所沢市屋根葺き替え工事で板金屋根施工


所沢市屋根葺き替え工事で板金屋根施工。

こんにちは。
本日はガイソー所沢店、Webチームは社内研修でブログやHP
の事を学びました。今はインターネットが主流の世の中ですから
インターネットからお客様に会社の事を知っていただく事も
とても多いので、HPの中にお客様に知っていただきたい
リフォームの知識や工事の内容、ガイソー所沢店の事を
たくさん掲載させていただきたいと思うので、お家の事で
何か気になる事があった時には一度、ガイソー所沢店を
検索してみて下さい。お客様が探していた答えが見つかる
きっかけになるかもしれません♪

今回は屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。

2020221tokorozawashiwagaharayanefukikae000013.JPG

既存屋根は板金屋根です。
雨漏りがあるという事で見させていただきました。
経年劣化による傷みですね。
錆ができている場所などがどんどん腐食が進み、穴などが
あいてしまうと、そこからどんどん雨が内部へと浸入
し始めます。
錆は一度つくと自然に落ちる事はありません。
どんどん傷みが進んでしまうので、錆をなるべくつけないように
しなくてはなりません。

2020221tokorozawashiwagaharayanefukikae000004.JPG

まずは、既存の板金屋根を全部撤去していきます。
野地板が見えてきました。
だいぶ野地板が劣化しているようなので重ねて増し張りをして
屋根の強度を上げていきます。

2020221tokorozawashiwagaharayanefukikae000007.JPG

一枚、一枚野地板を張りつけていきます。
既存の野地板が傷みすぎてしまうと増し張りでのメンテナンスが
難しくなってしまう事もあります。
その場合は既存の野地板も全て撤去してから新たに張り直す方法に
なるのでとても大がかりな工事になってしまい、工期も長くなりますし
費用も大きなものとなってきます。
屋根の雨漏りなどが始まった時は長期間放っておかずに早めに専門業者に
屋根の調査を依頼してみて下さい。

2020221tokorozawashiwagaharayanefukikae000008.JPG

野地板を増し張りしたら、続いてルーフィングシートの
施工です。
ルーフィングシートは雨を屋根の本体基材より中側へと
浸入させないように、屋根を守ってくれる重要なシートです。
この施工をしっかり行っていないと雨漏りを引き起こす原因にも
なるので、シートの留め具や留め方にも気を付けて施工を行います。

2020221tokorozawashiwagaharayanefukikae000009.JPG

本体基材を取り付けていきます。
今回は縦平ロックを使用します。
素材は板金屋根ですが、瓦棒屋根とは違って垂木を使用しない
ハゼ止めを使用します。
和風なお家にも洋風なお家にもすっきりとした仕上がりで
造り上げる事ができます。
縦平ロックのメリットは施工費用が安価な事やとても軽量な
屋根材なので耐震性にも優れています。
勾配が少ない屋根にも施工ができます。
勾配が少ない屋根は使用できる基材がとても限られてしまいます・・・。

2020221tokorozawashiwagaharayanefukikae000011.JPG

最後に棟板金をしっかり取り付けて完成です。
屋根の頂部のこの部分は屋根の基材の接合部分となり隙間が
あいてしまうので、そこをしっかり棟板金で塞がないと雨水が
浸入してきてしまいます。
台風などでも飛散してしまうなどの破損が起こるのは棟の部分が
大半となるので定期的に棟のメンテナンスはしっかり行って下さい。

2020221tokorozawashiwagaharayanefukikae000019.JPG

縦平ロック(板金屋根)完成しました。
板金屋根は雪などは滑り落ちやすいので必ず雪止めも設置が
必要です。
とても綺麗に仕上がりましたね!
屋根の勾配が少なく、施工費用も抑えたい!という方には
縦平ロック工法おすすめです。

gaiso.png

所沢市 天井から雨漏り発生し板金屋根葺き替え工事を行いました。


所沢市 天井から雨漏り発生し板金屋根葺き替え工事を行いました。

こんにちは。
乾燥した日が続きますね。火の元に注意して過ごしましょう。
年明けから、現場の方も進めさせていただいております。

本日は屋根の葺き替え工事の様子をご紹介します。
天井から雨漏りが発生しているという事で状態を
確認して補修をしっかり行っていきたいと思います。


2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000017.JPG

既存屋根の様子です。
板金屋根ですが、劣化がみられますね。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000018.JPG

棟板金が外れてしまっていて、木下地が見えてしまっている
部分もあります。
この部分は見えたままだと、どんどん木部は腐食していって
しまうので、補修が必要です。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000016.JPG

棟板金が外れている事もあり、やはり雨が内部へ浸入
してしまっています。天井から雨漏りが始まってしまって
います。天井が雨水によりシミが広がっていてたるんでいる
ようにみえます。
このままでは家の傷みがどんどん進んでしまいます。
屋根の下地から直していく必要がありそうです。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000000.jpg

既存の板金を剥がしていきます。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000003.jpg

ここまで剥がしました。
屋根の基板となる野地板が見えました。
普段は屋根の基材で覆われているため、見る事もメンテナンスを
する事もできません・・・。
屋根の葺き替え工事をする時は野地板もしっかりメンテナンスを
していく貴重な機会となります。
既存の野地板はだいぶ傷んでいますね。
穴があいてしまっている箇所もありますし、木の腐食もあるので
このままこの野地板を使用するのは強度的にも危ないです。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000004.jpg

傷んでいる部分をしっかり補修をして新たな板で
野地板を増し張りでメンテナンスをしていきます。
野地板は耐震性や耐風性など屋根の構造を支えている部分です。
しっかりとした施工が必要です。
増し張りは既存の野地板の上から新たな板を重ねて張ります。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000006.jpg


野地板が張れたので、その上からルーフィングシートを
敷いていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割をします。
雨漏りをさせないためにもルーフィングシートの施工は
とても重要です。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000009.JPG

今回は立平葺きで新たに施工をします。
立平葺きは金属屋根です。板金だけでできている素材です。
立平葺きは屋根の形や大きさに合せて、あらかじめ工場で
加工されてきた板金を貼りつけて施工をしていくので
工期も短く、コストを抑えて施工ができとても軽量なので
耐震性にも優れています。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000010.JPG

最後に棟板金を取り付けていきます。
棟は屋根の頂部になり、屋根の接合部分で基材と基材の
間に隙間ができてしまうため、棟を取り付ける事で
雨の浸入を防ぎます。

2020tokorozawashiminamisumiyoshiyanefukikae000012.JPG

雪止めも設置し、完成です!
完成後には屋根の安全もしっかりと人の目、手で確認して
完了検査を行っていきます。

gaiso.png

新座市で屋根葺き替え工事。立平スタンビーを施工しました。


新座市で屋根葺き替え工事。立平スタンビーを施工しました。

こんにちは。
今週もスタートです♪
ここの所、週末は運動会が行われている幼稚園や小学校が多いですね!
秋の深まりを感じます♪
今週末には、また台風の接近が関東地方にも影響が出てくる
可能性もあるようなので、事前にお家まわりの点検や備えを
しっかり行っておきましょう。

本日は既存かわらUの屋根を立平スタンビーへ
葺き替え工事を行った様子をご紹介します。

20191003niizashitatehirabuki000000.JPG

既存屋根の状態です。
こちらはセキスイかわらUといって名前から瓦を連想
させますが、瓦ではなく波形スレート屋根材なのです。
そして、こちらの製品が販売されてから40年以上経って
いるものなので、その頃の製品に関してはアスベストを
含んでいる製品がほとんどです。
アスベストが含まれている基材に関しては通常の廃材の
ようには廃棄ができないので、処分方法も特殊となり
処分代金も変わってきます。
こちらのお家のかわらUはアスベストの検査に出した
所、アスベストは含まれていないようでした。
表面の塗装も剥がれ、ボロボロになっていますね・・。

20191003niizashitatehirabuki000003.JPG

今回は既存の屋根は全て撤去し、新しい基材で葺き替え工事
を行っていきます。
かわらUを剥がすと、さらに板金屋根が出てきました。
一度、板金屋根の上からかわらUをカバー工法にてリフォームを
されているようですね。
板金も全て撤去します。

20191003niizashitatehirabuki000005.JPG

古い基材やルーフィングシートを全て撤去し、野地板を
増し張りしていきます。
野地板は屋根の基板となるのでしっかりとした施工と
強度が必要です。
増し張りといって、既存の野地板の上に被せて新しいものを
張っていく方法です。

20191003niizashitatehirabuki000006.JPG

野地板の増し張りが終わり、ルーフィングシートを
敷いていきます。
ルーフィングシートは防水シートの役割をします。
屋根を雨から直接守ってくれているのは屋根本体より
ルーフィングシートが重要な役割をしています。
日新工業株式会社の改質アスファルトルーフィング
「カッパ」を使用します。

20191003niizashitatehirabuki000008.JPG

ルーフィングシートの施工が完成しました。

20191003niizashitatehirabuki000009.JPG

今回は立平葺き屋根材のスタンビーを使用し施工をします。
こちらのお家の屋根は勾配が少ないため、立平葺きでないと
雨水の水捌けが悪くなってしまうので、このような場合は
立平葺きをご提案させていただきます。
髙い防水性を兼ね備えている屋根材です。

20191003niizashitatehirabuki000010.JPG

屋根の接合部分です。
この接合部分はどうしても隙間ができてしまうため
ここに棟をしっかり取り付けないと、この隙間から
雨水が中へ浸入してしまいます。

20191003niizashitatehirabuki000013.JPG

棟と雪止めをしっかり取り付け完成です。
スタンビーは学校の体育館の屋根などにも使われていて
湾曲の施工も可能です。

gaiso.png

1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店