入間市で劣化した雨樋の塗装メンテナンス作業


こんにちは!
本日は入間市での雨樋の塗装作業の様子をご紹介していきます。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 塗装リフォーム 現地調査 (21).jpg

こちらは塗装前の雨樋の様子です。
既存の雨樋は一般的な塩化ビニル素材の雨樋でした。
上から見た限りゴミのつまりなどはなく、
またひび割れなどの大きな破損もありませんでしたので、
今回は塗装によるメンテナンスのみ行うことになりました。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装リフォーム 雨樋塗装 (1).jpg

こちらも破風軒天などと同じくローラーを使い塗装します。

こうした雨樋は頑丈な塩ビでできてはいますが、
太陽光などの紫外線が長期間当たり続けますと、やはりどうしても
歪みやひび割れなどが出てきてしまう部分になります。

そのため、そうした劣化をなるべく遅らせるためにも、
塗装によるメンテナンスで耐久性を上げておくのが重要なんですね。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装リフォーム 雨樋塗装 (4).jpg

作業は他の外壁塗装や屋根塗装などと同様に
中塗り、上塗りと繰り返し塗膜を厚くして耐久性を上げていきます。

ちなみにこうした塗装の各工程の間(下塗りと中塗り、中塗りと上塗りの間など)には、
必ず乾燥させる時間というのも必要になりますので、
塗装リフォーム時にはそうした時間も確保されているか、
施工業者などにはキチンと確認しておきましょう。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部 ベランダ防水 塗装リフォーム 施工後 (9).jpg

雨樋と併せて軒天や破風なども塗装を行いキレイになりました!
こうした附帯部の塗装作業は外壁や屋根リフォームと一緒に
足場がある時にまとめて行った方が、施工費も安くなりますので、
ぜひご検討してみて下さい♫


gaiso.png











飯能市 雨樋歪み 苔発生 雨樋付け替え パナソニックPC50


こんにちは!

今回は、先日現地調査を行った飯能市の施工の様子をお伝えしていきます。


こちらのお宅は、雨樋の清掃と、状態の確認のご要望で調査を行ったのですが、他にも屋根や外壁などメンテナンスした方が良い箇所が見つかり、作業を行うことになりました。
今日は、雨樋付け替え工事の様子をお伝えします!


既存の雨樋です。

20200909hannou000001.jpg

20200909hannou000002.jpg

20200909hannou000000.jpg

雨樋に苔がたくさん生えている箇所や、歪みが見られました。
このような歪みや苔、落ち葉の詰まりなどをそのままにしておくと、雨樋の水がスムーズに流れず、地面に落ち、跳ね上がって外壁を汚したり、劣化が進み雨漏りにつながったりします。


付け替え工事の流れは、まず既存の雨樋を取り除き、水糸を使って雨樋の傾斜を決めていきます。
雨樋は、雨水がスムーズに流れるよう、若干の傾斜をつけて取り付けていくので、とても大切な工程です。

傾斜が決まったら雨樋を支える支持金具を取り付け、雨樋を設置します。

最後に、雨がきちんと流れるかどうか確認をし、作業は完了です!
歪みもなく綺麗な雨樋に整いました!

全体完成3.JPG

今回使用した雨樋は、パナソニックPC50です。
こちらはプラスチックの特徴である「腐食しない」「優れた耐久性」とスチールの「強度」を合わせ持った高品質なアイアン製の雨樋です。


ちなみに、この雨樋工事、風災、火災、雪災、雹災などの自然災害などの災害による被害の場合は、火災保険の補償の対象になる場合があります。
該当するかどうかわからない場合もあると思いますので、気になることがありましたら、ガイソー所沢店にご相談くださいね!

詳しくはこちらもご覧ください。
火災保険について
https://www.gaiso-tokorozawa.com/insurance.html

火災保険適用事例はこちらもご覧下さい!
こちら←

gaiso.png

所沢市 雨樋歪み 雨樋取り換え工事


こんにちは!
8月も終わりに近づいてきましたが、まだまだ暑い日が続きそうですね。


今日は、所沢市の雨樋工事の様子をお伝えします。

既存の雨樋の様子です。

20200829tokorozawa000004.jpg

20200829tokorozawa000005.jpg

経年劣化により、歪みが見られます。

雨樋は、常に風や紫外線にさらされていますし、近年増えてる大雨や、雪の重みなどでも劣化が進んでいきます。
雨がうまく流れるように、少しずつ傾斜をつけて設置してあるのですが、こうなってしまうとスムーズに雨水が流れず、歪み部分から直接地面に落ちて跳ね上がったり、外壁や屋根も傷んでしまうことがあります。

ということで、雨樋の取り換え工事を行うことになりました。

既存の雨樋を取り除いたら、水糸を使って傾斜を測りながら雨樋を支える支持金具を付けていきます。

水糸を張り、傾斜を決めます。
20200829tokorozawa000006.jpg


水糸に従って、支持金具を付けます。
20200829tokorozawa000007.jpg

傾斜は緩すぎても雨が流れずらく、きつすぎると集水器に負担がかかってしまうので、重要な作業です。



支持金具の取り付けが終わったら、横樋を付けます。

20200829tokorozawa000008.jpg



集水器、下に向かって雨を排水する縦樋を付けます。

20200829tokorozawa000009.jpg

20200829tokorozawa000000.jpg


最後に、雨がきちんと流れるかどうかの確認を行い、工事は完了です。
これからの雨の季節も安心して迎えられそうですね!


20200829tokorozawa000002.jpg

20200829tokorozawa000003.jpg

20200829tokorozawa000001.jpg

この雨樋工事、実は火災保険が適用される場合があるのをご存じでしょうか?

風災、火災、雪災、雹災などの災害による被害の場合、火災保険の補償の対象になる場合があります。
経年劣化なのか、災害によるものなのかわからないものもあると思いますので、ぜひ、お気軽にガイソー所沢店までご相談くださいね!

詳しくは、こちらをご覧ください!
火災保険適用工事について
https://www.gaiso-tokorozawa.com/insurance.html

gaiso.png

1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店