【狭山市】セメント瓦屋根から高性能金属屋根へ葺き替え


こんにちは。
今回は、狭山市で屋根、外壁、付帯部と全体的なリフォームを行いました!
こちらの記事では、屋根の葺き替えの施工について詳しくご紹介します。

200705sayamashiyane_1.JPG

施工前のお住まいです。
屋根の深いグリーンと外壁の明るく淡いグリーンが調和した優しい色合いです。

既存の屋根はセメント瓦です。
セメント瓦は年月が経つと、このように表面がざらざらになってきます。

200705sayamashiyane_2.JPG

これは瓦表面の塗膜が剥がれたり、苔が生じたりしてくるためで、
見た目の問題だけでなく、中のセメント質がむき出しになって
雨や湿気を吸いやすい状態となっています。
このような経年劣化はどうしても現れますので、放置しないことが大切です。

今回は、瓦屋根から「スーパーガルテクト」という
高性能な金属屋根への葺き替え工事を行うこととなりました。
スーパーガルテクトは断熱性に大変優れ、さらに
金属屋根で気になりがちな雨音も軽減されるという特性を持っています。
また軽量なので耐震性にもつながる等、メリットがとても多く、
いま非常に人気の屋根材です。

さっそく施工の流れをご紹介します。

まずは瓦を一枚一枚剥がしていきます。

200705sayamashiyane_3.jpg

野地板を外すと、だいぶ年季の入ったルーフィングシート(屋根の下に敷く防水シート)が現れました。

200705sayamashiyane_4.jpg

瓦でしっかり覆われていても、土埃や雨水に含まれる汚れなどが
こんなに溜まってくるものなのですね。
新しいシートへ丁寧に敷き替え、いよいよ屋根本体を施工します。

200705sayamashiyane_5.jpg

新しいルーフィングシートをしっかり施工し屋根の本体基材を
施工していきます。
今回使用した「スーパーガルテクト」は、
高性能なことに加えて、見た目が美しいことも大きな特徴です。
表面に「ちぢみ塗装」というメーカーこだわりの加工が施され、
木目にも似た表情があり、高級感のある質感となっています。

200705sayamashiyane_6.jpg

完成です。太陽光の反射も上品です!


200705sayamashiyane_7.JPG

外壁の塗装もブラックを選ばれ、シックな仕上がりとなりました。

セメント瓦は定期的な塗装が必要なことに加えて、
年々製造数が減少していること、処分する際の費用が高まり続けていることなどから
この先さらにメンテナンスが難しくなってきます。
「傷みが気になってきたけれど、今後も長く今の家に住み続けたい」といった場合、
全体の葺き替えはとてもおすすめですよ。

gaiso.png



狭山市<屋根のリフォーム>屋根材の種類は?知っておきたい基礎知識


こんにちは!
道端に咲くアジサイの花が綺麗に見られるようになりました。皆さまはいかがお過ごしですか?

狭山市や近隣地域の皆様から、屋根のリフォーム工事を検討している方から、「屋根にはどんな種類があるの?」とよくご質問をいただきます。そこで今回は、屋根材の種類について大まかにご紹介していきたいと思います。

屋根材の種類は?


20200624_yanezai_syurui01.JPG


屋根材は大きく分けて、以下の4種類に分けることができます。

◎ 粘土系

◎ スレート系

◎ 金属系


◎ セメント系


早速、それぞれの特徴を見ていきましょう。

1. 粘土系(粘土瓦)


20200624_yanezai_syurui02.jpg

粘土系とは、一般的に言う「瓦(粘土瓦)」のことを指しており、その名の通り粘土を焼いて作られています。他の屋根材よりも厚みや重みがあるため、遮音性・耐熱性・遮熱性に優れていると言えますが、その重さから耐震性を考慮した工事をする必要があるため、注意が必要です。粘土瓦には釉薬瓦(ゆうやくがわら)・無釉瓦(むゆうがわら)が存在します。

2. スレート系


20200624_yanezai_syurui03.jpg

現在多くの家で使用されているのが、このスレート系の屋根材です。粘板岩を素材とした「天然スレート」、セメントに繊維素材を混ぜて薄い板状に加工した「化粧スレート」、工場や倉庫などに使用されている「平波スレート」などがあります。スレート系の屋根材は軽量で施工しやすく、耐震性が高いのが最大の特徴です。一方、割れやすかったり、耐久性・耐水性が他の屋根材よりも低いというデメリットもあります。

3. 金属系


20200624_yanezai_syurui04.jpg

金属系の屋根材は、「ジンカリウム鋼板」「ガルバリウム鋼板」「トタン」「銅板」などの種類があり、中でも「ガルバリウム鋼板」は総合的にみて性能が高く、シェアを伸ばしている屋根材です。軽くて加工が自由にできることが特徴。金属系の屋根材は全体的に耐久性に優れており、防水性が高いことがメリットと言えます。

4. セメント系


20200624_yanezai_syurui05.jpg

セメント系とは、セメントと砂を原料とした瓦のことを指しており、「プレスセメント瓦(厚形スレート瓦)」と「コンクリート瓦(モニエル瓦)」と呼ばれるものに分けられます。樹脂塗装を施しているため衝撃にも強いことが特徴です。粘土で成形された瓦と比べると安く作ることができますが、塗装が剥がれるとコケなどが発生し、水を吸収しやすくなってしまうため、定期的な塗装が必要です。

屋根材選びに迷ったら・・・


ガイソー所沢店では、無料でお見積もり、ご相談も受け付けております。屋根のリフォームを検討しているけれど、どの屋根材を選べばいいのかわからない・・・とお悩みの方は、ぜひ一度ご連絡ください。豊富な屋根材の中から、ご希望に合うものをご提案させていただきます。

所沢だけでなく、狭山市、入間市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!

gaiso.png

狭山市 経年劣化セメント瓦の屋根塗装


狭山市 経年劣化セメント瓦の屋根塗装。

こんばんは。
今日は「こどもの日」でしたね。子供たちはお家で楽しい子供の日を
過ごせましたか?♪
「こどもの日」は昭和23年に制定された国民の祝日です。
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
こどが趣旨とされています。

本日は狭山市で経年劣化で防水性の落ちているセメント瓦を屋根塗装を
行っていきます。

20200505sayamashisemenntokawaratosou000003.JPG

こちらが既存の屋根です。
既存の屋根はセメント瓦です。
モニエル瓦にも、とても似ているのですが・・・

20200505sayamashisemenntokawaratosou000002.JPG

こちらの形状はセメント瓦です。
セメントの主原料は石灰石で水と混ぜる事により固まります。
セメントと水、砂を混ぜたものはモルタルです。
それらを型に流し混み、成形したものがセメント瓦です。
屋根の塗装が剥がれている部分や色褪せ、苔や藻が少し
付着してきていますね。

20200505sayamashisemenntokawaratosou000000.JPG

割れている部分には過去に補修した様子もあります。
セメント瓦には洋風、和風、フラット型など様々な形があり
プレス加工なので品質も均一で耐火性も優れており施工が
しやすい素材でもあります。
和瓦の場合は基本的にメンテナンスがいらないのですが
セメント瓦の場合は雨や風、紫外線にさらされると塗装が
剥げてきたりします。
放置しているとセメントが劣化し割れの原因や雨漏りの
原因になるので、定期的に塗装などのメンテナンスが必要です。
こちらの屋根も紫外線による劣化で塗装が劣化し防水機能が
失われてしまっているので、しっかり塗装を行う必要があります。

20200505sayamashisemenntokawaratosou000010.jpg

まずはバイオ高圧洗浄でしっかりお家全体を洗浄し
汚れや古い塗膜、苔などをしっかり落としていきます。
バイオ高圧洗浄は特殊な洗浄剤で苔やカビなどの菌を根こそぎ
洗い落してくれます。
塗装の前に高圧洗浄でしっかり既存の汚れを落とす事が
とても重要な下準備です。

20200505sayamashisemenntokawaratosou000011.jpg

塗装を始めていきます。
まずは下塗りから始めます。
下塗りは中塗りと上塗り塗料との密着を良くしてくれます。
中塗り、上塗りとは全く別物の塗料になります。

20200505sayamashisemenntokawaratosou000012.jpg

続いて中塗りです。
中塗り、上塗り塗料は同じ塗料です。
今回はガイソールーフガード無機を使用します。
この無機塗料は劣化しにくく紫外線に強いのが特徴です。
汚れがつきにくい塗料なので、車通りの激しい道路に面して
建っているお家には最適ですね。
不燃性でもあり周りで火災などが発生した場合も延焼しにくいです。

20200505sayamashisemenntokawaratosou000009.jpg

最終工程の上塗りです。
塗料に厚みを持たせて塗り残しがないように仕上げていきます。

20200505sayamashisemenntokawaratosou000004.JPG

完成です。
とても綺麗に仕上がりました。
深いグリーンが素敵ですね。
耐久性も耐候性も一番の無機塗料なので一度の塗り替えで
長期間お家の屋根を綺麗に保ってくれ、塗膜を持続してくれます。
セメント瓦は必ず塗装などのメンテナンスが必要になりますので
お家の屋根でセメント瓦をお使いの方は、早めに屋根調査などの
以来をお願いします。



gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店