所沢市和ケ原で長期間防水性を守れるフッ素塗料による屋根塗装作業


こんにちは!
本日は所沢市和ケ原での屋根塗装の様子をご紹介します。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 ガイソールーフガードフッ素 (4).jpg

こちらのお宅は前回までに屋根塗装、外壁塗装前の高圧洗浄まで終えましたので、
今回はいよいよ塗装の工程へと入っていきます。
まずは下塗り材であるガイソールーフシーラーを塗布していきます。
この下塗り材も後の工程で塗布する中塗り、上塗り材の密着を良くするために重要です。
棟板金も傷みが進行しておりましたので、浮いていた棟釘まわりをコーキング補修、
同様に下塗り材を塗布していきます。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 ガイソールーフガードフッ素 (5).jpg

屋根全体にくまなく下塗り材を塗布した後、メインとなる塗料で塗装します。
今回使用するのは高耐候性で耐久性も非常に高いフッ素樹脂塗料、
「ガイソールーフガードフッ素」を使用していきます。
フッ素樹脂塗料は原子間の結合力が強いため、アクリル塗料やシリコン塗料に比べて
極めて高い耐候性を持っているのが特徴です。
近年では大型建造物などにも塗替え周期を削減させる観点から多用されており、
建造物のLCC(ライフサイクルコスト)を削減する効果があります。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 ガイソールーフガードフッ素 (3).jpg

そんな高耐久のフッ素塗料を中塗り、上塗りと重ねて塗布していきます。
一回一回、塗布した後にしっかりと乾燥させ丁寧に作業していきます。
こうした重ね塗りを行うことでより塗膜を厚くし、さらに耐久性を高め、
厳しい風雨などにも耐えられるように防水性などを高めているんですね。
非常に時間も手間もかかる作業ですが、大切なお客様のマイホームのため、
念入りに作業をして施工していきます。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 ガイソールーフガードフッ素 (1).jpg

無事、全面に施工が完了しました!
フッ素樹脂塗料はグレードの高い塗料であるため初期コストは掛かりますが、
最近ではこうした一般住宅でもフッ素樹脂塗料で塗装をして、
高耐久で防水性も維持できるリフォームを行い、
長期的にかかる塗り替えコストを削減しようと考えるお客様も多いです。

ガイソー所沢店ではこうしたフッ素樹脂塗料によるリフォームや
その他様々な塗料を使用した塗装リフォームのご提案を行っておりますので、
ぜひお気軽にご相談下さい!



gaiso.png






現地調査でスレート屋根の劣化を確認 所沢市和ケ原


こんにちは!

今回は所沢市の和ケ原の方の現地調査の様子をご紹介していきます。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (6).jpg

今回お伺いしたのはこちらのお宅です。
お電話で以前から外壁のひび割れ(クラック)が気になっており、
その補修をしたいということでお電話いただきました。
また、屋根の劣化もあると思うので確認して欲しいとのことでした。

早速、高所カメラにて屋根の状態から確認をしていきます。


所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (26).jpg

屋根は一般的なスレート屋根の様です。
スレート屋根は大体寿命として10年~20年と言われておりますので、
このようにして現地調査を行い、劣化が確認できましたら塗装、
もしくは破損や傷みが酷い場合には葺き替えやカバー補修なども検討した方が良いです。


所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査.jpg

より近くで撮影した写真になります。
やはり所々でカビや苔の付着や色あせなどが確認できました。
このような状態を放置してしまいますと、
カビや苔などはさらに雨により水を吸ってしまい劣化を進行させ、
最終的には雨漏りなどの不具合を起こしますので注意が必要です。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査.jpg

棟板金も大分傷みが進行していることが分かりますね。
板金も劣化してくると釘の浮きや剥がれなどが起こり、
台風などの強風の影響で飛ばされ、近所に飛散してしまうという事例もあります。
今回はそこまでひどい状態ではありませんので塗装のみですが、
調査を行った場合には、ぜひ屋根の棟板金の状態も確認してもらいましょう!

ガイソー所沢店では無料で屋根や外壁の無料調査を行っております!


gaiso.png

所沢市 屋根カバー工法 金属屋根スーパーガルベスト施工


こんにちは!

今日は、先日現地調査を行った所沢市のお宅の、屋根工事の様子をお伝えしていきます。

既存の屋根は、スレート屋根でした。

20200827tokorozawashiyanekaba-17.JPG

20200827tokorozawa000009.jpg

20200827tokorozawa000008.jpg



欠けている部分が多く見られます。

屋根の下地や内部にまで劣化が及んでいる場合は、今ある屋根材をはがして取り換える「葺き替え」という方法になりますが、今回は下地部分に問題がなかったので、既存の屋根の上に防水シートを敷き、新しい屋根材を重ねて設置する「カバー工法」を行うことになりました。


まず、屋根の上部分の棟を撤去していきます。

20200827tokorozawa000011.jpg

20200827tokorozawa000012.jpg


防水シートを敷きます。(ルーフィング)

20200827tokorozawa000000.jpg

20200827tokorozawa000003.jpg

20200827tokorozawa000002.jpg

屋根の下にあるので普段見ることはありませんが、このルーフィングがしっかりとされていなかったり、破れなどを放っておくと、雨漏りや基礎部分の腐食につながってしまうので、とても大切な工程です。



新しい屋根材を取り付けます。

20200827tokorozawa000005.jpg

使用したのは、「スーパーガルベスト」という金属屋根材です。錆に強く丈夫、超軽量設計で地震に強い、高い遮音性能、飛び火被害を軽減、高い遮熱・断熱機能などが特徴の、耐久性の強い部材です。

換気棟を取り付けます。

20200827tokorozawa000006.jpg

換気棟とは、軒先から空気を取り入れ、屋根の内部にこもった熱気や湿気を排出する仕組みです。自然の熱を利用して空気の流れを作り、屋根裏の結露や基礎部分の耐久性低下を防ぐ役割があります。


完成の様子です!

20200827tokorozawa000001.jpg

屋根材の塗装は、およそ10年で防水効果が薄れてきます。
なんとなく色が褪せてきたなと感じたら、劣化が始まったサインです。
そうなると、屋根材自体に雨水が浸み込むようになりさらに劣化が進み、大掛かりなメンテナンスが必要となってきます。
屋根の補修は、軽度なものから、塗装、カバー工法、葺き替え、となっていきます。
劣化がひどくなると、工期もコストも大掛かりなものとなってしまいますので、ぜひ、定期的なメンテナンスをしていきましょう!


gaiso.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店