【所沢市】足場の設置を行いました<屋根・外壁リフォーム>


こんにちは!
関東近郊で大きな流れ星が発生したと話題になっていますが、皆さまはご覧になりましたか?残念ながら私は見ることができませんでした。

さて、先日所沢市にあるお宅で屋根・外壁のリフォーム工事を行なってきました。今回はその際の足場の設置工事の様子をご紹介します。

足場をつくる意味とは

20200702_ashibasetti01.jpg

工事現場でよく見る足場ですが、その重要性をあらためて考えることは少ないかもしれません。しかしながら、足場というのは工事の基礎であり、安全に効率よく作業を進めるためにはなくてはならないもの。足場を設置することで施工の品質もアップすると言われているほどです。屋根や外壁のリフォームなど、高所での作業を行う際には、しっかりと設置する必要があります。

今回の施工内容

20200702_ashibasetti02.jpg

今回ご依頼いただいたお宅では、「屋根の重ね葺き(カバー工法)」「雨樋の交換」「波板解体」「外壁塗装」などの施工を行いました。これらの工事には高所での作業も含まれるため、足場の設置が必要になります。

足場の組み立て

20200702_ashibasetti03.JPG

リフォーム工事を始める前に、家をぐるっと取り囲むように足場を組み立てていきます。こうすることで、作業員が安定した場所に立って作業ができるようになります。また、足場を覆うようにグレーの養生シートがかけられているのもよく見られると思います。これは「飛沫防止ネット」とも呼ばれ、近隣へ塗料が飛び散ったりすることを防ぐ役目を担っています。

20200702_ashibasetti04.jpg

設置した足場の上で作業中です。足場があることで作業員も安心して作業を進めることができますし、近隣の迷惑になることも避けられるので、ご依頼主様の安心にもつながりますね。

その他の施工の様子は、また次の機会にご紹介していきます。

足場のことなら・・・


足場が必要な外壁・屋根のリフォームは、ガイソー所沢店にお任せください。
無料でお見積もり、ご相談も受け付けております。

所沢だけでなく、入間市、狭山市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!

gaiso.png

狭山市 モルタル外壁黒ずみ汚れ無機塗料で外壁塗装


狭山市 モルタル外壁黒ずみ汚れ無機塗料で外壁塗装。

こんにちは。
今日もあいにくのお天気が続きます・・・。
とても肌寒いですね。
温かい飲み物やお鍋などで体を温めるのが
いいかもですね♪

本日は狭山市で塗り壁外壁の黒ずみ汚れが目立って
しまっているという事で無機塗料による外壁塗装で
メンテナンスを行ってきました。

20200521tokorozawashigaihekitosoumuki000000.JPG

お家の様子を調査させていただきました。
〇で囲んでいるあたりが黒ずみが目立ちますね。

20200521tokorozawashigaihekitosoumuki000001.JPG

近くでみると、このように汚れていました。
ここはちょうど換気フードからの空気が流れてくる部分で
もあるので、油汚れなどが黒ずんで汚れている事もありそうです。
モルタルで塗られている外壁なので、このような
模様の凹凸があるデザインには凹凸部分に空気中のゴミやチリが
付着しやすく汚れやすいという特徴もあります。

20200521tokorozawashigaihekitosoumuki000002.jpg

塗装を始める前にまずは降圧洗浄でしっかり汚れを落として
いきたいと思います。
汚れが残ったままや、既存の古い塗膜が残ったままでは
新しい塗装が綺麗に密着せず、仕上がりや塗装の寿命にも
影響します。塗装の前は高圧洗浄による下準備がとても
重要な作業になります。

20200521tokorozawashigaihekitosoumuki000004.jpg

塗装作業に入ります。
高所作業になるので安全に気を付けて進めていきます。

20200521tokorozawashigaihekitosoumuki000005.jpg

まずは下塗りです。
アクリル合成樹脂エマルション塗料で下塗りを行います。
この塗料は密着性がとても優れていて多少、クラックなどが
ある外壁でも充填しながら下塗りを行えます。

20200521tokorozawashigaihekitosoumuki000008.jpg

続いて、中塗り、上塗りと進めていきます。
今回はガイソーウォール無機Fを使用します。
この無機塗料はオルガノポリシロキサンとフッ素樹脂を融合
させた最上級の塗料で紫外線や風、雨から長期間お家を
守ってくれます。また不燃性塗膜で燃えにくいので火災時の
延焼防止効果もあります。
3段階に工程を分ける事で厚みのある強い塗膜を作り上げて
いきます。

20200521tokorozawashigaihekitosoumuki000009.jpg

塗膜保障10年。期待耐候年数20年。
超高耐光塗料です。
親水性塗膜なのでセルフクリーニング効果で汚れがつきにくく
長期間綺麗な美観も保ってくれます。
塗料の性能が物凄く高い塗料なので、長期間塗膜の寿命を
持続させたいお家にはおすすめの塗料です。

gaiso.png

所沢市 入間市 狭山市 飯能市 外壁塗装 屋根塗装の前に塗料の性質を知ろう!水性塗料、弱溶剤塗料について


所沢市 入間市 狭山市 飯能市 外壁塗装 屋根塗装の前に塗料の性質を知ろう!水性塗料、弱溶剤塗料について

こんばんは。
ここの所、気持ちよく晴れている日が続いておりましたが
明日はお天気が崩れるようですね。
気温の変化に体調など崩さぬようお気を付け下さい♪
近隣の県では緊急事態宣言が解除されてきている県も
あるようですが、埼玉県ももう少しでしょうか・・・。
ここまで頑張ってきたので、あともう一息頑張って
いきましょうね!

本日は外壁塗装、屋根塗装の前に皆さんに塗料について
詳しく知っていただけたらなと、水性塗料と弱溶剤塗料(油性塗料)
についてお話していきたいと思います♪

3370895_s.jpg

外壁塗装や屋根塗装を行う際には塗料を選ぶ所から始まると
思いますが・・・。
塗料にもたくさんの種類がありますし、それぞれ成分や性質も
変わってきます。
自分のお家の状態にあった、そして仕上がりや耐候性などが
いいものを選びたい!など様々なご希望があるかと思います。

まず塗料には水性塗料弱溶剤塗料(油性塗料)と二種類に分類
されるのはご存知でしょうか?
水性塗料と弱溶剤塗料ではとのような違いがあるのでしょうか?

ブログ.jpg

塗料はそのままの状態では外壁や屋根に塗る事はできません。
そのため、塗料を液体で溶かして(薄めて)から塗装を行っていきます。
その際に水で塗料を溶かすのが水性塗料。シンナーなどの溶剤で溶かす
のが弱溶剤塗料。と言われます。
ちなみによく聞く塗料の種類、シリコンやフッ素、アクリルなどは樹脂の
種類になります。

水性塗料の特徴は・・・
・シンナーではなく水を使って薄めるので体に有害な成分が
大幅に削減できる
・価格も比較的安価
・臭いが少ない
・1液型そのまま使用できる
・弱溶剤より寿命が短い
・気温や気候によって乾燥時間が変わる

弱溶剤塗料の特徴は・・・
・耐久性が優れている
・塗料の密着が良い
・気温や気候の影響を受けにくく乾燥しやすい
・臭いが強い
・価格は高め
・1液型と2液型があり、一度混ぜると6時間ほどで
使い切る必要がある

1305476_s.jpg

現在では水性塗料と弱溶剤塗料の差は縮まってきており、シンナーなどの
成分を使わず人や環境に優しい水性塗料が求められる傾向が多く
時代のニーズに合わせて、各メーカーもより性質の良い水性塗料の
開発を頑張っています。

水性塗料、弱溶剤塗料のどちらが良いのか?選ぶには現在の外壁の
状況と自分の要望に沿った塗料は何か?を信頼できる業者に相談する
事が一番です。
お家の状況や周辺環境、その地域の気候によっても最適な塗料は変わって
きます。
ガイソー所沢店ではお客様のご要望、お家に状態にあった塗料をしっかりと
ご提案させていただきます。
ご希望の予算などもあわせてお気軽にご相談下さい。


gaiso.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店