防寒対策・リフォーム時に知っておきたい断熱材の種類 所沢市


断熱材 種類 断熱リフォーム エコ 所沢市

こんにちは!
本日は再び断熱材についてのコラムになります。
相変わらず寒い日が続きますが、今回は住宅に使われている
断熱材の種類に着目してその特徴などを見ていきたいと思います。
どういった断熱材が使われているのでしょうか?

主な断熱材の種類


断熱材 種類 所沢市

断熱材は主に繊維と繊維の間に空気が含まれたものである「繊維系」
そして気泡の中に空気が入っている「発泡プラスチック系」に分かれます。
ここではそれぞれから代表的なものを何点か見ていきたいと思います。

1.繊維系

① ロックウール
主に天然岩石などを原料とした人工的に作られた鉱物繊維になります。
熱に強い素材ですので火災対策という面でもメリットがある素材になります。
ただし、湿気には弱いという性質があります。

② グラスウール
主にガラスを原料として細かい繊維状にし成型した素材になります。
価格が安い、熱に強いという点がメリットとしてある素材です。
ロックウールと同じく湿気には弱いという性質があります。

③ セルロースファイバー
古紙などがリサイクルされてできた繊維素材を使用している材料です。
防湿性が良く、かつ調湿機能もあり、価格もそれほど高くないです。
デメリットとしては施工が難しい点がありますので、正しく施工できる業者でないと
期待していた断熱効果を得られないなどのケースもあります。

④ ウールブレス
複雑な構造である羊毛を使用した繊維素材になります。
衣類にも使われているように断熱性が高く、調質機能もある素材になります。
ただし、価格が高い、また比較的新しい素材ですので施工業者が少ないです。

2.発泡プラスチック系

断熱材 種類 特徴 所沢市

① 硬質ウレタンフォーム
ポリウレタン樹脂を主材料とし、発泡剤を添加して作られた素材です。
断熱性能や耐久性が優れているというメリットがあります。
ただし湿気に弱い、またコストが比較的高いというデメリットがあります。

② ビーズ法ポリスチレンフォーム
ポリスチレンを加熱・発泡させて成型した素材になります。発泡スチロールと同じ素材です。
形状を変えやすく加工しやすい、またコストも安く水や湿気などにも強い性質があります。
しかし耐火性が弱いため、火事などでは熱により収縮してしまいます。

③ 押出法ポリスチレンフォーム
ビーズ法ポリスチレンと同じく主材料はポリスチレンですが、製造方法が押出機で作られたものです。
加工しやすい、水や湿気に強いという性質は同じで、難燃剤が添加されてますので燃えにくい性質です。
ただし、全く燃えない訳ではないので、ビーズ法と同じく熱により収縮してしまう場合もあります。

③ フェノールフォーム
熱に対して強く燃えにくい熱硬化性樹脂でできた素材になります。
熱伝導率が低いため、断熱性能ではトップクラスで水や湿気にも強いです。
しかし、断熱性能が高いためその分価格も高いです。

断熱材の性能を考えて、防寒に最適な省エネ、エコリフォームをしましょう!

防寒 リフォーム 断熱材 種類 所沢市

以上、断熱材の種類に関してでした!
これほど多くの断熱材があると、リフォームの際にどれが良いか迷いますよね・・・
施工場所や環境によっても使用できる断熱材が違うようですので、
ぜひ信頼できる施工業者に相談して、防寒・エコ・省エネリフォームを目指しましょう!


gaiso.png
















冬の寒さを防ぐ外張り断熱・内断熱の外壁リフォームについて 所沢市


断熱 所沢市 リフォーム 寒さ対策.jpg

こんにちは!
本日は寒さも厳しくなってきましたので「断熱」に関して深堀りしたいと思います。
近年、大雪も降ることが出てきた関東ですが、その中で断熱リフォームを
行う方も増えてきたように思います。

そこで、今回は主に外壁の断熱について調べてみました!

様々な工法がある断熱リフォームについて


断熱リフォーム 防寒 所沢市.jpg

それでは外壁の断熱にはどのような種類・工法があるのか?
調べてみましたので、それぞれの違いを含めて確認してみて下さい。

① 外張り断熱工法

まずは外張り断熱工法についてです。
外張り断熱は住宅の柱の外側に対して断熱材を張り巡らせて、家全体を覆っていく断熱の工法になります。
柱 断熱材 防寒 リフォーム 外張り断熱.JPG
断熱材が隙間なく張られますので、断熱の効果は高い工法とされています。
内断熱の工法よりも結露しにくいという点もあるようです。
柱などを断熱材で覆わなくても済むので、室内スペースを広くとれる、
配管や電気系統の配線が変更しやすく施工もしやすい点もメリットです。

ただし、施工のコストとしては内断熱よりも高くなりやすく、
また断熱材と外壁が固定されていないと、劣化によりずれる恐れもあります。


② 充填断熱工法(内断熱工法)

もう一つの断熱工法は充填断熱工法(内断熱工法)です。
柱と柱の間に断熱材を充填し、敷き詰めていく断熱の工法になります。

内断熱工法 充填断熱工法 断熱 防寒 リフォーム 所沢市.JPG

こちらは柱で断熱材が途切れてしまいますので、その分熱の伝わりやすい場所
熱橋『ねっきょう』と言います)ができ、寒くなってしまう恐れがあります。
従来の日本の木造住宅が多く採用している断熱の工法になります。
断熱材として使用するのはグラスウール、ロックウールなどになります。

工期が長くなりやすい、またリフォームの際には室内の壁などを取り外して
断熱材を入れなければなりませんので、その間、家具などを別の場所に
移動させて保管しておかなければならないという手間も発生してしまいます。

外壁の断熱リフォームは費用や手間を考え最適な工事を!


断熱 リフォーム 外張り断熱 内断熱 メリット デメリット 所沢市

以上、外壁の断熱工法に関しての説明でした。
施工方法も色々あり、それぞれメリットやデメリットがあるんですね。
ぜひ、ご自宅の状態や予算などに合わせて、最適なリフォームや工法を選んで、
厳しい冬の寒さに備える対策をしてみて下さい!


gaiso.png




飯能市の屋根カバー工事で超軽量屋根材セネターを施工


こんにちは!
本日は飯能市での屋根カバー工事の様子をご紹介します。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 (14).jpg

こちらのお宅は屋根カバー工事を行うことになりましたので、
高圧洗浄にて既存のスレート屋根を洗浄後、防水ルーフィングシートを施工しました。

今回はその続きで新しい屋根材を施工していきます。
写真の様に防水紙の上から耐久性の高い屋根材を施工していきます。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 (6).jpg

棟板金も施工していきます。
今回施工した新しい屋根材はデグラ社の超軽量屋根材「セネター」です。
ガルバリウム鋼板と天然石を使用したハイブリッドな屋根材ですので耐久性が高く、
また軽量であることから耐震性、免震性も高い屋根材となっております。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 (8).jpg

下屋根も同様に施工していきます。
セネターはメンテナンスフリーで、色褪せや塗り替えが必要ないという
優秀な屋根材ですので、将来的な補修コストを抑えたいという方にもおすすめです。

屋根カバー工事は葺き替えと比べ屋根材の処分費や手間がかからないという
メリットはありますが、一方で屋根自体の重みが増してしまうというデメリットもあります。
しかしながら、セネターのような軽量の屋根であれば屋根の重量をなるべく抑えながら、
耐久性のある新しい屋根を施工できますので、カバー工事にも適していると言えるでしょう。

変換 ~ 飯能市 屋根カバー工事 外壁塗装工事 施工後 (7).jpg

無事全面に新しい屋根材セネターを施工できました。
セネターは保証も充実しており、30年の材料品質保証、そして10年の美観保証もあります。
住宅の耐久年数を長く維持したいという方にもおすすめです。
台風などにも強い耐候性や断熱性、落雪予防などにもなりますので、
屋根リフォームの際にはぜひともご検討してみて下さい♫



gaiso.png





















1  2  3  4
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店