飯能市 付帯部 破風 軒天 庇 塗装


こんにちは!

今日は飯能市の付帯部塗装 破風 軒天 庇 塗装の様子をお伝えしていきます。

こちらのお宅は、雨樋についての問い合わせで現地調査をした結果、他にもメンテナンス時期を迎えた部分があり、塗装を行うことになりました。

外壁の他に付帯部として、軒天、破風、庇の塗装を行いました!

各部の場所はこちらになります。

20200917hannou000003.jpg

破風は、屋根の妻側に取り付けられた板のことで、雨や風を防ぐ役割があります。
屋根は上からの雨風に対しては強い構造になっていますが、横や下からの雨風に対して弱いという特徴があり、破風により屋根裏に侵入する雨風を防いでいます。
また、火災の際の延焼防止の役割もあります。

軒天は、建物から伸びている屋根の裏側部分のことで、水分による浸食から建物を保護したり、美観を高めています。
軒天の劣化が進むと天井部分や屋根の基礎部分の傷みにつながることもあります。

は、窓や玄関ポーチ、ベランダの上に突き出すように設置された小屋根のことをいいます。
雨よけだけでなく、直射日光や汚れからも住宅を守る役割があります。

どの部分も、常に紫外線や雨風に晒されているので日に日に劣化が進んでおり、防水効果が切れてしまうとそこから雨漏りにつながったり、大掛かりな補修が必要になってしまいます。
塗料の防水効果を保つために、10年を目安にメンテナンスをするとよいでしょう!

では、破風塗装の様子です。
周囲が汚れないように養生をしたら、高圧洗浄を行い、汚れを落としていきます。

20200917hannou000004.jpg


その後、ヤスリなどを使って表面をきれいにするケレンという作業を行います。

20200917hannou000006.jpg


下地処理が終わったら、塗装をしていきます。状態によって、何度か塗装を行います。

20200917hannou000007.jpg

軒天塗装です。
こちらも、高圧洗浄で下地を整えた後、塗装を行います。

20200917hannou000002.jpg

完成です!

20200917hannou000001.jpg

庇塗装です。
庇の表面は金属でできていることが多いので、こちらも、しっかりとケレンを行い、錆や汚れを落としていきます。

20200917hannou000008.jpg

その後、錆止め塗料を塗布しました。

20200917hannou000009.jpg

これで、普通の塗料より錆の再発を防止することができます。

続いて、塗装をしていきます。

20200917hannou000010.jpg

20200917hannou000000.jpg

窓の格子部分の塗装も行いました。

完成の様子はこちらです。

20200917hannou000005.jpg

一つひとつは小さな部分ですが、しっかりとメンテナンスすることで美観も高まり、雨の季節も安心して迎えられますね!

この機会にご自宅のメンテナンス時期も確認してみてください!

gaiso.png

入間市 軒天剥がれ補修塗装 破風塗装


こんにちは!

今日は入間市の、軒天補修、破風塗装についてお伝えしていきたいと思います。

軒天とは、建物から伸びている、屋根の裏側部分のこと、破風は、屋根の妻側の端の部分のことです。
どちらも、屋根に近い場所ですね。

20200821iruma000011.jpg



軒天は、屋根の構造部分を隠すことで美観を高めたり、雨、紫外線による外壁の劣化防止、火災の際の延焼防止などの役割があります。

既存の軒天はこのような状況でした。

20200821iruma000012.jpg

20200821iruma000013.jpg

傷んで剥がれている部分や、塗料が浮き上がっている部分が見られます。
このままだと建物の内部の構造に湿気がまわってしまう可能性もありますし、危険ですね。

施工の様子を見ていきましょう!!


補修に入る前に、周辺に塗料などがつかないようシートなどで養生していきます。

20200821iruma000009.jpg

20200821iruma000010.jpg


初めに、既存の塗料を落としヤスリなどを使ってきれいにし、パテ補修で下地を整えていきます。

20200821iruma000007.jpg

20200821iruma000008.jpg


もし、軒天の部材自体の傷みがひどいと、部材の張り替えが必要な場合もあります!


下地処理が終わったら、塗装を行っていきます。
下塗り、中塗り、上塗りと3段階に分けて塗装をします。

下塗りの様子
20200821iruma000000.jpg

中塗りの様子
20200821iruma000006.jpg

上塗りの様子
20200821iruma000004.jpg

3度塗りをすることで、塗料の寿命が延び、きれいに長持ちさせることができます。
状態によっては、それぞれ複数回塗ることもあります。

完成です!!


20200821iruma000002.jpg

20200821iruma000001.jpg

20200821iruma000003.jpg



続いて、破風塗装を行っていきます。

破風は、雨風から屋根を守ることや、軒天と同じように、火災の際の延焼防止などの役割があり、劣化をそのままにしておくと、雨漏りや、湿気が建物の中に入り込み、基礎部分の腐食を招くこともあるのです。
紫外線や雨の影響を受けやすく、周りからもよく見える場所なので、きれいに保ちたいですね。

20200821iruma000015.jpg20200821iruma000014.jpg


軒天、破風共に劣化の主な原因は紫外線や雨漏り、雨水、湿気による影響と言われています。
劣化をそのままにしておくと、建物の内部の構造にまで影響が及び、大掛かりなメンテナンスが必要に
なってしまうこともあります。
軒天にあいた穴をそのままにしておき、虫や、野生動物が入り込んでしまったというトラブルなどもあります。

建物につかう塗料は、およそ10年程で防水効果などがなくなり、劣化が目立ってきます。
紫外線や、風雨の状況によっても、建物の状態は変わってきますので、ぜひ、こまめにチェックしてみてください!!

gaiso.png

所沢市 破風塗装剥がれ 経年劣化で破風塗装


所沢市 破風塗装剥がれ 経年劣化で破風塗装

こんばんは。
今日は久しぶりの太陽の日差しを感じられるお天気で
嬉しかったです♪
爽やかな一日でしたね。

所沢市でお家の破風が塗装が剥がれてきてボロボロに
なってしまっているというご相談をいただきました。

20200523hafutosoumokubu000007.JPG

破風はお家のこの部分です。
破風は屋根の妻側の端の部分の事をいいます。
この部分に取り付けられている板を破風板といい、雨や風から
お家を守ってくれているのです。

20200523hafutosoumokubu000008.JPG

塗装の表面がボロボロに剥がれてきてしまっていますね。
破風は直射日光が当たりやすく、強い雨や風の影響も
もろに受けやすい場所なので劣化がとてもしやすい場所です。
こちらも紫外線劣化や塗膜の防水性が落ちてきてしまって
このように表面が剥がれてきてしまっているようです。
この状態ですと、耐水性がないので雨水を破風板が吸収し
どんどん傷みが酷くなってしまいますので、塗装を行い
防水性を高めていきましょう。

20200523hafutosoumokubu000000.jpg

まずはケレン作業でボロボロになってしまっている表面を
綺麗に削っていきましょう。
塗装の前はこのようにヤスリを使ってケレンを行い古い塗膜や
汚れをしっかり落としてから塗装をします。
ケレンで下準備を行わないと、新しい塗装も綺麗に密着しません。

20200523hafutosoumokubu000001.jpg

下塗りから始めていきます。
木部専用下塗り材を塗布します。

20200523hafutosoumokubu000002.jpg

続いて中塗りをします。
造膜タイプの塗料で塗装をします。造膜タイプ塗料は塗料が
保護膜を造って木を保護してくれる塗料です。
強力な保護膜を表面に形成するため耐久性も高いです。

20200523hafutosoumokubu000004.jpg

最後は上塗りです。
塗り残しやムラがないように丁寧に仕上げていきます。

20200523hafutosoumokubu000005.jpg

完成しました。
艶がありとても綺麗に仕上がりました。
木材は水を吸ったり吐いたりと膨張と収縮を繰り返します。
この動きがヒビや剥がれを起こしやすくもします。
木部は劣化が早いので定期的に塗装などのメンテナンスを
行う事をおすすめします。
板金などで覆ってしまうメンテナンス方法もあります。
お家の破風の状態に合わせたメンテナンス方法がありますので
破風の劣化がご心配な方、お気軽にご相談下さい。

gaiso.png

外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店