とても悩む、塗装の色選びのポイントは・・・?


とても悩む、塗装の色選びのポイントは・・・?

こんにちは。
春先から梅雨前に向けて、屋根や外壁の塗装をお考え
になるお客様が多くなります。
その際、みなさんどのような色で塗装をするか?
とても悩まれる方が多くいらっしゃいます。
ガイソー所沢店ではカラーシュミレーションを使い
いろんな色をパソコンで試して、雰囲気を見る事も
もちろんできますが、塗料の色で断熱、遮熱、低汚染などの
お家の耐久をあげる塗装を行う事も可能です。
今日は塗装について、少し詳しくご紹介させていただこうと
思います。

20190422tosouerabinopointo000000.JPG

どのような色を選べばいいのか考える時に色によって
何かメリット・デメリットはあるのか・・?など
考えると思いますが・・・。
黒だと熱がこもりやすく暑くなりやすい・・・。
白だと熱はこもりにくいが汚れが目立ちやすい・・・。
などはすぐ思いつく方が多いと思います。
実際はやはり、そこはその通り!と言える部分が
大きいかと思います。
そのため、汚れが目立ちにくく、遮熱性も黒よりは良い
グレー色が昔は建物に多く使用され、現在でも人気の
カラーの一つとなり、多くの住宅で使用されています。

また、屋根と外壁の色とのバランスや窓枠やサッシ、
破風や霧除けなどの付帯部の色とのバランスも大切です。
組み合わせは色々とありますが、同系色の濃淡な組み合わせ
などとてもバランスが良いです。
もしくは、屋根の色は外壁の色よりも濃い色を選ぶと
全体的に安定感が出て、締りの良い見栄えになります。

また、塗装の面積によって見え方も変わってきます。
個人差もあるとは思いますが、明るい面積が広いほど
お家全体が明るく鮮やかに見え、逆に暗い面積が広いと
お家全体が暗く見えます。
天候や日差しによっても見え方はとても変わります。
そして、塗装前の業者との打ち合わせで見ている
紙ベースの見本と実際に基材に塗装してからの発色は
多少違ったように見えたり、光沢の有無によっても
見え方や雰囲気が変わることもあります。

ブログ120①.jpg

上記で注意すべき塗装のポイントをいくつか
あげてきましたが、屋根材や外壁材の凹凸の
具合や近隣住宅との調和という点でも、色選びの
重要なポイントとなってくるので、塗装の色決めの
際には、お家の廻りを歩いてまわりのお家がどんな
塗装の色を使用してるのか、目で見て歩く事も
1つのオススメの色選びのポイントです♪

そのうえで業者の方に「こんな色にしたいんだけど・・・?」
などご相談いただけましたら、こちらでもお客様の
ご希望のお色をサンプルと共にご提案させていただきます♪
さらにカラーシュミレーションを使用し、もっと雰囲気と
色をしっかり見て探していきましょう。

ぜひ、長く住む大切なお家だからこそ、ご自身の理想の
屋根や外壁の色をじっくり見つけてこだわってみて下さい♪

gaiso.png

雨の日の塗装は大丈夫・・・?


雨の日の塗装は大丈夫・・・?

こんにちは。今週はお天気も良く暖かい日が
続きそうですね♪
さくらの開花情報なども耳にし始め、もう春も目前
で嬉しくなりますね!
そんなお天気の日も嬉しいのですが、ここの所
雨の日も多いので、今回は雨の日の塗装について
ご紹介したいと思います。

ブログ雨.jpg

よくお客様に天気が悪い日の塗装など施工についてご質問を
いただきますが・・・。
雨の日の塗装は基本的にNGです!!
ですが、全ての工程を中断してその日一日、何もしない。
という日ばかりでもありません。
雨でもできる作業や倉庫へ持ち戻ってできる塗装や作業
などは天気が悪くても進めていき、工事の遅延でお客様に
ご迷惑がかからないように気を付けております。

雨の日に無理やり塗装工事を行ってしまうといろんな
弊害がでてきます・・。例えば・・・・?
●塗料が雨により薄まってしまう
●塗料に雨が落ち、水泡のようなムラやまだらな汚い
仕上がりになる
●のちに塗膜剥離やひび割れ、白化などが起こる事がある

などがあげられます。
仕上がりやのちの、もちの事を第一に考えたいので、施工日の
天気はとても重要です。
塗装の場合は雨が降っていなくても湿度でも影響してきます。
湿度が85%以上という日は塗装はしない方がいいです。
塗料の内容にもよりますが、「気温5度以下、湿度85%以上の
塗装は避ける」という注意がある塗料がほとんどです。
湿度に関しては雨上がりの日や梅雨時期などは注意が必要ですね。

ですが、天気予報をしっかり確認していても、塗装の始まりは
とても晴れていたのに、ゲリラ豪雨のような予想もしない
雨に見舞われる事もたまにはあります・・・。
塗装作業の途中に雨が降ってきてしまった場合はどうなるの?
と施主様はとても心配になると思います。
そのような日は雨の量や強さにも変わりますが途中で
中断となる事もあります。
中断となった場合はその時の仕上がり状況や塗装の状態に
よっては塗装の塗り直しをさせていただく事もあります。
いつも最善の状態でリフォームを完成させていただきたいので
天気によっては施主様にご迷惑をおかけしてしまう事も多いかと
思いますが、クオリティーの高い施工の出来栄えで施主様に
お引き渡しをさせていただきたいので、ご理解いただけたらな
と思います・・・。
施主様もやはり天気を心配されている方がとても多いので
不安な事や気になる事などはどんどん、現場に来ている
職人さんや担当営業までご質問いただけたらなと思います。

ブログ雨2.jpg

外壁リフォーム・屋根リフォーム、お家の事まるごと
疑問に思った事など不安な事などありましたら無料相談や
お見積りなどもできますので、お気軽にガイソー所沢店まで
お問い合わせ下さい。

gaiso.png

知っておきたい塗装の3つの目的


知っておきたい塗装の3つの目的!

毎日、様々な施工の様子をご紹介しておりますが、
今回は塗装が必要な役割を少しご紹介できたらなと
思います。

日本の木造住宅において長期間住まいを維持していくには
屋根や外壁のお手入れは最も重要です。屋根・外壁塗装は
美観のための色つけではなく、耐久性を重視した防水塗装として信頼できる
高耐久な塗料で塗装しましょう。
ブログ58③.jpg
ブログ58 ②.jpg
① 防水性を甦らせ、家の健康状態を回復させる
塗装膜は雨や風、紫外線や様々な外的要因から住宅を保護してくれる、
いわば家の保護膜のようなものです。劣化してくると、雨や湿気が侵り込み、
表面だけでなく、基盤の腐食がはじまります。防水性の低下は外壁や屋根の
傷みの原因となります。
いい加減な塗装では性能を回復してもすぐにまた傷んでしまいます。

② 低下した強度を回復し、雨風に強い家に
塗装にはヒビや剥がれを修繕すると同時に、補強をする効果もあります。
塗装工事を行う場合、下地処理も同時に行うため、強度がアップし、
雨風に強くなります。

③ かけがえのない「わが家」を美しく彩る
塗装をする事によって住まいの印象が劇的に変わるのが「外観」です。
住まいをお好みの色で彩り、光沢を与える等でお住まいの空間としての
価値を高めることも塗装の大きな目的です。今までとは全く違う色に塗替え、
イメージチェンジを図ることで暮らしにアクセントを加えることこそ、
お住まいの塗替えの最大の楽しみではないでしょうか。

このように、塗装には様々な重要な役割があり、ただ塗る。。
だけではなく、塗る事によりお家にとっては様々な役割を
果たしてくれています。
新築で住み始めてから...一度塗装などのリフォームをしてから...
約10年~15年で塗装や何らかのお直しが必要な時期と言えます。
その時のお家の状態や今後のメンテナンスの事を考え、
塗料も多くの種類の中から選ぶ事ができます。


gaiso.png
gaiso2.png

1  2  3
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報