省エネでお得にリフォーム?所得税の減免制度について 入間市・所沢市


入間市 所沢市 省エネリフォーム減税  (4).jpg


こんにちは!
今回は省エネリフォームでできるお得な減税制度のご紹介です。
住宅にかかる資金は人生の中でも大きな支出ですよね。
そんな支出が減税のために利用できるのであれば、
積極的に活用していきたいと思いますので、少し深堀していきたいと思います!



省エネリフォームは所得税の控除が受けられる!

入間市 所沢市 省エネリフォーム減税  (5).jpg

では、まず省エネリフォーム減税についてですが、ある条件を満たす
省エネリフォーム工事を施工した場合での減税制度になります。
対象の工事を行った年度に、必要な書類を準備し手続きをして確定申告することで、
その年に納付した所得税が一部減税(控除)、還付金が戻る制度です。

では、実際にどれほど控除されるかという話になりますが、
こちらは工事に掛かる費用を住宅ローンで賄うか、
それとも自己資金を充てるかで変わります。

具体的に言いますと・・・

① 住宅ローンを利用して適用される減税制度 → 「ローン型減税」

② 住宅ローンに関わらず利用できる減税制度 → 「投資型減税」


の2つに分かれてきますので、ぜひ知っておいてください♫

省エネリフォーム減税 ~ローン型減税について!~

入間市 所沢市 省エネリフォーム減税  (3).jpg

それではまずローン型減税についてです。
控除の率や控除の期間、控除上限額は以下の様になります。

<控除率>

[A]省エネリフォーム工事費用の2%
+[B]省エネリフォーム以外の工事の費用の年末ローン残高1%

<控除期間>

リフォーム後、居住し始めた年から5年間

<控除対象限度額>

[A] 上限250万円

[A]+[B] 上限1,000万円


省エネリフォーム減税 ~投資型減税について!~

入間市 所沢市 省エネリフォーム減税  (1).jpg

続いては投資型減税についてです。
控除の率や控除の期間、控除上限額は以下の様になります。

<控除率> 

国が規定する省エネリフォームの

標準的な施工費用相当金額の10%を所得税から控除


<控除期間>  

リフォーム後、居住し始めた年1年間分のみ

<控除対象限度額>  

250万円(同時に太陽光発電を施工する場合は350万円)


減税が適用される条件などは?


入間市 所沢市 省エネリフォーム減税  (2).jpg


以上、ローン型減税と投資型減税についてでした。
省エネリフォーム減税でも色々とまた制度が分かれているんですね。

適用される条件としては主に

・自己所有で居住する住宅であること

・床面積の2分の1以上が居住用

・リフォーム完了後から6か月以内に入居

・リフォーム後の床面積が50㎡以上 などがあります。

詳しくは国税庁のHPにも記載してありますので、

ぜひ一度ご覧になってみて下さい♫

省エネ改修工事をした場合(住宅特定改修特別税額控除)↓↓↓

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1219.htm





gaiso.png





遮熱・断熱塗料の性能を示す熱伝導率と日射反射率とは? 所沢市の方へ


入間市 所沢市 遮熱塗料 熱伝導について3.jpg


こんにちは!
今回は再び遮熱・断熱塗料についてです。
以前に断熱と遮熱の言葉の定義について説明しましたが、
さらに塗料の性能の指標として用いられる「熱伝導率」と「日射反射率」
について今回は深堀りしていこうと思います。

「熱伝導率」・・・熱の伝わりやすさを示す数値

入間市 所沢市 遮熱塗料 熱伝導について.JPG

熱伝導率は、熱の伝わりやすさを表している数値で「W/m・K」と表記されます。
この熱伝導率の値が大きいと熱が伝わりやすく、
逆に小さいと熱が伝わりにくいということになります。
塗料の場合には使用する素材で熱伝導率が変わりますから、
セラミックなどを主成分とするような断熱塗料のケースですと、
塗膜自体に熱を溜めないという性質があることから、
低い熱伝導率を実現させることができます。

「日射反射率」・・・光を反射する数値を示す数値

入間市 所沢市 遮熱塗料 熱伝導について2.JPG

日射反射率とは太陽光に含まれる近赤外領域の光を
反射する数値を表したものです。
反射することにより塗膜、そして被塗物の温度上昇を
抑制することができる塗料のことを「遮熱塗料」と言います。
また、日射反射率は塗膜の明度(つまりは色の明るさを表す度合い)
に大きく影響を受けますので、明度が高く白に近い色ほど、
それに比例して日射反射率が高くなるという傾向があるようです。
反対に明度の低い黒色に比較的近い色については
塗料の遮熱効果をなかなか得られない可能性があります。

断熱塗料、遮熱塗料はぜひ熱伝導と日射反射率を考えて選びましょう!


入間市 所沢市 遮熱塗料 熱伝導について4.jpg

以上、熱伝導と日射反射率についての説明でした。
塗料によって熱の伝わり方も違い、色合いによっても反射率が変わるとなると、
どのようなものが自分の家のリフォームに適しているか悩みますね・・・

ご自宅近辺の環境や気候によって変えてみるのもいいと思いますので、
ぜひ、専門的な知識を持つ塗装業者にご相談してみて下さい!

もちろん、ガイソー所沢店も所沢、入間、狭山、飯能、川越などの地域で
こうした断熱・遮熱塗料を扱っておりますのでお気軽にお問い合わせください。



外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png










断熱と遮熱の違いって分かりますか? 所沢・入間の方へ 


所沢 入間 リフォーム 断熱 遮熱 違い.jpg

こんにちは!
今回は最近多く見かけるようになった断熱塗料・遮熱塗料に関する内容です。
その中でも意外と知らない「断熱」「遮熱」という言葉の定義から
特性や効果をお伝えしていきたいと思います。

「断熱」の言葉の定義・・・熱の電動を防ぐ

所沢 入間 リフォーム 断熱 遮熱 違い 断熱とは.jpg

まずは断熱塗料の断熱についてです。
断熱塗料の断熱の効果は、壁内部を伝わっていく熱の量を抑えます。
太陽熱による熱伝導を抑えるということは、
冬には熱が逃げるのを防ぎ、夏は熱の侵入を防ぐ効果があります。
その結果、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるようになるのです。

ちなみに「伝導」とは、温かい部分から冷たい部分へ物質の中を熱が伝わっていくことです。
温度差が大きいほど伝わる熱の量も多くなります。
塗料だけに限らず、断熱効果のある木材や材料は快適な暮らしに役立ちます。
とある調査では冬場の床面の温度を比較した場合、断熱リフォームの施工前と後で
4℃近くも温度が上がったという効果も出ているようです。

近年増えている急激な温度変化による高齢者の心臓麻痺やショック症状による死亡事故
(「ヒートショック」と言われています。)を防ぐ意味でも、
これからのリフォームにはぜひ、積極的に取り入れたい効果ですね。

「遮熱」の言葉の定義・・・熱の放射を妨げる

所沢 入間 リフォーム 断熱 遮熱 違い 遮熱とは.jpg

次に遮熱塗料の遮熱についてです。
遮熱塗料の特徴は「熱を反射する」点にあり、
太陽からの熱を吸収しないように反射する効果を持ちます。
これにより、室内には太陽の熱が伝わりにくくなるため、
断熱塗料同様、夏に熱の侵入を防ぎ、快適な環境を維持することができます。

ちなみに放射とは太陽などから出る光が対象を温めることを言います。
この遮熱によるリフォームは窓や屋根に行われることが多く、
窓の上に庇(ひさし)を取り付けたり、遮熱の塗料を屋根や窓に
塗布することで室内温度の上昇を抑制する目的で施工したりします。

遮熱塗料に関しては、まだまだ一般的に使用されていないことも多いため、
価格も通常の塗料に比べて高い場合が多いです。
しかしながら、身近にある窓ガラスへの施工などは気軽にできるため、
こちらもこれからのリフォームではぜひ取り入れていきたいですね。

これからのリフォームは「断熱」「遮熱」を賢く取り入れましょう!


所沢 入間 リフォーム 断熱と遮熱を賢く取り入れましょう.jpg

以上、断熱と遮熱の違いや効果についてでした。
いずれも省エネや快適な暮らしを考える上では重要なことが分かりましたね。
リフォームにおいては基本的には建物自体の構造、部材に関しては
断熱のものを使用し、日光が長時間あたる屋根や窓に関しては
遮熱のものを使用するなどの使い分けがいいかもしれません。

ぜひ、お住まいの建物や環境に合わせて塗料も選んでみて下さい♫

gaiso.png






外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店