狭山市 現地調査 外壁・下屋根・付帯部塗装


こんにちは!

肌寒い日が増えてきましたが、体調などいかがでしょうか?

今日は、狭山市の、現地調査の様子をお伝えします。



こちらのお宅は、経年劣化による外壁の汚れや、下屋根の錆が気になっていたということで、現地調査を行いました。

それではさっそく見てみましょう!





外壁の様子です。

20201016sayama000000.jpg

20201016sayama000002.jpg


20201016sayama000009.jpg


外壁に汚れて黒ずんでいる箇所が見られます。
特に、水分が乾燥しにくい屋根や雨樋の近くなどがひどく黒ずんでいますね。



ひび割れている箇所もあります。

20201016sayama000008.jpg


汚れや塗料のひび割れは、塗料の防水効果が薄れている可能性があるので、雨漏りなどで建物自体の傷みにつながらないうちにメンテナンスが必要です。
こちらは外壁塗装を行っていきます。

外壁塗装のメンテナンスはおよそ10年が目安と言われています。
ご自宅の状況を確認して、定期的なチェックをおすすめします!




下屋根の様子です。

20201016sayama000005.jpg

20201016sayama000006.jpg

下屋根とは、1階部分についている屋根のことを指します。
かなり広範囲に錆が広がっています。
このまま放っておくと腐食が進み穴あきなどがおきてしまう可能性があるので、しっかりと補修をしていきます。



20201016sayama000010.jpg

こちらは軒天と言って、建物から外側に出ている屋根の裏側ですが、ここにも黒ずみが見られます。
黒ずみは、汚れだけでなく、雨漏りなど雨水が浸み込んで劣化している場合もあります。
軒天だけが劣化している場合は軒天補修をすればいいのですが、屋根からの雨漏りによる場合や、劣化が進み、屋根の基礎部分にまで傷みが広がっている場合は大掛かりな補修が必要になるので、早めの対処が必要です。



軒天には、一部板が剥がれているところもありました。

20201016sayama000011.jpg

この部分から雨水や湿気が入り込んでしまったり、穴があき虫や害獣の住処になってしまうトラブルもあります。
また、台風や強風の際にさらに剥がれが進み屋根材が飛んでしまい、近隣のお宅を傷つけてしまう恐れもあるので、しっかりと補修したいところですね。




雨戸や破風にも塗料が剥がれているのが確認できました。

20201016sayama000004.jpg

20201016sayama000012.jpg

こちらも塗装の防水効果がなくなっている状態です。
雨水が浸み込み劣化が進む前に、塗装を行っていきます。




それぞれの施工の様子は、またお伝えしていきます!

気温差の激しい時期ですので、皆さんお身体にお気をつけてお過ごしください!

gaiso.png

所沢市和ケ原でコーキングを使用したひび割れ(クラック)補修作業


こんにちは!
今回は所沢市和ケ原の外壁塗装前のひび割れ(クラック)補修
作業をご紹介していきたいと思います。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (31).jpg

こちらのお宅は前回までに屋根塗装を終えましたので、
次に外壁塗装へと移りますが、その前に現場調査で写真のような
ひび割れが多数ありましたので、まずは下地補修から行っていきます。
写真は2階ベランダ部分の外側からの写真です。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (7).jpg

より近くで見ますと、かなり大きい亀裂が入っているのが分かりますね。
このまま放置しますと、雨漏りになる恐れがあります。
また、さらに腐食が進みますとベランダ自体が崩れてしまう危険性も出てきます。
そうなる前にしっかりと補修していきましょう。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (8).jpg

写真の様にひび割れ部分にコーキングを注入し補修を行います。
なお、コーキングにはシリコン樹脂のものとウレタン樹脂のものがありますが、
こうした補修にはシリコン樹脂のものを使うのが一般的です。
ウレタン樹脂のものはシリコンより耐久性が高いというメリットがありますが、
一方でウレタンは乾燥後も粘着性が残ってしまうため、
コーキングした部分にホコリなどの汚れが付いてしまうというデメリットがあるためです。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (10).jpg

他の外壁部分、目地の箇所にもひび割れが発生しておりましたので、
こちらもコーキングを使用し補修していきます。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修(15).jpg

補修が無事完了しました!
コーキングは長期に渡り劣化せずに品質が保たれるため、防水性も維持しながら
建物の腐食、雨水の浸入などによる劣化を遅らせる効果があります。

ちなみに、こうしたコーキング補修はDIYにより行うことも可能ですが、
外壁に合った色、注入する部分の掃除や、空気や水分が入らないように施工することなど、
意外に気を付けなければならないことも多くあります。
また、自分自身でDIYによる補修をしても、しっかりと密着しておらず、
すぐにまた剥離してしまい劣化が進行するケースなども見られます。
そのため、できることならプロに任せた方が安心でしょう。

ガイソー所沢店では塗装によるメンテナンスだけでなく、
こうした外壁のひび割れ屋根の破損などの補修も随時行っておりますので、
ぜひお気軽にご相談下さい!お見積りも無料です♫


gaiso.png



現地調査で雨漏りになりやすい外壁ひび割れを確認 所沢市


こんにちは!

今回は先日ご紹介した所沢市の和ケ原の方の現地調査の続きをご紹介していきます。
前回の記事はこちら↓↓↓
現地調査でスレート屋根の劣化を確認 所沢市和ケ原


所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (13).jpg

こちらは玄関上の下屋根になります。
下屋根も大屋根と同じく様々な形状をしたものがありますが、
今回は「切妻(きりづま)」の屋根でした。

数多くの住宅で見られるこの形の屋根ですが、
メリットとしてはやはり施工コストが安いこと、
そして雨漏りをしにくい形状であるという点があります。
今回こちらの部分は特に大きな劣化は見られませんでした。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (20).jpg

続けて外壁の状態も確認していきます。
既存の外壁はモルタル外壁でした。
こちらは2階外壁部分の様子ですが・・・
よく見ると雨筋汚れがあるのが分かりますね。
こうしたよごれも洗浄・塗装を行うことによりキレイになりますので、
リフォームを検討する際にはこうした汚れがないかも確認してみて下さい。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (19).jpg

さらに注意深く外壁を見ていきますと・・・
こちらは2階ベランダ部分の外壁ですが、ひび割れ(クラック)ができててしまっています。
こうしたひび割れは放置してしまいますと雨水などが浸透し、
雨漏りに繋がるおそれがありますので、早めに補修などの対策が必要になります。
基本的にはこうしたひび割れは外壁塗装の前にしっかりと補修しますので、
外壁塗装を検討する際にはこうした点も覚えておきましょう。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (4).jpg

さらにこちらは敷地まわりのモルタル外壁部分ですが、
ここも大分汚れが付着しているのが分かりますね。
今回はこちらも洗浄でキレイにしてから塗装を行うことになりました。

現地調査をふまえた見積もりの結果、
こちらのお宅は屋根塗装、外壁塗装、付帯部塗装を行うことになりました。

ガイソー所沢店ではこうした現地調査、見積もり作成は無料で行っておりますので、
屋根や外壁リフォームをお考えの際にはぜひ一度、ご相談下さい!



gaiso.png






1  2  3  4
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店