さい。

20190902nishisayamagaokarooga000010.JPG

完成です!
重厚感があり、落ち着いた色合いでとても綺麗ですね。
雪止めも設置しました。

ガイソー所沢店にはROOGA「雅」「鉄平」の実物
サンプルが展示してあります。
ぜひ実物を見て、見た目、感触を確かめに来てください♪

gaiso.png

東大和市でセメント瓦屋根をケイミューROOGAへ葺き替え工事


東大和市でセメント瓦屋根をケイミューROOGAへ葺き替え工事。

こんにちは。
本日は雨ですが・・・。
先日行った屋根工事の様子をご紹介します。
屋根の雨漏りは晴れている日より、実際に雨が降って
いる日の方が水の流れている箇所を見つけやすい事も
あります。

20190615higasiyamatoru-gasekou000004.JPG

既存屋根はセメント瓦でした。
セメント瓦は砂を主原料として、加圧成形後に
フッ素樹脂塗料などの塗料で着色されており
色々なカラーバリエーションがあることや耐火性が
髙いなどのメリットがありました。
デメリットとしては防水性は塗装により作りあげている
事があるので、経年劣化による塗膜の剥がれが見られる
と、一気に劣化が進んでしまうのでメンテナンスが
必要になってきます。

20190615higasiyamatoru-gasekou000004.JPG

瓦の場合はカバー工法などの施工はできないので
葺き替え工事となります。
今回は既存の瓦を全て撤去して新しい基材へ
葺き替えていきます。

20190615higasiyamatoru-gasekou000005.JPG

既存の瓦を全て撤去しました。
瓦を剥がすと、長年の蓄積されたホコリや土、砂
が積もっています。
綺麗に掃除をします。

20190615higasiyamatoru-gasekou000000.jpg

野地板を重ね張りします。
野地板は張り替えと重ね張りがありますが
既存の野地板の劣化や損傷が激しくない場合は
重ね張りができます。
張り替える場合には既存野地板の撤去費用なども
かかるので、施工が大がかりとなってきます。
野地板は屋根の木下地になるので、屋根基材の
下になり、施工後は見えなくなってしまいますが
屋根本体を支えるために必ず必要なとても重要な
役割をする建材です。

20190615higasiyamatoru-gasekou000002.jpg

野地板の次はルーフィングシート(防水シート)
を施工します。
ルーフィングシートも屋根本体基材より、
このシートにより、屋根を雨から守っています。

20190615higasiyamatoru-gasekou000007.JPG

いよいよ、新しい基材の施工です。
今回はケイミューの軽量セメント瓦
ROOGA「雅」を使用します。
ルーガは日本の風土と環境を考慮して
生まれた屋根材です。
重さは陶器瓦の半分以下で、地震などの
揺れにも強く、豪雨や台風にも強く
髙い防水性、耐風性も備えています。
太陽などの紫外線にも強く長年に渡り
鮮やかな光沢や発色を保ちます。

20190615higasiyamatoru-gasekou000009.JPG

ルーガを一枚、一枚、職人さんがビスで
固定をしながら葺いていきます。

20190615higasiyamatoru-gasekou000011.JPG

屋根の頂部になる部分に棟もしっかり
取り付けて、屋根を固定します。
雪止めも取り付けます。

20190615higasiyamatoru-gasekou000010.JPG

完成です!
ルーガには高級感、上質感のあるモダンな
和をイメージした「雅」と自然石風な
素材感、重厚感を再現した洋風なイメージにも
演出できる「鉄平」とラインナップがございます。
お家のイメージにあったルーガをぜひ選んで
見て下さい♪
ルーガの詳しい情報は
コチラ ←もご覧下さい。

gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店