飯能市 経年劣化スレート屋根カバー工法でアスファルトシングル施工


飯能市 経年劣化スレート屋根カバー工法でアスファルトシングル施工。

こんにちは。
本日も良く晴れて良いお天気です。
最近はランチは近所の飲食店のテイクアウトをよく利用しています♪
今日はガイソー所沢店の近くにある「タイ料理クローバー」さんの
タイラーメンをテイクアウトしました♪
ガイソー祭りの際にも出店して下さっていたのですが、タイ人のママさんが
作って下さる、本場のタイ料理がほんとに美味しくてボリュームもあり
大好きです♪メニューもたくさんあるので日替わりでいろんなものを
味わえます!お近くの方はぜひ♪

image0.jpeg

本日は飯能市でスレート屋根が経年劣化による防水塗膜の劣化で
色褪せやカビなどが発生しており、メンテナンス工事をさせて
いただきました。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000013.JPG

既存の屋根の状態です。
スレート屋根です。
この屋根は化粧スレートといい、セメントに繊維状の素材を混ぜて
薄い板状に加工したもので、品質が安定していて作業性も高く
費用も抑えられるので多くの住宅で使われている屋根材です。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000016.JPG

スレート屋根の寿命は15~20年ほどとされていますが
厚さ5mm程度ととても薄い屋根材なので強度が低く
割れやすいというデメリットもあります。
ですがとても軽量なので耐震性には優れています。
今回はこのように、屋根全体が黒ずんでおりカビや苔なども
発生しておりますが・・・。
スレート屋根は防水性が低く、雨や紫外線などの影響により
変色や苔の発生などもしやすいです。
劣化が始まると、耐久年数にかかわらず寿命が早くなってしまいます。
スレート屋根を長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要です。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000014.JPG

今回は屋根カバー工法という方法で既存のスレート屋根は
そのままの状態で上から新たな基材を被せていく方法で
メンテナンスを行っていきます。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000002.jpg

まずは棟板金を全て撤去してから始めていきます。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000001.jpg

棟板金を撤去したので、スレート屋根の上からルーフィングシート
(防水シート)を下葺きしていきます。
ルーフィングシートは屋根を雨から守る重要な役割を
しているものなので、しっかりとした施工が必要です。
既存のスレートを撤去する必要がないので、撤去費用や
基材の処分費用などを抑えて施工が可能ですし、工期日数も
抑えて施工ができます。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000007.jpg

いよいよ本体基材の施工です。
今回はアスファルトシングル屋根、オークリッジスーパーを施工します。
アスファルトシングル屋根はガラス基材にアスファルトを浸透させ
表面に石粒を吹き付けて接着してある屋根材です。
とても軽量で耐震性に優れており、アスファルト材なので水を
吸い込む事もなく、耐水性、防水性にも優れています。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000005.jpg

シート状の基材なので複雑な屋根の形のお家にも施工ができます。
手作業でしっかり固定をしていきます。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000009.jpg

弾力のある屋根材なので雨音の心配もありません。
7色のカラーバリエーションがあり、様々なお家に対応できます♪
凹凸の陰影がとてもオシャレですね。

20200513tokorozawashiyanekaba-o-kurizzi000006.jpg

棟板金で固定して完成です。
棟は本体基材と同じオークリッジ素材のもので仕上げる事も
可能です。

スレート屋根をご使用中のお家の場合は防水機能が低下する
10年前後でしっかり塗装などのメンテナンスを行う事を
おすすめします。
傷みが進んでしまった場合でもこのように屋根カバー工法などで
しっかりメンテナンスを行う事ができますのでご安心下さい。


gaiso.png


所沢市 築20年経年劣化苔、カビ発生スレート屋根のカバー工事


所沢市で築20年経年劣化苔、カビ発生スレート屋根のカバー工事。

こんにちは。
本日ようやく政府から「緊急事態宣言」が発表されるようですが・・・。
近隣の小・中学校では入学式や始業式も延期になっているようです。
日々、お家で待機をする事しかできる事がなく、お子さんたちに
とっても苦しい日々でもあると思いますが、少しでも早く
終わりがくる事を願って、できる事から自粛に応じた生活で
乗り越えていきましょう!!

本日は所沢市で築20年のお家のスレート屋根の劣化が気になるという
事でご依頼をいただきました。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000000.jpg

既存のスレート屋根の状態です。
傷みがとても酷いですね。
表面の塗膜もボロボロですし、防水塗膜は全く機能していない
状態です。防水塗膜が剥がれてしまっているので水捌けも
悪く、苔やカビがびっしりです。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000001.jpg

ここまで傷みが進んでしまうと、塗装でのメンテナンスは
厳しくなってしまいます。
今回は屋根カバー工法という、既存のスレート屋根の上から
新しい屋根材を被せて工事を行う方法でメンテナンスを
行っていきます。

20200304higashisayamagaokacyousasennzyou000007.jpg

まずはお家全体をバイオ高圧洗浄でしっかり洗浄を行い
既存の汚れや苔やカビをしっかり落としていきます。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000003.jpg

バイオ高圧洗浄を終えて綺麗になったスレート屋根です。
高圧洗浄の威力で汚れは全て取り除けました。
まずは棟板金を新しいものに付けかえるので撤去していきます。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000004.jpg

棟板金で覆っていた屋根の接合部分から水などが侵入して
いないか?破損などがないかしっかりチェックします。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000005.jpg

新しく板金の下地となる枕木を設置していきます。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000006.jpg

新しい棟板金を被せて屋根の接合部分を塞ぎ、雨水の浸入が
ないようにしっかり固定します。
通常は屋根工事の最後に棟を被せて終わりますが、今回の施工は
棟の付け替えが先になります。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000007.jpg

いよいよ本体基材の施工に入ります。
既存のスレート屋根の上から工事を行うので既存の屋根材の
撤去や処分費なども抑えた施工が可能です。
今回はイージーガードで施工します。
イージーガードは錆に強い高耐久のガルバリウム鋼板です。
このように、専用接着剤を使い直接屋根にイージーガードを
貼り付けて被せていく施工方法になり、ビスを止めたりする
必要がないので、穴をあけて既存屋根を傷付ける事もなく
雨漏りのリスクも少なくなります。
専用接着剤も過酷な条件に耐えられる耐水性、耐久性も
優れたものを使用しております。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000008.jpg

このように、一枚、一枚、屋根の頂部上から下に向かって
既存スレートの上下嵌合部にしっかり差し込み接着していきます。

20200407tokorozawashiyanei-zi-ga-do000010.jpg

しっかり接着をして完成です!
20年以上塗り替えなども必要なくとてもコストパフォーマンスに
優れた屋根材、イージーガード。
スレート屋根材を使用しているお家の方におすすめです。

gaiso.png

入間市で台風で剥がれたスレート屋根を火災保険を使用しカバー工法で補修


入間市で台風で剥がれたスレート屋根を火災保険を使用しカバー工法で補修。

こんにちは。
今週末は夜に向かってお天気が崩れる地域もあるようですね。
県内でもコロナウイルス感染者の報道もありましたが
体調に気を付けて過ごしていきましょうね!
本日もたくさんの現場へお伺いさせていただいております。
施主様、よろしくお願いいたします。

本日は台風で剥がれてしまったスレート屋根のお家の補修を
ご紹介します。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000012.JPG

昨年の台風の時にスレート屋根の一部分がこのように剥がれて
飛んでしまったので、この部分だけ直したいというお話でご連絡
をいただきました。
屋根の状態を全体的に調査させていただきました。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000008.JPG

前回塗装をしてからもお時間がだいぶ経過しているという事
ですが、経年劣化による防水塗膜が剥がれてしまっている状態
が見受けられます。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000007.JPG

屋根全体の様子になります。
このように、屋根の形も少し珍しいタイプの形状のお家です。
屋根の勾配も急勾配な屋根です。
屋根の補修になると、小さな補修でもほとんどは足場を
かけなくては作業ができません。
屋根に足場をかけるにはそれなりに足場費用の方も必要になって
しまいますし、勾配が急だったり、屋根の形状によっても足場の
費用は変わってきますので、せっかく足場をかけて作業をするならば
屋根の劣化の状態も含めて、一部分の補修ではなく全体的に
メンテナンスを行う方が今後の状態を考えてもいいと思うので
全体的にカバー工法を行い新しい基材でカバーをし補修を行う
方法をご提案させていただきました。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000000.JPG

既存の屋根の屋根基材を押さえている棟板金を外して屋根の
施工を進めていきます。

今回、台風での破損という事なので火災保険も適用して工事を
する事ができます。
火災保険は火災の時だけでなく、台風による被害や雪害など
自然災害による家屋の破損などにも使用する事ができます。
保険が使用できると、ご自身の負担も少なくお家を安全に直す
事ができるので、台風による破損などの場合は火災保険の使用を
ぜひご相談下さい!

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000002.JPG

今回は屋根カバー工法という、既存の屋根の上からカバーして
工事を行っていく方法で施工をします。
既存のスレートを剥がしたり撤去をする必要がないので撤去費用や
基材の処分費用などもかからず、施工費用を抑えて工事が行えます。

既存のスレートの上にまずはルーフィングシートを敷いていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割をしており、屋根を雨から守る
最も重要なシートになります。
この防水シートの施工をしっかりしていないと、屋根の本体基材より
屋根の内側へ流れこんでくる雨を防ぐ事ができません。
シートの敷き方や、留め方にも注意が必要になります。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000003.JPG

ルーフィングシートの施工が終わったら本体基材の施工へ
入ります。
下から一枚、一枚ビスで固定して張っていきます。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000011.JPG

今回はガルバリウム鋼板と芯材(断熱材)を一体化した
高性能な金属屋根、スーパーガルベストを使用し施工をします。
金属屋根にもたくさん種類がありますが、ガルバリウム鋼板製の
この屋根材は耐用年数、性能などを比較し総合するととても優れている
屋根材になります。とても軽量なので耐震性にも優れていますし
硬質ウレタンフォーム(断熱材)が一体化されている事で
雨音などの遮音性も優れていたり、また断熱材で遮熱性能も
優れていたりと、メリットがたくさんあります。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000006.JPG

屋根の頂部の接合部分の棟板金をしっかり取り付け屋根材を
固定して完成です。

20200307irumashiyanekaba-su-pa-garubesuto000009.JPG

スーパーガルベストは塗膜保証15年、赤錆保証20年、
穴あき保証25年と、とても高耐候な屋根材なので保証期間も
長く、長期間メンテナンスの必要がありません。
意匠性にも優れていて最近では外壁に金属板金を使用する
お家もあります。
スレート屋根の劣化が気になるお家の方、ガイソー所沢店へ
お気軽にご相談下さい♪

gaiso.png

1  2  3  4  5  6  7
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店