狭山市で錆びて傷んだ金属屋根の塗り替え塗装リフォーム


こんにちは!
本日は狭山市での下屋根の塗装リフォームの様子をご紹介します!

変換 ~ 狭山市 屋根カバー、下屋根塗装工事 下屋根塗装 (4).jpg

こちらのお宅は色褪せスレートも剥がれてしまった既存の屋根の状態が気になり、
メンテナンスをしたいということでお問い合わせを頂きました。
現地調査で屋根診断を行ったところ、塗装でのメンテナンスは難しいという判断になり、
今回は軽量屋根材による屋根カバー工事を行うことになりました。
そこで大屋根部分は耐久性もあり軽量なセネター(SENATOR)を施工し、
メンテナンスも手間が掛からず断熱性も高い屋根にリフォームされました。

続けて下屋根の塗装リフォームに今回は入っていきます。
下屋根は金属製の立平葺き屋根でした。色褪せが進行しておりましたが、
大きな破損や傷みは見られませんでしたので、塗装によるメンテナンスを行います。
まずは上の写真のように、下地の汚れを落とすためのケレン作業から行います。



続いては下塗りの塗装作業へと移ります。
下塗りの工程は外壁塗装や付帯部の塗装でも同様に行われますが、
ケレン作業と同じく上塗りする塗料の密着性を高めて、耐久性を良くしますので必ず行います。
今回はそれほど酷くありませんでしたが、塗装が色褪せてしまいますと、防水性も下がります。
そのまま放置していますと、屋根が錆びたり腐食を起こしますので、大がかりな補修工事などに
なる前にできればこうした塗装のリフォームを行った方が良いでしょう。

下塗りを行った後はしっかりと乾燥させ、中塗りと上塗りを行っていきます。
塗料にはそれぞれ適切な乾燥時間が定められておりますので、適度に時間を置くことが重要です。



下塗り塗装後には中塗りを行い乾燥させ、さらに上塗りで重ね塗りを行い仕上げていきます。
下屋根や付帯部の庇は窓に入る直射日光を遮る、または雨が入るのを防ぐという役割もありますが、
その分傷みも早く劣化しやすい箇所になってきます。
ぜひご自宅の庇や下屋根が傷んできていないか、定期的に確認してみてもらいましょう。

また、今回下屋根は塗装によるリフォームを行いましたが、
こちらも大屋根と同じくカバー工事を行うこともできます。
大屋根と下屋根で違う屋根材によりリフォームすることも可能ですので、
住宅の用途や環境、デザインも含めて最適な屋根材を検討してみてください♬

セネター(SENATOR)に関しては下記の記事もご参照ください↓↓↓
飯能市の屋根カバー工事で超軽量屋根材セネターを施工
地震対策にもなる超軽量屋根材セネターのカバー工事 狭山市

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png


























入間市で経年劣化し塗膜剥がれのあった庇の塗り替えリフォーム


こんにちは!
本日は入間市で行った下屋根、庇の塗装リフォームの様子をご紹介していきます。

変換 ~ 入間市 屋根葺き替え 付帯部塗装 手すり設置 現地調査 (5).jpg

こちらのお宅は瓦屋根のお宅でしたが、重量もあるため軽量の屋根にしたいとのことで
リフォーム見積もりのご依頼をして頂きました。そのため、瓦屋根は全て撤去し新しく下地も施工、
防水紙も耐久性・防水性の高い改質アスファルトルーフィングで下葺き作業を行いました。
その後、超軽量屋根材のセネター(SENATOR)を施工してリフォームを行い、
地震が来ても安心な住宅に生まれ変わりました!

今回は続けて付帯部塗装のリフォームへと入っていきます。
現地調査では写真のように庇や下屋根に、塗膜の剥がれのある箇所が確認できましたので、
防水性を高めるために塗り替えるリフォームを行っていきます。



下屋根は写真のような金属屋根でしたが、経年劣化し塗膜が剥がれている状態でした。
そのため古くなって剥がれかけている塗膜を剥がしていきます。
剥がれかけた塗料の上から塗装を行っても、またすぐに剥がれてきてしまうためです。
そのためこうした削り作業や、その他にも汚れやサビを落として塗料の密着を高める
「ケレン」と呼ばれる下地処理が、塗装の仕上がりを良くするポイントになります。
下地処理は怠るとまた数年で塗料が剥がれてしまいますので、丁寧に行っていきます。



下地処理が終わりましたら続けて塗装を行っていきます。
こうした庇や下屋根の塗装でもローラーを使用して塗り替えていきます。
以前はスプレー等による吹き付け工法なども多くのリフォームで見られましたが、
最近では塗料飛散を予防するため、また塗装の仕上がりもこちらの手塗りの方が良いということから、
こうして時間は多少掛かっても手塗りによる塗装が増えてきました。

庇や下屋根は普段から太陽の光が当たり、雨風にも晒され劣化しやすい箇所になります。
塗膜の剥がれからさらに経年劣化が進行し、ボロボロになりますと今回のように
塗装によるメンテナンスだけでは済まず、さらに費用の掛かるカバーや交換工事も必要になります。
そうなる前に、ぜひ定期的に点検や補修メンテナンスを検討してみてください。



ベランダ下の下屋根もしっかりと塗装していきます。
こうした金属屋根や金属製の付帯部、笠木や雨戸、戸袋なども塗装することができます。
屋根リフォームや外壁リフォームで新しくなった外観と、バランスを取り美観を良くするためにも、
ぜひこうした箇所の塗装や塗り替えリフォームを検討してみてください。

ガイソー所沢店ではこうした庇や下屋根塗装、その他ベランダ防水工事や
屋根・外壁塗装などのお住いのリフォームを行っております!


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png



入間市で軒天や雨樋を塗り替える付帯部塗装リフォーム


こんにちは!

本日は入間市で行った付帯部塗装の様子をご紹介していきます。

変換 ~ 入間市 屋根・外壁塗装 付帯部 雨樋塗装.jpg

こちらのお宅は現地調査で屋根にコケ汚れ、外壁には雨筋汚れやチョーキングが見られました。
そのため、高耐久のフッ素樹脂塗料による屋根塗装、防カビ・防藻性のある
シリコン樹脂塗料で外壁塗装リフォームを行いました。
その様子はこちらから↓↓↓
高耐久のフッ素樹脂塗料で屋根塗り替えリフォーム 入間市
防カビ・防藻性のあるシリコン樹脂塗料で外壁補修リフォーム 入間市

今回は続けて付帯部塗装リフォームへと移ります。
写真のようにまずは雨樋から行っていきます。
雨樋は雨水による建物へのダメージを軽減してくれる効果がありますので、
こうしてメンテナンスすることが重要です。



さらに軒天も塗装していきます。
軒天は役割として美観の向上や雨水、そして日差しでの外壁劣化防止などの役割がありますが、
そのほかにも延焼防止や屋根裏の換気を促す効果などもあります。
意外にも重要な役割を多く果たしていますので、こうして塗装などで
メンテナンスしておくことは重要になります。



塗りムラがないように丁寧に塗装して仕上げていきます。
軒天はメンテナンス方法としては塗装による方法の他にも、
増し張りという既存の軒天の上にさらに新しい軒天材を張る方法、
そして著しく損傷している場合には張り替えなどの補修もあります。
ちなみに軒天は広く設けると、日差しがより遮られたり、
雨が窓に当たりにくくなったりなどのメリットもありますが、
1m以上屋根の出がありますと建築費用も高くなりますのでご注意ください。



狭い部分もしっかりと重ね塗りを行い塗装していきます。
付帯部塗装は屋根や外壁と一緒に行えば足場代なども節約できますので、
リフォームの際にはぜひ一緒に行ってみてください!

軒天に関しては下記の記事からも見れますのでご参照ください。
狭山市の皆様~あなたの「軒天」お元気ですか?
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png








1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店