入間市で耐熱性、耐寒性の高い防水紙の下葺き工事


こんにちは!
本日は入間市での屋根の防水紙の施工の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (2).jpg

こちらのお宅は築20年を迎えたマイホームに
写真のような屋根の傷みがかなりありましたので、
新しく屋根カバー工事を行うことになりました。

洗浄作業も終えて下地処理が終わりましたので
防水紙の下葺き作業の工程から始めていきます。



下葺きの作業は上の写真のようなシート状の防水紙を使っていきます。
耐久性が高く防水性も高い「改質アスファルトルーフィング」と呼ばれるものです。
アスファルトという名称の通り、耐熱性や耐寒性のあるアスファルトが
加工されている防水紙になり、改質ということで
従来のアスファルトルーフィングよりもまたさらに
性能が向上している優れた商材になります。



作業は軒先から順番に施工していき、屋根の頂部まで敷いていきます。
今回は屋根カバーですので、下地は木板ではなく既存のスレート屋根になります。
既存の屋根材が下地として利用できる場合には、
こうしてカバー工事を行った方が葺き替えと比べても
人件費や廃材処分費などが出ませんのでお得になります。



防水紙の施工が終わりましたら、写真のようにその上からさらに
新しい屋根材をかぶせて施工していきます。

ちなみに瓦屋根などはカバー工事は基本的にはできません。
また、あまりにも既存の屋根が傷んでしまっている場合には、
下地として利用できませんので、その場合にもカバーではなく
葺き替えなどのリフォームを行う方が良いでしょう。

ガイソー所沢店ではこうした屋根カバー工事を
所沢市を中心に行っておりますのでお気軽にご相談ください♬ 


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png







入間市の屋根調査でスレート屋根材の剥がれ、変色を確認


こんにちは!
本日は入間市での屋根の現地調査の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装 現地調査 (8).jpg

お伺いしたのはこちらのお宅です。
屋根が古くなってきているので、葺き替えもしくはカバー工事
検討しているので見積もりを出してほしいとのことでした。
屋根リフォームや外壁リフォームにおいては、
まず実際にお客様宅へお伺いして、既存の建物の劣化状態を
確認してから見積もりを作成いたします。



屋根は高所カメラを使用して撮影を行います。
既存の屋根はどうやらスレート屋根のようです。
築20年ということでかなり傷んでいる様子が分かりますね。
スレート屋根は耐用年数としてはおおよそ10年~20年と言われています。
しかしながら、気候条件や環境によってその期間は変わってきますので、
できれば10年ごとに点検などは行った方が良いでしょう。



より間近で撮影した写真になります。
色の変色が見られ、屋根材も剥がれてきてしまっているのが分かりますね。
スレート屋根の変色は防水性が落ちてきているという劣化のサインになります。
防水効果のある塗料が効果を失ってきているということですので、
このままですとコケや藻などが発生しやすくなってしまいます。



さらに軒先に近い箇所を撮影した写真になります。
こちらはより剥がれが酷い印象がありますね。
こうした屋根材の剥がれは、風などで取れてしまった破片などが
自分の敷地だけでなく、ご近所の方の敷地にも飛んで
飛散してしまうなどのトラブルもよく聞かれます。

そうした事態を防ぐためにも、早めにメンテナンスなどを行いましょう!
今回こちらのお宅は屋根カバー工事を行うことになりました。

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ gaiso.png







現地調査でスレート屋根のコケの付着、雨樋の汚れを確認 入間市


こんにちは!
本日は入間市での現地調査の様子をご紹介します。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 現地調査 (8).jpg

今回お伺いしたのはこちらのお宅になります。
屋根と外壁がメンテナンスの時期なのかな?と思いお電話して頂いたそうです。
メンテナンスの時期については建材にもよりますが、
大体外壁では10年ほど、そして屋根は素材にもよりますが
こちらのお宅のようなスレートの屋根ですと7年ほどが目安となります。

変換 ~ 入間市 屋根カバー 外壁塗装工事 現地調査 (4).jpg

それでは高所カメラを使用して既存の屋根を見ていきます。
今では一般的になっている化粧スレート屋根のお宅でした。
遠目の写真でも黄色いコケが付着しているのが分かりますね。




より近くで撮影した写真になります。
至る所にコケが繁殖してしまっておりますので、
このままの状態ですとスレート屋根材が腐食し、
ひび割れや破損などを起こしやすくなり雨漏りにも繋がります。
幸いにも大きな割れなどはありませんでしたので、
こちらはしっかりと洗浄作業でそぎ落としていきます。



屋根のチェックにおいては写真のような谷棟部分も要チェックです。
屋根から流れる雨水が集中しやすい部分になりますので、
こうした谷部分の箇所の板金などがしっかりと施工されていませんと、
こちらも雨漏りなどに繋がり、屋根の寿命が短くなる要因になります。
今回は谷棟部分もおおきな傷みなどはありませんでした。



さらに天窓もメンテナンスしていないと雨漏りしやすいので確認しましょう。
雨樋は汚れが目立っておりますが、割れやヒビなどはない状態でした。
こうした天窓や雨樋は豪雨や悪天候の時などに特に、
定期的に修繕や補修をしているかいないかで、
雨漏りが起きるか起きないか、またその被害の大小に大きく影響します。

ぜひ、ご自宅の劣化や傷みが気になる場合にはこうした箇所をチェックしてみて下さい!
ガイソー所沢店でも無料にて点検調査を行っております!



gaiso.png















1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店