武蔵野市で屋根、外壁の高圧洗浄と外壁の下塗りを行いました


武蔵野市で屋根、外壁の高圧洗浄と外壁の下塗りを行いました。

こんにちは。
ここ数日は気温はいくらか和らいでいますが、
お天気が不安定ですね・・・。
雨が降ったりやんだり、突然異常な量の大雨と
なったり、雷がなったりと不安になりますよね・・。
皆さんのお家は大雨による雨漏りや破損など
大丈夫でしょうか?
現場の方も途中で施工が延期になっていたりと
お天気の判断が難しいです。
できる事から雨が降っていない間にどんどん進めさせて
いただきたいと思います。

本日は先日行った、高圧洗浄と外壁下塗りの様子を
ご紹介させていただきます。

20190822musashinoshigaihekitosousennzyou000000.jpg

まずはお家を全体的に高圧洗浄で汚れをしっかり
落としていきます。
屋根も外壁も塗装を行うので、高圧洗浄で古い塗膜や汚れを
しっかり落とす事がとても重要になります。
既存屋根はスレート屋根です。
苔やカビが目立つので、綺麗に落としていきます。

20190822musashinoshigaihekitosousennzyou000001.jpg

外壁は窯業系サイディングのお家です。
古い塗膜や汚れが残っていると、新しい塗装が綺麗に
塗れません。そして、持ちにも影響してしまうので
どんなに良い塗料を使って塗装をしても、高圧洗浄が
しっかりできていないと、意味がありません。
塗装の際は何よりも高圧洗浄でしっかり下準備を行う事が
重要な作業となります。

20190822musashinoshigaihekitosousennzyou000002.jpg

塗装をしない場所はしっかり養生をして保護していきます。

20190822musashinoshigaihekitosousennzyou000003.jpg

既存のコーキング部分にも劣化が見られカビで黒ずんで
いたり、ブリードによる汚れの付着がわかります。
コーキングは10年程で劣化によるメンテナンスが必要に
なるので、こちらは古いコーキングは全て撤去して
新しく打ち替えていきます。

20190822musashinoshigaihekitosousennzyou000004.jpg

古いコーキングはカッターなどを使い全て撤去します。
そこへ、プライマー(下地)を塗布し新しいコーキング剤
との密着性を良くしてから、コーキングガンを使用し
目地の内部に空洞ができないように上から下へと
しっかり注入させて仕上げていきます。

20190822musashinoshigaihekitosousennzyou000006.jpg

いよいよ外壁の下塗りを行います。
塗装の際は下塗り→中塗り→上塗り と三回に分けて
塗り、作り上げていくのですが、一つ一つの工程には
とても重要な役割があります。
今回はシーラーを使用し下塗りを行っていきますが
シーラーには中塗り、上塗り塗料が外壁に密着するのを
助けてくれる働きがあります。
中塗り、上塗り塗料には密着性はないので、下塗りをせずに
塗装を行うと確実に剥がれてしまいます。

20190822musashinoshigaihekitosousennzyou000005.jpg

下塗りが完成です。
シーラーをしっかり塗ってから中塗り、上塗りの施工を
行えば塗料の性能がしっかり発揮され、艶ありの塗装を
する場合はそちらもしっかり想定通りに塗る事ができます。
引き続き、中塗りへ進めていきます。

gaiso.png

所沢市和ケ原でコーキングの打ち替え工事を行いました


所沢市和ケ原でコーキングの打ち替え工事を行いました。

こんにちは。
本日はとても暑くなるようですね♪
良いお天気だと現場も進みます!
ここの所、外壁・屋根全般のお問い合わせを
たくさんいただいております!
誠にありがとうございます!
順次、対応させていただいております。
よろしくお願いいたします。
本日もたくさんの現場へお伺いさせて
いただいております。
施主様、よろしくお願いいたします。

本日はコーキング打ち替えの様子をご紹介
いたします。

コーキングとは・・・?
建物の気密性や防水性のために施工の際に
できる隙間を目地材などで充填することを
いいます。

20190510tokorozawashiwagaharako-kinngu000007.jpg

↑このようなシリコン素材の部分をお家の
さまざまな場所で見かけますよね!
この部分はお家を守るとても重要な部分に
なるのです。

20190510tokorozawashiwagaharako-kinngu000000.jpg

今回は古いコーキング部分を全て撤去し
新しいものに打ち替えをします。
コーキングは劣化が進むとひび割れを
起こしたり、コーキングの収縮により外壁と
コーキングの間に隙間ができたりします。

20190510tokorozawashiwagaharako-kinngu000001.jpg

全て撤去しました。
コーキングの劣化を放置しておくと
その隙間から水が入り、サイディング内部の
腐食やカビの原因となったり内部の骨組み木材
を腐食させてしまったり、雨漏りを引き起こす
原因となったりもします。
お家の安全性にも関わる部分でもあるので
劣化が進みすぎる前にコーキングの
メンテナンスをしていきましょう。

20190510tokorozawashiwagaharako-kinngu000002.jpg

今回はサンライズMSI製造のSRシールNB50
を使用します。サンライズMSIは有名な木工用ボンドや
アロンアルファなどを製造しているコニシボンドの
完全子会社です。
SRシールは耐久性が高く、接着性も高く、1成分型なので
仕上がりにムラもありません。
とても優れた資材になります。

20190510tokorozawashiwagaharako-kinngu000003.jpg

まずはしっかり養生テープで養生をし
専用の下地をしっかり塗っていきます。
下地をしっかり塗布する事により
コーキングの密着性を高めます。

20190510tokorozawashiwagaharako-kinngu000004.jpg

SRシールを隙間に埋め込むように注入
していきます。
目地内部に空洞ができないように多めに
上から下へと注入します。
隙間に埋め込んだら、ヘラで均一に綺麗にならし
ながら、しっかり充填させ余分なSRシールを
取り除きます。

20190510tokorozawashiwagaharako-kinngu000006.jpg

コーキング剤が完全に乾く前に養生
テープを剥がし、しっかり乾燥させて
完成です!
コーキングのメンテナンスのタイミングは
およそ10年くらいとなります。
ですが、ひび割れや剥離症状が出た場合は
早めにメンテナンスをした方がいいです。

お家のコーキング部分は大丈夫ですか?
ぜひ一度、確認してみて下さい。

gaiso.png

所沢市北中で外壁のクラックの補修工事


所沢市北中で外壁のクラックの補修工事。

こんにちは。いよいよ明日から10連休に入る
方も多いんじゃないでしょうか?
金融機関がお休みに入るなどの影響で
銀行やATMがものすごく並んでいたり・・・。
嬉しいような、10連休もいらないんじゃないか?
とも思ってみたり・・・笑
少し、気持ち慌ただしいです。
ガイソー所沢店ではGWも前半は営業させて
いただいております。
5/3(金)~5/6(月)は休業させていただきます。
何卒、よろしくお願いいたします。
本日も作業を進めていきたい日でありましたが
あいにくの雨です・・・。
作業のできる現場が限られてきますが本日も
よろしくお願いいたします。

本日は先日行った外壁のクラック修理の様子を
ご紹介します。

20190426kitanakako-kinngu000004.jpg

今回、こちらの外壁は塗装工事をするため
高圧洗浄を行いたいのですが、その前に
クラックの修理をし、ヒビ割れの部分から
外壁の内部へ水がしみこまないようにして
いきます。

20190426kitanakako-kinngu000003.jpg

コーキング材を使用し補修を行います。
まずはプライマー(下地)を塗布して
外壁とコーキング材の接着をよくします。
コーキングガンを使い、ひび割れの奥、
すみずみまでコーキング材を充填します。
そしてヘラを使い平滑にならします。

20190426kitanakako-kinngu000001.jpg

耐候性・接着性・耐久性・応力暖和性に
優れたコーキング剤を使用し、外壁などの
目地やひび割れなど、動きのある部分には
柔らかくてよく伸びる、低モジュラスな材質の
コーキング剤を選ぶ方がいいです。

完成しました!
なぜ、こんなにタテジマに???と思いますよね。

20190426kitanakako-kinngu000000.jpg

この昔ながらのお家をイメージして下さい。
今回の工事のお家は既存の外壁はモルタルを
吹付塗装してある外壁でしたが、それは
一度目のリフォームで行った塗装だそうで、
もともとの既存の外壁はこのような木材で
作られた、下見板の外壁だったそうです。
今ではなかなか見かける事ができませんが
、一度目のリフォームで吹付塗装した外壁も
経年劣化により傷みが出てきたら、さらに下地の
下見板の木材が経年劣化により取り付けられてる
そのままの通りにひび割れとともに見えてきて
木がみえてしまっている状態でありました。
木材は、雨などに濡れれば腐食していくだけ
ですし、塗装の前作業の高圧洗浄もそれが見えている状態
では外壁の傷みを進ませるだけになってしまうので
行えません。
ですので、今回のこのようなシマシマ模様は既存の
下見板のつなぎ目部分にコーキングしているので
このような仕上がりになっております。

20190426kitanakako-kinngu000002.jpg

しっかり乾燥させてから外壁の高圧洗浄
を行い、いよいよ塗装に入ります。

gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報