汚れの酷かったベランダをウレタン防水塗料でリフォーム工事 飯能市


こんにちは!
本日は飯能市でのベランダ防水工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根塗装 外壁塗装 現地調査 (4).jpg

こちらのお宅は前回までに付帯部塗装を行い、
軒天や雨樋などの塗装を行いました。

今回は最後の行程、ベランダの防水工事へと進んでいきます。
上の写真は現地調査の時の写真ですが、分かる通りかなり汚れがありました。
そのため、高圧洗浄により汚れを落とし下地処理をしてから作業へ入ります。

変換 ~ 飯能市 屋根塗装 外壁塗装 ベランダ防水工事 (1).jpg

高圧洗浄を行いしっかりと乾燥したのが確認できましたら、
まずは防水工事専用のプライマーを使用して下塗りを行います。
屋根や外壁、付帯部と同じく下塗りを行うことでこの後に塗る
防水塗料の密着効果を高め、塗料が既存下地に吸い込まれて
ムラが出てしまうのを抑制するようにしていきます。

変換 ~ 飯能市 屋根塗装 外壁塗装 ベランダ防水工事  上塗り.jpg

下塗りが乾燥したら中塗りを行っていきます。
今回使用する防水塗料はオートン社の「オートンウレアックスHG」です。
オートンウレアックスは硬化後は強靭な塗膜を形成するウレタン防水塗料で、
FRPのベランダ、バルコニーの防水リフォーム工事などにおススメの塗料です。
施工も複雑な形状のベランダやバルコニーでもしやすく、耐久性も高い
防水塗料になりますのでぜひ、防水工事の際にはご検討ください!

変換 ~ 飯能市 屋根塗装 外壁塗装 ベランダ防水工事 (4).jpg

上塗りも行いさらに乾燥させましたら防水工事の完成です!
ベランダ部分の塗膜剥がれや劣化は雨漏り
酷くなると建物内部を腐食させてしまったりというケースもありますので、
そうなる前にお早めにこうしたメンテナンスをしてみて下さい!

ガイソー所沢店ではこうしたベランダやバルコニーの防水工事などを
随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせください♫


ぜひ一度、外壁塗装の際にはご検討してみて下さい♫

gaiso.png























入間市でウレタン防水塗料を使用した防水工事


こんにちは!
本日は入間市でのベランダ防水工事の様子をご紹介していきます!

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 ベランダ防水工事 (2).jpg

こちらのお宅は屋根塗装、外壁塗装、付帯部塗装、そして
ベランダ防水工事を行うことになりましたので、今回はいよいよ最後の
ベランダの防水工事の工程となります。

まずはベランダ内の高圧洗浄作業を行い汚れを除去、
その後は防水工事専用のプライマーを塗布し、塗料の密着効果を高め、
写真の様に防水塗料を塗布していきます。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 ベランダ防水工事 (1).jpg

ベランダ防水工事は他の外壁や屋根塗装と同様に
下塗り、中塗り、上塗りと重ね塗りを行うことで塗膜を厚くします。
重ねて塗ることで耐久性を高めているんですね。
塗装後はしっかりと乾燥させることで硬化し、防水性も高まります。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 ベランダ防水工事 (5).jpg

上塗りもしたらさらに乾燥させていきます。

今回使用したのはオートン社の「オートウレアックスHG」になります。
耐候性試験においては20年以上の耐候性があるとされており、
硬化後は強靭な塗膜を形成し、防水性を長期に渡り維持し建物を守ります。

変換 ~ 入間市 屋根 外壁 ベランダ防水工事 (4).jpg

エアコンの室外機の下などもしっかりと塗装します。
施工に際しては移動させて頂くこともありますのでご了承ください!

ウレタン防水シート防水と違い複雑な形状のベランダでも施工可能です。
既存のFRP防水塗膜が剥がれた上からもこの防水工事によって
新たにリフォームできますので、ベランダの状態が気になる場合には
ぜひ一度、ガイソー所沢店にご相談下さい♫

見積もり、点検は無料で行っております!



gaiso.png











雨漏りしやすい重要部分...笠木の役割や目的の解説! 狭山市


ベランダ 笠木 役割 機能

こんにちは!
今回は意外と雨漏りしやすいベランダやバルコニーなどの「笠木」に関してです。
屋根や外壁と比べるとあまり気にされない方も多いかもしれませんが、
この部分からの劣化が雨漏り繋がっているケースはよく見られます。
そこで今回はまず、笠木の役割や機能について改めて見ていきたいと思います。

知っておきたい笠木の基本的な役割、機能とは?

ベランダ バルコニー 笠木

それではまず、笠木についての基本的な解説になります。
笠木はベランダやバルコニー部分の手すり部分、塀や腰壁、
パラペット等の最も上部に施工される部材のことを言います。
屋外だけでなく屋内でも階段部分の手すり、キッチンの腰壁などにも
取り付けられているケースがありますが、その目的は主に
意匠性を高める、また防水性を高めるという役割があります。

笠木の役割その1 意匠性について

笠木 オシャレ 意匠性 役割

まず意匠性についてお話ししますと、普段住宅街などを歩いた際、
家全体のデザイン性を高めるため、また美観を維持するために
エクステリアにもこだわってキレイにしているお宅も見られるようになりました。
ブロック塀だけですとどうしても無機質で、面白味もなく地味になってしまいます。
しかしながら、こうして塗装などでブロックとは異なる色づけや、
オシャレな笠木を施工し被せることで、アクセントの効いた外観を演出することができるんですね。


笠木の役割その2 防水性について

ベランダ バルコニー 笠木 役割

笠木の役割として意匠性のお話しをしましたが、外塀の役割としては
それ以外にも雨垂れ、またブロック部分の劣化を防ぐといった機能もあります。
同様にして写真のようなベランダやバルコニー部の手すり壁も
防水性を高めるという重要な役割が実はあるんですね。
建物から外に突き出た形であるベランダやバルコニーは、
外壁や屋根と同じく普段から風雨に晒され劣化しやすい部分になります。
手すり壁内部に雨水が浸水してしまうと建物自体の劣化や腐食を早めてしまいますので、
その対策として防水性の高い笠木を施工し防いでいるのです。


笠木にも案外重要な役割があることが分かりましたね!
オシャレにこだわり、意匠性の高い笠木にするのも素敵ですが、
防水性も考えて新築時やリフォーム時にはぜひ色々な種類を見てみて下さい♫



gaiso.png







1  2  3  4  5  6
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店