狭山市の方へ!塗料に含まれている4つの成分をご紹介


こんにちは!

外壁や屋根の塗装に使われている塗料。外装の美観を高めたり、雨や風などから住宅を保護したり、重要な役割を担っています。今回は、そんな塗料に含まれている4つの成分をご紹介します。

塗料の成分

20200805_toryou_seibun01.jpg

塗料を構成しているのは以下の4つの成分です。

①顔料
②樹脂
③溶剤
④添加剤

この成分が合わさることで、住宅を紫外線や雨・風から守ってくれる「塗膜」になります。それぞれの成分の量によって、価格や性能にも違いがでてきます。一般的に樹脂が多いものほど価格が高くなりますが、その分耐久性もアップします。

顔料

20200805_toryou_seibun02.jpg

顔料は塗料の主成分ともいえる成分で、主に塗料の「色」を作っています。私たちが目にしている塗膜は、この顔料の部分と考えて良いでしょう。顔料自体が色を持っている粉末固体です。

樹脂


主成分である顔料だけではまだ「塗膜」としては十分機能しないため、樹脂を加えています。顔料を「塗膜」としてしっかり密着させる働きをもっています。樹脂の種類は「アクリル系」「ウレタン系」「シリコン系」「フッ素樹脂系」と分けることができ、その種類によって耐久性や性能が決まります。

溶剤


塗料を適切な粘度に調整したり、塗料を塗った際の仕上がりをよくするために加えられる成分です。シンナーや水など、樹脂を溶かしたり薄めたりする透明の液体です。

添加剤


防カビ・低汚染・抗菌・防藻など、塗料の性能をあげるための補助薬品です。目的に合わせて、必要な添加剤を少し混ぜ合わせて使います。

塗料選びは慎重に!

20200805_toryou_seibun03.jpg

住宅の外装にとって、塗料はとても重要な存在です。価格が安いという理由で選んでしまうと、耐久性が低く結局すぐに塗り替えを行う必要がでてきてしまうことも...。そうなっては、余計にコストがかかってしまいます。

どんな塗料を使用するか迷ったときは、ぜひご相談ください。それぞれの塗料の特徴をふまえて、ぴったりのものをご提案させていただきます。

外装の塗装工事はガイソー所沢店にお任せください!

20200805_toryou_seibun04.jpg

「長く我が家に住み続けたい」「きれいな外観を保ちたい」とお考えの方は、外装のメンテナンス・塗装工事をしてみてはいかがでしょうか。ガイソー所沢店では無料でお見積もり、ご相談も受け付けております。

所沢だけでなく、入間市、狭山市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!


gaiso.png

【所沢市】スレート屋根の劣化!高耐候フッ素塗料で屋根塗装を行いました


こんにちは!

先日、所沢市のお宅でスレート屋根の塗装工事を行ってきました。
今回は、その様子をご紹介していきます。

施工前の様子

20200731_tokorozawa_yanetosou01.JPG

化粧スレートと呼ばれる屋根材を使用していますが、色褪せや汚れ、コケなどの付着が目立ちます。色褪せは紫外線の影響を受けることによって起こり、塗装が劣化しているサインなのです。

塗装によって防水性を保っている屋根では、色褪せは防水機能が低下しているということを指しています。塗装を行って、しっかりと防水性を高めてあげましょう!

作業の流れ

①高圧洗浄
20200731_tokorozawa_yanetosou02.jpg

屋根の汚れなどをしっかりと落としてあげます。高圧洗浄については、こちらの記事でも解説しています。

②下塗り
20200731_tokorozawa_yanetosou03.jpg

ガイソー所沢店の塗装工事では、3度塗りを基本にしています。まず一番はじめに行うのが「下塗り」です。この作業は、中塗り・上塗りの塗料のムラをなくし、しっかりと定着させるための重要な工程です。細かいクラック(ひび)などがある場合、伸びる性質がある弾性塗料を使用して、ダメージを補修することもあります。

③中塗り
20200731_tokorozawa_yanetosou04.jpg

基本的に上塗り塗料と同じものを使用して、塗装を行っていきます。今回使用したのは、「ガイソールーフガードフッ素」と呼ばれる塗料。長期間にわたって屋根の防水性を維持できる高品質な塗料です。

中塗りは、下塗りした塗料の色を消して、上塗りとの密着性を高めるために行われます。また、上塗り塗料を補強したり、仕上がりをキレイにするためにも重要な工程です。

④上塗り
20200731_tokorozawa_yanetosou05.jpg

中塗りと同じ「ガイソールーフガードフッ素」を使用します。上塗りをすることで、雨風や紫外線に対する強度を高め、耐久性をあげていきます。また、仕上がりを美しくするためにも重要な作業といえるでしょう。

⑤作業完了

施工後の様子

20200731_tokorozawa_yanetosou06.jpg

施工後の屋根は、新品のように美しくなりました。

経年劣化で色褪せが発生している屋根も、塗装を行えば性能を高めることが可能です。スレート屋根全体に浮きやズレなどが発生してしまうと、葺き替えや重ね葺き(カバー工法)を行う必要性が出てきてしまうため、そうなる前にメンテナンスをするのがオススメですよ。

屋根の塗装はガイソー所沢店にお任せください!


屋根の塗装が劣化すると、防水性がなくなり雨漏りなどにつながりやすくなってしまいます。塗装工事を行って住宅を守っていきましょう♪

ガイソー所沢店では、屋根の塗装・葺き替え・屋根カバー工法など、さまざまな工事を承っています。無料でお見積もり、ご相談も受け付けております。

所沢だけでなく、入間市、狭山市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!


gaiso.png

日高市 スレート屋根塗装 高耐候フッ素塗料で塗装


こんにちは!
今日は、先日行った、日高市のスレート屋根塗装の様子をお伝えします。

20200726hidaka000005.jpg

こちらの屋根はスレート屋根と言って、粘板岩や、セメントを板状にした部材で、普及率の高い屋根材です。
スレート屋根の寿命は20年前後と言われていますが、メンテナンスをせずにいると、寿命が早まってしまうことがあります。

既存の屋根の状態です。

20200726hidaka000004.jpg

酷く傷んでいる様子は見られませんが、紫外線劣化によって防水機能が減退している状態です。
色褪せや、苔が生えているような箇所が見られるため、塗装をし、スレート屋根の防水効果を高めていきます。
スレート屋根はとくにこの防水効果を高めておく事が大切で、苔や藻、カビを発生させてしまうと
傷みが酷くなってしまいます。


施工の様子です。

まずは、高圧洗浄で古い汚れや苔、カビを落とし、塗料がしっかりと密着するよう下地処理をします。

20200726hidaka000006.jpg

下塗り→中塗り→上塗りと、3回に分けて塗装をしていきます。屋根の状態によっては、それぞれの段階で、複数回塗ることもあります。

今回はガイソールーフガードフッ素を使用しました。ガイソールーフガードフッ素は、長期間に渡って紫外線や雨からスレート屋根や金属屋根の防水性を守る、高耐候な塗料です。

20200726hidaka000000.jpg

下塗り

20200726hidaka000001.jpg

中塗り

2020_07_13_21_00_54_595_2.jpg

上塗り

完成です。
とてもきれいな屋根になりましたね!

20200726hidaka000002.jpg

スレート屋根の劣化症状には

・色褪せ

・苔の発生

・ひび割れ

・欠け

・反り

などがあります。

スレート自体には防水性はなく塗料を塗って防水効果を出しているのですが、色褪せが起こるとその効果が薄れてきている状態なので、スレートが水を含み、劣化がどんどん進行してしまいます。

築7年前後から劣化が始まると言われており、劣化が進むと、塗装だけではすまず、葺き替え工事やカバー工事など、大掛かりな補修が必要になります。

およそ10年前後でメンテナンスを行い、建物をきれいに維持していきましょう!

gaiso.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店