狭山市<屋根のリフォーム>「屋根カバー工法」と「葺き替え」はどう違う?


こんにちは!
気温差の大きい日が続き、体調管理にも注意が必要な今日この頃。皆さまはいかがお過ごしですか?

当社では、狭山市や近隣地域の方から屋根のリフォーム工事のご依頼をいただくことも多いのですが、その工法は大きく2種類に分類することができます。それが「屋根カバー工法」と「葺き替え」と呼ばれる工法です。屋根のリフォームを検討している方の中には、「どちらを選べば良いかわからない」といった方もいると思います。そこで今回は、「屋根カバー工法」と「葺き替え」の違いをご紹介していきます。


「屋根カバー工法」とは

20200623_tokorozawashi_yanekaba+fukikae01.JPG
※当社で施工した「屋根カバー工法」の屋根です。

屋根カバー工法というのは「重ね葺き」とも呼ばれており、その名前の通り今ある屋根は撤去せず、その上から新しい防水材と屋根を重ねていく工法のことを言います。

20200623_tokorozawashi_yanekaba+fukikae02.JPG
※施工中の様子。

<屋根カバー工法のメリット>

今ある屋根はそのままで上から重ねていくため、工期が短く済みます。また廃材が出ないため、廃材の処分費用がほとんどかからず、費用も少なく済むことが最大のメリットです。
さらに、工事中も普段通り家で過ごすことができるのは、嬉しいメリットと言えるのではないでしょうか。また、施工後は二重屋根になるため、断熱性と遮音性が向上するという点も挙げられます。

屋根カバー工法のデメリット>
屋根カバー工法の最大のデメリットは、もとの屋根が瓦屋根の場合には施工することができないという点です。そのため、瓦屋根を使用している方は、葺き替えを選ぶしかありません。また、屋根の劣化状況によっては施工できない場合もあるため、注意が必要です。
なお、屋根カバー工法では、選べる屋根材が限定されてしまうこともデメリットと言えます。


「葺き替え」とは

20200623_tokorozawashi_yanekaba+fukikae03.jpg
※当社で施工した「葺き替え」の屋根です。

今ある屋根を解体・撤去して、完全に新しい屋根に葺き替えることを言います。表面に露出している屋根材だけでなく、その下にある野地板や防水紙といった部分も新しくします。

20200623_tokorozawashi_yanekaba+fukikae04.jpg
※施工中の様子。

<葺き替えのメリット>
すべて新しい屋根になり、防水紙や野地板まで変えることができるため、屋根は新築と同じ状態になります。そのため、屋根に抱えていた不安などを、一気に解消できるのは最大のメリットでしょう。おのずと、次のメンテナンスまでの期間も長くなります。
さらに、これまでより軽い屋根材を使用することで、耐震性を上げることも可能。外観の部分で言うと、これまでと違う屋根材を使用することで、思い切ったイメージチェンジをすることもできますよ。


葺き替えのデメリット>

屋根をすべて新しくするため、かなり大がかりな工事になってしまいます。屋根カバー工法と比較して、費用もかかりますし、工期も長くなる傾向があります。また、もとの屋根をすべて廃棄することになりますので、廃材が多くなることもデメリットと言えるでしょう。(廃材によっては、処分費用が嵩むこともあります。)


どちらを選ぶか迷ったら・・・


ガイソー所沢店では、無料でお見積もり、ご相談も受け付けております。屋根のリフォームを検討しているけれど「屋根カバー工法」「葺き替え」のどちらが良いかわからない・・・とお悩みの方は、ぜひ一度ご連絡ください。現在の屋根の状態や材質などを見させていただき、最適なプランをご提案いたします!

所沢だけでなく、狭山市、入間市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!

gaiso.png

【所沢市】屋根のリフォーム ~屋根カバー工法~


こんにちは!
梅雨に入りスッキリとしない日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

先日は、所沢市にあるお宅で屋根のリフォーム工事を行なってきました。今回は「屋根カバー工法」と呼ばれる工法を使用しましたので、その施工の様子を中心にご紹介していきたいと思います。

屋根カバー工法とは?


20200622_tokorozawashi_yanekaba01.jpg

屋根カバー工法というのは「重ね葺き」とも呼ばれ、もとの屋根の上から防水シートと新しい屋根を重ねる工法を指しています。屋根をすべて剥がしてから張り替えるよりも、工期が短く済みますし、リフォーム費用が少なくて済むのがメリットです
ただし、瓦屋根にはほぼ対応できませんので、検討している方は注意してくださいね。

施工の様子

20200622_tokorozawashi_yanekaba02.jpg


まずは、もとの屋根をきれいに洗浄し、屋根の頂点にある「棟(むね・ぐし)」と呼ばれる部分を撤去していきます。この部分は老朽化していることも多いので、新しいものに取り替えます。

20200622_tokorozawashi_yanekaba03.jpg

その後、防水シートを屋根一面に取り付けていきます。雨漏りなどを防ぐために重要な作業です。

20200622_tokorozawashi_yanekaba04.jpg


新しい「棟」を形に合わせて加工しながら設置して、平面部の屋根材を取り付けます。今回使用したのは「オークリッジスーパー」と呼ばれる屋根材です。オークリッジスーパーは、海外製品として初めて日本の防火試験に合格したという、デザイン性と耐久性を併せ持った質の良い屋根材になります。
細かな部分もその形に合わせて加工し、キレイに仕上げていきます。

施工前・施工後

20200622_tokorozawashi_yanekaba05.JPG

施工前の屋根の様子。

20200622_tokorozawashi_yanekaba06.JPG

施工後の屋根の様子。こんなにキレイになりました!

見た目がキレイになるのはもちろんですが、屋根カバー工法を用いた工事を行なうことで、耐久性・防水性などもアップします。また、「オークリッジスーパー」の弾力性から、雨音が軽減されることもありますよ。

屋根の老朽化が気になりだしたら・・・


ガイソー所沢店では、「オークリッジスーパー」はもちろん、さまざまな屋根材を取り扱っております。屋根の老朽化が気になりだした方、リフォームをお考えの方は、ぜひご相談ください。無料でお見積もり、ご相談も受け付けております。

所沢だけでなく、入間市、狭山市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!


gaiso.png

北秋津でスレート屋根の上に重ね葺きでイージーガードを施工しました


北秋津でスレート屋根の上に重ね葺きでイージーガードを施工しました。

こんにちは。
今日も秋晴れが続いておりますが、今週は台風の
進路が心配になりますね・・・。
週の後半には関東にも台風の影響が現れてくる
可能性もありますので、天気予報を気にかけ
台風の備えも行っておきましょう。

本日は屋根の重ね葺きの様子をご紹介します。

20190930kitaakithui-zi-ga-do000005.JPG

既存の屋根はスレート屋根です。
今回は既存屋根の上から屋根カバー工法でイージーガードを
施工していきます。
屋根カバー工法は既存の屋根の上から施工ができるので
撤去費用や既存基材の処分費用などがかからず施工が可能
です。
イージーガードはサビに強いガルバリウム鋼板の上に
有機系骨材を混ぜたポリエステル塗装を施したガルバリウム鋼板です。
平板スレートにぴったりフィットして高さや厚みも変えずに
施工ができるので、棟やケラバの交換も不要で施工ができます。

20190930kitaakithui-zi-ga-do000000.JPG

専用接着剤で直接屋根に被せていく施工方法になるので
ビスを止めたりする必要もなく、既存屋根を傷つけずに
施工する事ができ、雨漏りのリスクも少なくなります。
ルーフィングシート(防水シート)の施工も必要
ありません。
専用の接着剤も過酷な低温、高温にも耐えられとても
耐久性、耐水性に優れています。

20190930kitaakithui-zi-ga-do000003.JPG

一枚、一枚、丁寧に被せて貼り付けていきます。
イージーガードは平板スレート屋根に最適な改修工法と
なります。
既存屋根がアスベストが含有されてないスレート屋根などは
劣化がとくに激しく、割れなどが酷い場合は塗装でのメンテナンス
ができない場合などがあるので、そのような状態の時などにも
このイージーガードの施工が活躍します。

20190930kitaakithui-zi-ga-do000004.JPG

綺麗に仕上がってきました。
太陽光パネルがのっている屋根のメンテナンスにも
とても優れています。
一度施工したら20年以上、メンテナンスも必要ないので
耐久性・耐候性・施工性・安全性・コストパフォーマンスにも
優れた素材です。
既存スレート屋根からのリフォームにイージーガードは
いかがですか?
gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店