日高市 ベランダ防水塗装 オートンウレアックスHG


皆さんは、ベランダのメンテナンスについて考えたことはありますか?

ベランダは、常に雨風にさらされる場所で、屋根や外壁より、メンテナンスの必要性を感じない方もいるかもしれません。
しかし、定期的なメンテナンスを行わなければ、雨漏りがおこり、ひどくなると建物の構造自体に影響が出てしまうこともあるのです!

ということで、今日は、ベランダ防水塗装の様子を見ていきたいと思います。

日高市の、ベランダ防水塗装の様子です。

20200804hidaka000005.jpg



オートンウレアックスHGを使って塗装をしていきます。
こちらは、高い耐候性、耐久性を持ち、1Day工法が可能な優れた塗料となっています!


まず、清掃をし、周辺が汚れないように養生していきます。
ベランダには室外機などが置いてあることが多いので、塗料が付かないよう養生シートで覆ったり、その下も
塗りやすいように対応していきます。

下地処理が終わったら、プライマーを塗布します。
20200804hidaka000000.jpg

オートンウレアックスHGを2回に分けて塗布します。
20200804hidaka000001.jpg


しっかり乾燥させたら、完成です!
20200804hidaka000004.jpg


防水塗装は、家を建ててから10年程で劣化が見られ始めると言われています。
ベランダの劣化症状には、
・色褪せ
・ひび割れ
・塗装の剥がれ
・水たまり
などがあります。
傾斜がついている屋根などと違い、ベランダは床が平坦になっているため水が溜まりやすく、歩いたり、物を置いたりする機会も多いことから、劣化が早く進むこともあるのです。
まずは、自宅のベランダがどのような状態なのか確認し、定期的なメンテナンスをしていきましょう!!

gaiso.png

入間市経年劣化によるベランダの防水塗装


入間市経年劣化によるベランダの防水塗装。

こんにちは。
昨日の大雪にはびっくりしましたね!ちょうど外出自粛の日と
重なり、良かったように思いますが・・・。
今朝は志村けんさんの悲しいニュースが入ってきて、コロナウイルスの
恐ろしさをまたとても強く感じました・・・。
お仕事や通院や日常生活などでもどうしても外出が必要な方も
おられると思いますが、お家で過ごせる方はなるべくお家で過ごして
少しでも早く終息に進めるように皆さんで力を合わせて毎日過ごして
いきましょう。

本日は入間市でベランダの防水の劣化が気になるというお客様からの
ご依頼でベランダの防水塗装を行いました。

20180828-irumasiKsama08.JPG

既存の状態です。
築25年という事なので、表面は傷んでいますし
すでに防水機能はなくなってしまっているので
しっかり防水塗装を行わないと、今後雨漏りに
つながる可能性が高いでしょう・・・。
表面の塗膜が剥げてしまっている部分も多く見られますね。
ベランダの防水塗膜の寿命はおおよそ10年程です・・・。
10年を過ぎると、防水効果が落ちてきてしまいます。
外壁や屋根の塗装の周期と同じくらいになるので外壁や屋根のメンテナンスを
行う際は、必ずベランダも一緒に防水塗装を行った方がいいです。

20180828-irumasiKsama62.JPG

塗装の前にまずは高圧洗浄で汚れをしっかり落としていきます。
既存の汚れや古い塗膜をしっかり落としてからでないと
新しい塗装の密着がよくなく、持ちも悪くなってしまいます。

20180828-irumasiKsama56.JPG

まずは専用プライマーで下塗りから行います。
このプライマーは研磨作業やアセトン拭きなどの必要が
ないので下地処理の手間や粉じんの心配もなく施工が
一日もあれば完了します。

20180828-irumasiKsama58.JPG

今回はオート化学工業のオートンウレアックスを使用します。
このベランダ防水材は硬化した後、とても強靭な塗膜となって
髙い耐久性を発揮してくれます。
20年以上の耐久性があるという試験結果も出ています。
一度、防水塗装を行えば、長期間メンテナンスの必要が
ないので経済的にも優しいです。

20180828-irumasiKsama59.JPG

二回目の塗装です。
ウレアックスは二回の塗装で完成します。
液状なので平坦な場所でなくても塗装を行う事ができます。
均一に厚みを持たせて塗っていき、しっかり乾かして完成です。

20180828-irumasiKsama47.JPG

綺麗に仕上がりましたね。
これで雨が降っても安心です。

ベランダは毎日外で雨や風、紫外線などの過酷な条件に
さらされている場所なので、劣化も進みます。
劣化が進み、雨漏りなどを発生させてしまうと、構造上の
方まで影響が出てくる事もあるので、しっかり定期的に
防水塗装のメンテナンスを行い、防水性を必ず保って
おきましょう。

gaiso.png

バルコニー・ベランダのウレタン防水!!


バルコニー・ベランダのウレタン防水!!

こんにちは。今週は急な雨や雷に注意!なんて
いう予報も言われていますが、今朝からとても
晴れていますね♪
先日、ひょうが突然降った日がありましたが
皆さんのお家は無事でしたか?
ひょうでベランダの波板が壊れてしまった!
などのお問い合わせを多くいただいています。
小さい破損でも放置しておくと、雨漏りを
引き起こしたりする事もありますので、メンテナンス
は大切です。

どのお家にもベランダやバルコニーが必ずある事が多いと
思いますが、近年では狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニー
をガーデニング等に活用しているお家も多く見られます。
防水工事の必要性を知らずにメンテナンスを怠ると、室内へ
雨漏りなどのトラブルを引き起こします。
その中でも施工がしやすく、価格もそこまで高価なものではなく
とても施工が多いウレタン防水をご紹介します。

ウレタン防水とは・・・?
ウレタン樹脂を塗布して防水層を形成します。
液体なので、平坦な場所でなくても施工が可能です。
現在、国内で行われている防水工事の半数がウレタン防水
工事にあたります。

ブログバルコニー防水.jpg

ウレタン防水が選ばれる理由は・・・?
①安価に施工ができる
ブログバルコニー防水②.jpg
10㎡程度のバルコニーやベランダであればさほど
価格は気になりませんが、ビルの屋上など広い場所に
施工をする際はコストがとても重要にもなってきます。
ですが、安価だからといって他の防水と比べて耐久性が
低いという事もなく、優れた防水塗料の一つです。

②複雑な場所にも施工が可能
塗料なので、平坦な場所でなくても施工が可能です。
そして、既存防水層の上から重ね塗りが可能でも
あります。
ウレタン防水は継ぎ目もなく剥がれなどを起こす心配
などもないため、防水層の撤去・処分費もかけずに
補修が可能です。

③伸縮性が高い
ウレタン樹脂はポリウレタンとも呼ばれているプラスチックの
素材です。洋服や接着剤など私たちの生活の身近なものにも
利用されていますが、柔軟性・弾性・耐衝撃性・防音性などにも
優れた素材です。高い柔軟性で防水層のひび割れを起こしにくく
させ雨漏りの発生を防ぎます。

注意点としては・・・・。
・仕上がりは職人の腕次第!
防水面は勾配がほとんどない地面を雨水をスムーズに
排水溝に流していかなければなりません。
ウレタン塗料を塗装の際には3mmほどの厚みになるように
均一に塗り重ねていく技術が必要です。
知識や経験がとても重要な作業となります。
・塗料の乾燥に少し時間がかかります。
FRP防水の塗膜の場合だど硬化が非常に速いの
ですが、ウレタン防水の場合は最低でも3日くらいは
必要です。


ブログベランダ防水③.jpg

ウレタン防水はほとんど臭いもありません♪
作業中、窓は閉めていただきますが臭いは
ほとんどありません。
赤ちゃんやペットがいるお家でも安心して
施工ができますので、ご相談下さい。

20190515beranndabousuikoramu000000.jpg

防水層までの傷みがみられない場合には
トップコートのみの塗布でも補修が可能です。
トップコートには防水層を紫外線から守り
劣化を防ぎます。防水層の塗装までしなくて済む
ためにも、早めの補修が大切です。
gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店