西狭山ヶ丘でガイソーウォールタフネスシリコンⅡで外壁塗装を行いました


西狭山ヶ丘でガイソーウォールタフネスシリコンⅡで外壁塗装を行いました。

こんにちは。
連日の猛暑がようやく今日は少し落ち着きそうですね。
この猛暑の日で熱中症になられる方が増えているようです。
皆さん、体調に気を付けて残暑を乗り切っていきましょう。
そして、ここ連日で夕方に雷雨の日も続いていますが
皆様のお家の方は被害などございませんか?
大雨による雨漏りや雨樋が破損などありませんか?
まだまだ、台風や突然の雷雨などの日も続きそう
なので、しっかりお家の備えをしておきましょう。

本日は外壁塗装の様子をご紹介します。

IMG_0837 (1).JPG

まずは既存のお家の様子です。
太めのクラックが何カ所も見うけられます。
乾燥や経年劣化によるクラックだど思われます。
こちらはコーキング材などでの補修作業が必要です。

20190912nishisayamagaokagaihekitosou000001.jpg

まずは高圧洗浄でお家全体を洗浄し、古い塗膜や汚れなど
をしっかり落としていきます。
古い塗膜や汚れはしっかり落とさないと塗装が綺麗に
のりません。
塗装の際はまずは高圧洗浄をしっかり行う事が重要です。
水圧をあてると、一瞬で黒い汚れた水が流れてくるのが
見えますね。

20190912nishisayamagaokagaihekitosou000002.jpg

洗浄が終わったので、塗装を行わない部分を養生していきます。
塗料がついてはいけない部分をしっかりシートで保護して
覆います。

20190912nishisayamagaokagaihekitosou000003.jpg

塗装工事に入ります。まずは下塗りです。
下塗りは現在の外壁の状態を整えます。
中塗りと上塗りの密着をよくし、塗料のムラなども
抑えてくれます。

20190912nishisayamagaokagaihekitosou000004.jpg

続いて、中塗りです。
今回はガイソーウォールタフネスシリコンⅡを使用し
塗装をしております。
密着がよく柔軟性塗膜のため、外壁だけでなく鉄部や雨樋などに
も多様に施工が可能です。
防カビ、防藻性も発揮し、カビの繁殖も抑えてくれます。

20190912nishisayamagaokagaihekitosou000005.jpg

上塗りです。
塗料が乾燥する際に発生する気泡が塗りムラになったり
するので、気泡を埋めるように塗膜に厚みを持たせて
紫外線や耐久性に強い外壁を作り上げていきます。
ローラー工法でしっかり塗ります。
ガイソーウォールタフネスシリコンⅡにはセラミックが
配合されており、雨筋などの汚れも抑制してくれて
長期的にお家の美観も保ってくれます。

gaiso.png

東所沢でガイソーウォールタフネスシリコンを使用し外壁塗装を行いました


東所沢でガイソーウォールタフネスシリコンを使用し外壁塗装を行いました。

こんにちは。
台風が発生しているようで、今後のお天気が
気になりますね・・・。
最近では雨漏りのお問い合わせが多くなって
おります。
突然の大雨などの被害が多いようです。
昨年の9月末の台風の被害でも急な依頼が増えてしまい
施工までにお待ちいただくほどになってしまいました。
今年もそのような場合も考えられるので、雨漏りの
心配などがあるお家の方は早めの調査をおすすめします。

本日は外壁塗装の様子をご紹介します。

20190904higashitokorozawagaihekitosou000005.JPG

今回はこちらのお家を塗装をしていきます。
同系色の白を基調としたお色で色味が少し違うツートンカラーの
外壁です。
こちらの塗り直しを行います。

20190904higashitokorozawagaihekitosou000001.jpg

高圧洗浄は前回に全て終わっていたので、下塗り塗装から
始めます。
下塗りは中塗り、上塗り塗料の密着をよくするために
行います。下塗りをしっかり行う事で塗膜の剥がれを
防ぐ役割をし、現在の外壁の状態を整えてくれます。

20190904higashitokorozawagaihekitosou000002.jpg

続いて中塗りです。
塗装の際は下塗り→中塗り→上塗りと3つの工程で
必ず進めていきます。
塗装の段階を分ける事で厚みのある強い塗膜へ仕上げて
いきます。
手塗りローラー工法で一塗り、一塗り丁寧に塗り上げます。

20190904higashitokorozawagaihekitosou000003.jpg

最後に上塗りです。
今回はガイソーウォールタフネスシリコンを使用し
塗装を行います。
ガイソーウォールタフネスシリコンは環境への配慮と作業性を
追及した弱溶剤塗料になり、溶剤は水性塗料に比べたら臭いが
強いイメージがありますが、弱溶剤なので臭気も低く環境や体にも
優しく、密着もよく柔軟性塗膜のため、外壁、木部、鉄部、雨樋など
いろんな部位に塗装ができる、オールマイティな塗料です。

20190904higashitokorozawagaihekitosou000004.jpg

上塗りが完成しました。
黄色みがかかったクリーム色が綺麗ですね!
セラミック配合で高品質なアクリルシリコン樹脂により
長期間、住宅を紫外線から守ってくれます。
セラミックを配合することで雨筋などの汚れも抑制し
長期的に建物の美観も保ってくれます。

gaiso.png

ラジカル制御型塗料 


ラジカル制御型塗料

こんにちは。
曇っていますが、たまに日差しが見えますね。
今日で8月も終わりですね!
お子様がいるご家庭では夏休みも終わりになり
日中はほっとできる時間も戻ってくる頃でしょうか♪
夏の暑さも必要ですが、やはり連日続くとキツイ時も
あり、ここの所過ごしやすい気温になり、体も
ほっとしております。
本日もたくさんの現場へお伺いさせていただきます。
施主様、よろしくお願いいたします。

今日は外壁塗装の塗料の紹介です!
外壁塗料もたくさん種類がありますが、その中から
今日はラジカル制御型塗料を詳しく紹介しますね♪

外壁塗料にはランクがあります。
アクリル塗料→ウレタン塗料→シリコン塗料→フッ素塗料→無機塗料
の順で高機能型塗料となっておりますが、最近人気が出てきているのが
ラジカル制御技術を施した塗料があります。
よく聞くシリコン塗料やフッ素塗料の「シリコン」「フッ素」は
塗料の中に含まれている成分の種類を指しますが、ラジカル制御型塗料は
塗料の成分に施してある技術のことを指します。
ですので、一般的なシリコン塗料やフッ素塗料とはそもそも
性質が異なる塗料となります。

ラジカル制御型塗料とは・・?

外壁の塗料には色味を決定するのに欠かせない「顔料」と塗布後に
乾燥して外壁に密着させるための「樹脂」が配合されており
この2つの成分は太陽の光「紫外線」を受け続けると「ラジカル」が
発生し、必ず劣化していきます。
よって紫外線の光による劣化「ラジカルの発生」
の進行を遅らせてくれるように塗料の成分に
加工技術を施したものがラジカル制御型塗料に
なります。

ブログ162.jpg

ブログ162②.jpg
↑ 酸化チタンや水、酸素とラジカルが反応しないように
バリアーで覆ってしまうイメージです。

ラジカル制御型塗料はチョーキング現象(外壁を触るとチョークのような
粉がつく現象)を抑制して美観を保ってくれる
優秀な塗料でもあります。

ラジカル塗料の耐用年数はおよそ15年程です。
他のウレタン塗料やシリコン塗料よりも耐用年数が
長いので塗り替え回数が少なく済みます。

ガイソー所沢店では
ブログ162③.jpg

ブログ162④.jpg

ガイソーウォールマイティシリコン
ガイソーウォールマイティフッ素
こちらがラジカル反応制御型塗料として揃えております。
こちらの塗料の事について詳しく知りたい方、お気軽に
ガイソー所沢店へご相談下さい♪

gaiso.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 屋根リフォームをお考えならカバー広報もご検討ください
  • 賃貸アパート外壁塗装キャンペーン
  • 所沢で外装リフォームをするならはガイソー所沢店へお気軽にご相談ください
  • 所沢、入間、狭山の外装リフォームはガイソー所沢店 塗装からサイディング工事まで何でもご相談下さいませ
  • 所沢の外壁塗装、外装リフォーム専門店 ガイソー所沢店
  • 外壁塗装を所沢でするならお任せください 最新チラシ情報