飯能市で雨戸のケレン作業、塗装リフォーム工事


こんにちは!
本日は飯能市で雨戸の付帯部塗装を行いましたので、
その様子をご紹介していきたいと思います。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (10).jpg

こちらのお宅は屋根に傷みがありましたのでカバー工事を行い、
外壁もひび割れ補修、外壁塗装を行いました。

今回は付帯部の一つ、雨戸の塗装の様子を見ていきます。
現地調査時は写真のような雨戸の状態でした。
汚れが付着しており、色褪せも見られる状態です。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー 外壁塗装 付帯部塗装 (2).jpg

塗装は他の付帯部部分、外壁塗装と同じような手順で行います。
従ってまずはペーパーを使用した研磨作業、ケレンから行います。
古い塗膜や表面についたゴミや汚れを落としていきます。
塗装によるリフォームは女性の化粧と同じような感覚で、
下地となる部分をまずはキレイにしてから行うのが必須となります。
下地処理を行わないとしっかり塗料が密着せず、耐久性も保たれないためです。



ケレンを行いましたら必要に応じてサビ止めを塗布、
そして写真のように塗装を行っていきます。
ここではローラーを使用していますが、塗りにくい溝部分などは
刷毛なども使用して塗装していくこともあります。



こちらも中塗り、上塗りと塗装していき膜厚を付けたら完成です!

こうした雨戸の他、庇や軒天、破風や水切りなどの建物部分を
付帯部と言いますが、塗装リフォームを行う際には屋根や外壁と
一緒に行った方が足場代や人件費も節約できますのでお得です。
予算の都合が合えばぜひ、付帯部塗装も検討しましょう!

ガイソー所沢店ではこうした付帯部リフォームも随時受け付けております♬

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png











入間市で雨戸、帯板などの附帯部塗装リフォーム


こんにちは!
本日は入間市での付帯部塗装の様子をご紹介していきます!

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装 雨戸、帯板、鼻隠し塗装 (3).jpg

こちらのお宅は屋根塗装とツートンカラーによる外壁塗装、
そして軒天や破風などの付帯部を塗装することになりました。

上の写真は帯板と言われる建物の付帯部です。
塗装前にペーパーでこすることにより、表面の汚れを落とし、
さらに摩擦することで表面をざらつかせ、塗料の付着を良くします。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装 雨戸、帯板、鼻隠し塗装 (4).jpg

ケレン作業で研磨しましたら下塗り作業へと進んでいきます。
この下塗りもさらに中塗り、上塗りで塗布する塗料の密着効果を高めます。

ここまで密着にこだわる理由としては、より長く耐久性を保つために
しっかりと塗膜を厚くし建物を守るためという理由があります。
いくら中塗りや上塗り塗料が耐久性の高いものであっても、
下地である外壁や付帯部に密着していないと、塗装リフォームをしても
また数年程度で剥がれてきてしまうという自体が数多くあるためです。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装 雨戸、帯板、鼻隠し塗装 (5).jpg

帯板の塗装作業が完了しました。
帯板は建物の意匠性を良くする効果がありますので、
劣化してくると目立つ部分もあります。
外壁のリフォームと併せて行えば足場代も節約できますので、
ぜひ一緒に塗装のメンテナンスをご検討ください♫

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装 雨戸、帯板、鼻隠し塗装 (2).jpg

同様にして雨戸ケレン作業で磨きます。
雨戸もサビや汚れをまず落としてから、塗装へと進みます。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装 雨戸、帯板、鼻隠し塗装 (1).jpg

ローラーや塗りにくいところは刷毛などもも使いながら塗装します。
雨戸も外壁や屋根と同じく普段から風雨に晒され劣化しやすい部分ですので、
こうしてメンテナンスをすることが必要なんですね。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 附帯部塗装 雨戸、帯板、鼻隠し塗装 (8).jpg

塗装をしたら写真の様に乾燥させる時間も必要になります。
外壁塗装や屋根塗装とも同様に、下塗りや中塗り、上塗りの間の
乾燥時間が必要であるという点と同じですね。

塗料には必ず乾燥時間というものが必要になりますので、
もし塗装リフォームを行うさいには、こうした乾燥時間も考慮して
行程や計画をたてているかも業者にしっかりと確認しておきましょう!

ガイソー所沢店ではこうした付帯部も塗装リフォームを承っておりますので、
気になる方はお気軽にお問い合わせください!



gaiso.png




狭山市 付帯部塗装 破風・雨戸・庇 塗装剥がれ


こんにちは!


今日は、狭山市の付帯部塗装の様子をお伝えしていきます!




まずは破風塗装の様子です。

こちらが既存の破風になります。
20201029sayama000006.jpg

塗装が剥がれている様子が見られますね。
この状態だと、破風板に雨水が浸み込み、雨漏りや腐食など、どんどん劣化が進んでしまいます。
傷みがひどくなると、破風板自体が使えなくなってしまいますので、早めのメンテナンスが必要です。


まずは、高圧洗浄、ケレン(ヤスリなどを使って塗料や汚れを取り除く作業です)を行い、塗料がよく密着するように下地を整えていきます。
 
破風ケレンの様子です。
20201029sayama000007.jpg

20201029sayama000008.jpg



塗装は、何度か重ね塗りをしていきます。


下塗りの様子
20201029sayama000009.jpg


中塗りの様子
20201029sayama000012.jpg 


完成の様子です!
20201029sayama000010.jpg






次に、雨戸・庇の塗装です。

既存の雨戸と庇です。
20201029sayama000005.jpg


こちらも先程の破風と同じように、塗料の剥がれがありますね。
劣化が進む前に、しっかりメンテナンスが必要です。

高圧洗浄後、ケレンを行います。
20201029sayama000000.jpg


下塗りの様子
20201029sayama000001.jpg


中塗りの様子 
20201029sayama000003.jpg



雨戸庇塗装の様子です。
金属部分の傷みを放っておくと、錆の発生につながることもあるので、注意が必要です。

下地処理後、塗装を行います。
20201029sayama000013.jpg


雨戸と庇が完成しました!
20201029sayama000004.jpg


塗料は、紫外線や雨水から建物を守ってくれる役割がありますが、寿命はおよそ10年と言われています。
塗料の効果が切れたまま放っておくと建物の基礎部分などの傷みにつながり、大掛かりな補修が必要になってしまいます。
そうなる前に、こまめなチェックをし、大切なご自宅をきれいに維持していきましょう!

gaiso.png

1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店