所沢市林で瓦屋根をセネターへ葺き替え工事を行いました


所沢市林で瓦屋根をセネターへ葺き替え工事を行いました。

こんにちは。
ここの所、お天気は安定しておりますが朝晩はだいぶ
冷え込むようになってきましたね!
空気も乾燥しているので、風邪や火の元、火事などにも
気を付けていきましょう!

本日は屋根葺き替え工事の様子をご紹介します。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000000.JPG

既存屋根は瓦屋根です。
瓦はとても耐久性は高く割れたり、ズレてしまったりする
ような事がなければメンテナンスがいりません。
耐久性がいいのがメリットなものの、重量が重いのだけが
難点だったりもあり、地震に備えて軽量な屋根に葺き替える方も
最近では多いです。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000002.JPG

瓦を職人さんが一枚、一枚剥がします。
剥した瓦はどのように屋根の下へ降ろすと思いますか?
瓦はとても重いので作業をするのがとても大変なのです。
剥がしている時に屋根の下へ誤って落とすような事が
あっても決していけないので、剥した瓦はこのように
綺麗に積み重ねて固定をし、この脚立みたいなハシゴの
台へ固定され、レールの上から滑り降ろされるようにして
どんどん地上へと瓦を屋根の上から降ろしていきます。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000003.JPG

瓦を全て撤去すると、このように木の下地が出てきます。
これも全て剥していきます。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000009.JPG

ここまで剥がして、古い砂埃など溜まっていた汚れを
掃除します。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000004.JPG

そして、屋根の基板となる野地板を増し張りします。
野地板は屋根本体を支える、とても重要な板です。
しっかりと屋根を支えられる強度のある板を施工して
いかなげればなりません。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000007.JPG

野地板がしっかり張れたら、ルーフィングシートの施工です。
ルーフィングシートは防水シートです。屋根に降り注ぐ雨を
お家の中へ浸入させないようにルーフィングシートで守って
います。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000008.JPG

いよいよ本体基材の施工へ入ります。
今回はデクラ社のセネターを新たに葺いていきます。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000010.JPG

セネターはとても軽量で災害にもとても強い屋根です。
素材は天然石チップとガルバリウム鋼板で作られているため
色褪せの心配や塗り替えの必要もありません。
長きにわたってメンテナンスフリーで大丈夫なのでとても
優れた屋根材です。
30年の材料品質保証と10年の美観保証が付いているので
安心な基材です。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000013.JPG

屋根の頂部です。
屋根の頂部は基材の接合部分となり、どうしてもこのように
隙間ができてしまうので、このままにしておくと、ここから
雨水が侵入してしまい、そして見栄えもよくないので
この部分に同じ素材の基材で棟を取り付けます。

2019116tokorozawashihayashiyanefukikaeseneta-000011.JPG

このような感じで、しっかり棟を取り付けて固定して
いきます。
棟の取り付けで完成となります。
セネターは表面の天然石ストーンチップの凹凸が急勾配の
屋根でも落雪しにくくしてくれる効果があり、雪止め金具
同等の役割を屋根基材がしてくれるので、あえて雪止めの
設置もいりません。
雪の多い地域での雪止め対策基材としても認められている
屋根材になるので、関東などでの突然の大雪にもしっかり
屋根本体が雪対策をしてくれる基材になるので安心です。

これから屋根リフォームをお考えの方には冬はとくに
セネターがオススメです。
既存が瓦屋根でなければ、カバー工法での施工も可能な
屋根材なので、費用や工期を抑えて施工する事もできる
基材です。

gaiso.png

飯能市で屋根カバー工法でセネターを施工しました


飯能市で屋根カバー工法でセネターを施工しました。

こんにちは。
本日は午後からお天気が崩れてくるようですね。
朝からできる作業を急いで進めております。

本日は屋根カバー工法でセネターを施工中の
様子をご紹介します。

20190918hannnoushiseneta-000002.JPG

既存の屋根はスレート屋根です。
経年劣化による傷みがだいぶ目立ちます。
塗膜の防水機能は失われている状態です。
色褪せや苔やカビで黒ずんでいる所もあります。

20190918hannnoushiseneta-000000.JPG

屋根の接合部を覆っている、棟も全て撤去します。
今回はこの既存のスレート屋根の上から屋根カバー工法での
施工を行います。

20190918hannnoushiseneta-000004.JPG

屋根カバー工法は既存屋根を撤去せずにそのままの状態で
上から被せて、施工ができるのです。
既存基材の撤去や処分費用もかからず、工期日程も
短めで施工が可能なので、費用を抑えて施工をしたい方や
短い工期で工事を進めたい方にはおすすめの施工方法でも
あります。

20190918hannnoushiseneta-000006.JPG

既存スレートの上からルーフィングシートを下葺きします。
ルーフィングシートは防水シートの役割をします。
屋根本体基材から流れ込んできた雨水を野地板へ浸入させない
ようにこのルーフィングシートが防いでくれています。
とても重要なシートです。

20190918hannnoushiseneta-000005.JPG

本体の施工へ入ります。
今回はデクラ社のセネターを使用し施工をします。
セネターはニュージーランドの自然にはぐくまれた天然石を
使ったハイブリッド屋根材です。
天然石なので長期間色褪せの心配もなく、再塗装不要の
塗り替えなどの必要もありません。

20190918hannnoushiseneta-000007.JPG

独自のインターロック工法で屋根材の一枚一枚をしっかりと
ビスで固定します。
粘土瓦の約9分の1の重さになり、超軽量なため建物の負荷が
少なく、耐震性・免震性・制震性にもとても優れています。

20190918hannnoushiseneta-000008.JPG

しっかり固定していき、棟までしっかり取り付けていきます。

20190918hannnoushiseneta-000010.jpeg

ガイソー所沢店のショールームにはセネターの実物見本が展示
されています。
実物を見ていただけると、またお家のイメージが湧いてくると
思います♪
セネターは30年の品質保証と10年の美観保証がついております。
ランダムに並んだ模様が美しい陰影を織りなすデザインが
とてもオシャレなお家を演出してくれます。
gaiso.png

東所沢でスレート屋根の屋根カバー工法 セネターを施工しました


東所沢でスレート屋根の屋根カバー工法 セネターを施工しました。

こんにちは。台風の発生がちょこちょこ多くなって
きましたね!
これから、台風の発生が多くなる季節なのでお家も
備えが必要です。
強風や大雨に耐えられるお家を日頃から造って
突然の悪天候にも備えられる住まいを一緒に
造っていきましょう♪

本日は屋根カバー工事の様子をご紹介します。

20190728higashitokorozawayanekaba-seneta-000001.JPG

先日、高圧洗浄が終わっていたので本日はいよいよ本体の
施工です。
雪止めや棟なども全て撤去し、既存のスレート屋根の上から
まずはルーフィングシートを下葺きします。
カバー工法での施工なので、既存の屋根を撤去する必要なく
既存のスレートの上から被せて施工ができるのが、屋根カバー
工法のメリットです。

20190728higashitokorozawayanekaba-seneta-000002.JPG

ルーフィングシートをしっかり施工ができました。
このシートは防水シートの役割になるので、丁寧に確実に
施工をする必要があります。
日新工業株式会社の改質アスファルト「カッパ」を
使用します。

20190728higashitokorozawayanekaba-seneta-000005.JPG

続いて、本体基材の施工です。
今回はデクラ社のセネターを使い施工します。
セネターは耐震性、免震性、制震性に優れていて色褪せる
事もなく塗り替えが不要のメンテナンスフリーな屋根材です。
一枚、一枚サイズを合せて裁断し、しっかりビスで固定して
いきます。

20190728higashitokorozawayanekaba-seneta-000007.JPG

素材は天然石とガルバリウム鋼板を使用していて、デザインも
とても味わい深い印象があり、景観にもマッチし上品な風格が
あります。
そして、天然石が原料という事もあり、天然石ストーンチップ
の凹凸が雪などもとめてくれるので、雪止めの設置もいらず
また、ストーンチップが雨音を吸収、拡散するため雨音なども
気にならない、とても優れた基材です。

20190728higashitokorozawayanekaba-seneta-000008.JPG

棟を取り付けて完成です!
セネターいかがですか?
カラーも落ち着いたお色でのバリエーションでどんな外壁にも
合せやすく、とてもマッチします。
ガイソー所沢店のショールームにはセネターの実物サンプルも
あります♪
ぜひ一度、実物を触って試しにお越しください♪

gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店