入間市 下屋根葺き替え 金属屋根 瓦棒屋根施工


こんにちは!
暑い日が続きますが、体調などいかがでしょうか?

今日は、入間市 屋根葺き替え工事(瓦棒屋根施工)の様子をお伝えします。

20200820iruma000010.jpg

こちらのお宅は、下屋根が、しっかりとルーフィングされていないことで、雨漏りが発生していました。
ルーフィングとは、屋根材の下に防水シートを敷くことですが、これがしっかりとされていないと、雨漏り、さらに痛みや腐食が進んで内部の基盤にまで影響が及び、大掛かりなメンテナンスが必要となってしまいます。



こちらが、既存の下屋根の様子です。

20200820iruma000012.jpg

20200820iruma000011.jpg

20200820iruma000004.jpg

塗料の剥がれや錆び、下地材にも、雨水が浸み込み傷んでいる様子が見られますね。

今回は、既存の野地板の上に重ねる、増し張りで張り直していきます。
腐食が進んでいる場合など、下地の増し張りができないときは、全面撤去後新しい下地に張り替えることになります。



こちらは既存の屋根材を取り除き、野地板が見えている状態です。

20200820iruma000009.jpg




野地板を増し張りしていきます。

20200820iruma000014.jpg

20200820iruma000013.jpg



ここに、防水シートを張っていきます。【ルーフィング】
雨漏りの主な原因はこの防水シートにあります。
もともとしっかりと張られていなかったり、破れてしまったりした箇所から雨水が侵入し、雨漏りが発生します。
屋根工事の中で、とても大事な工程です。

20200820iruma000000.jpg



ルーフィングが終わったら、屋根材を取り付けていきます。
瓦棒の棒となる垂木を取り付けた後、屋根材を張ります。
瓦棒屋根は金属系の屋根材になります。
棟から軒先まで一枚の金属板を使って施工するため、
勾配のあまりない屋根にも施工する事ができます。

20200820iruma000003.jpg

20200820iruma000001.jpg

完成です。きれいによみがえりましたね!!

台風や突然の大雨も多いこの時期、雨漏りから思わぬトラブルにつながらないよう、定期的なメンテナンスをしていきたいですね!
小さな雨漏りでも、屋根の内部に大きな影響が出ている場合もあるので、何か気になるところを見つけたら、ぜひ、ガイソー所沢店まで、お気軽にご相談ください!

gaiso.png

狭山市の方へ知っていただきたい!金属屋根ってどんなもの?メリット・デメリットを解説


こんにちは!
じめじめした日々が続いていますが、いかがお過ごしですか?

先日までに、粘土瓦・スレートの屋根材について詳しくご紹介してきましたが、今回は最近使用されることが増えてきた金属系の屋根材に注目。その種類や特徴、メリット・デメリットについて、ご紹介していきます。

金属屋根の種類


20200628_yanezai_kinzoku01.jpg

金属屋根にはいくつか種類がありますが、主に以下の5種類に分けて考えることができます。

◎ ステンレス
◎ トタン
◎ チタン
◎ 銅板
◎ ガルバリウム鋼板

早速、それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説していきます。

ステンレス屋根


20200628_yanezai_kinzoku02.jpg

ステンレス屋根とは、鉄を主成分としてクロムやニッケルを含んだ合金の屋根材のことを指しています。ステンレスは「錆びない」「錆びにくい」という意味の言葉です。

ステンレス屋根のメリット


■ サビに強い
他の金属と比較しても圧倒的にサビに強いことが、ステンレス屋根の最大のメリットです。年月が経つと表面が赤茶色に変色することがありますが、表面がサビているだけで中まで侵食されているわけではありません。潮風の影響を受けやすい海沿いの家にもオススメです。

■ 薄くて軽い
瓦などに比べて、重さは1/3程度しかありません。屋根自体が軽いため、家に負担をかけなくて済みますし、地震の際に倒壊するリスクを減らすことができます。

■ 耐用年数が長い
金属屋根の中ではもっとも耐用年数が長く、50年程度は持つと言われています。メンテナンスは20年に一度くらいなので、ランニングコストは少なくて済むでしょう。

ステンレス屋根のデメリット


■キズに弱い
ステンレスのメリットは薄くて軽いところであるとご紹介しましたが、そのぶん石などが屋根に当たるとすぐに傷がついてしまいます。また、傷の部分から腐食が始まってサビてしまうことも。

■ 費用が高い
ステンレス屋根を使用する場合、ほかの屋根材に比べて費用が高くなる傾向があります。メンテナンスが少なくて済むといっても、初期費用にかかる金額が多いため、注意する必要があるでしょう。

■ 遮音性と断熱性が低い
最近では、遮音性や断熱性を強めたステンレス屋根も出てきていますが、瓦などと比べると雨音などが聞こえやすい素材といえるでしょう。

トタン屋根


20200628_yanezai_kinzoku03.jpg

薄い鋼板に亜鉛をメッキした「トタン板」で作られているのが、トタン屋根です。瓦の屋根よりも安くて施工期間も短く済むことから、大正時代から多くの家屋で使われるようになりました。

トタン屋根のメリット


安くて施工しやすい
材料が安く施工が簡単な性質から、コストを抑えて短期間で完成させることができることがメリットといえます。

■ 軽くて耐震性に優れている
建物の上部が軽ければ軽いほど、地震に対しては強くなると言われています。そのため、素材が軽いトタンは、耐震性に優れているといえるでしょう。

トタン屋根のデメリット

■ 遮熱性・遮音性が低い
トタンは熱を通しやすい素材なので、夏は屋根の表面温度が70度以上にまで上がることがあります。そのため、室内も暑くなりやすいのがデメリットといえるでしょう。また、雨音が室内に響きやすいことも特徴のひとつです。

■ サビやすい
経年劣化によって表面のコーディングがはがれてしまうと、サビが出やすくなります。サビが雨漏りの原因になることも多いため、定期的なメンテナンスが必要です。

チタン屋根


20200628_yanezai_kinzoku04.jpg

さまざまな優れた特徴を持つと言われているチタンですが、近年では歴史的建造物の屋根に多く使用されています。そのため、一般家庭の屋根にはあまり普及していないというのが実情です。

チタン屋根のメリット

■ 耐久性が高い
チタンはとにかく耐久性が高いことが特徴としてあげられます。バネのような特性があり、しなりやすい素材なので、衝撃を受けても割れたり壊れたりすることが少なくなります。

■ 軽い
チタンは金属の中でも特に軽い素材であるといわれています。

チタン屋根のデメリット

■ コストが高い
チタン屋根はその強度の高さから、現場で加工することができません。あらかじめ加工したものを現場に運ぶ必要があり、コストが高くなってしまうのが最大のデメリットです。

銅板屋根


20200628_yanezai_kinzoku05.jpg

銅板は、神社や和風住宅などの屋根に使われることが多い屋根材です。銅の柔らかい性質から加工がしやすいのが特徴です。

銅板屋根のメリット

■ 塗装メンテナンスが不要
銅板の場合には、使用しているうちに銅が酸化することで緑青(ろくしょう)という青緑色のサビが生成されます。この緑青には、内部への腐食を防ぐ効果があって耐久性を高める効果があります。これによって着色しているため、メンテナンスで再塗装を行う必要がありません。

銅板屋根のデメリット

■ コストが高い
銅自体の価格が高いため、コスト面には注意をしなくてはいけません。メンテナンスが少なくて済むとはいえ、初期費用を考えるとよく検討する必要があるでしょう。

ガルバリウム鋼板


20200628_yanezai_kinzoku06.jpg

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム・亜鉛合金メッキ鋼板の屋根材のことを指しています。最近では屋根のリフォームで使用されることが多くなっています。

ガルバリウム鋼板のメリット


■ 軽くて耐震性に優れている
ガルバリウム鋼板の薄さは1~3mmほどであるため、圧倒的に軽い屋根材です。重量が少なく家への負担も少ないので、耐震性に優れているといえるでしょう。

■ 耐久性が高い
亜鉛メッキ鋼板の「犠牲防食機能」とアルミメッキ鋼板の「長期耐久性」を合わせ持っているため、耐久性に優れているのが特徴。酸性雨にも強い屋根材です。潮風にさらされる海岸地域での使用もオススメです。

■バリエーションが豊富
軽くて薄いため葺き方にも多様性を持たせられることと、カラーバリエーションも豊富なこともメリットのひとつです。和風から洋風まで、さまざまな家のスタイルに合わせることができます。

ガルバリウム鋼板のデメリット

■ 初期費用が比較的高め
施工などにかかる初期費用が、ほかの屋根材と比べて若干高めです。ガルバリウム鋼板は、デリケートな建材で、他の金属と接触させるとサビやすくなってしまったり、湿気を逃がす工夫が必要だったりと、施工に注意が必要になるため、コストが高くなりやすい傾向にあります。

■ メンテナンス費用が比較的高め
ガルバリウム鋼板のメンテナンス時期は、10年~20年と言われています。しかし汚れなどが付着しづらい素材で、塗装のりも悪くなってしまうのが特徴。施工方法によっては塗料の定着が甘くなり、数年で剥がれてしまうこともあり、メンテナンスにも比較的費用がかかってしまう屋根材といえるでしょう。

金属屋根のご相談は・・・


ガイソー所沢店では、無料でお見積もり、ご相談も受け付けております。屋根のリフォームを検討している方、屋根の老朽化が気になる方は、ぜひ一度ご連絡ください。屋根材や施工内容など、ご希望に合うものをご提案させていただきます。


所沢だけでなく、入間市、狭山市、飯能市、川越市などのエリアも対応していますので、お気軽にお問い合わせください!

gaiso.png

所沢市 経年劣化で錆発生 板金屋根塗装


所沢市 経年劣化で錆発生 板金屋根塗装。

こんばんは。
今日は日中はとても暖かくて初夏のような気温でしたね!
アイスがとても美味しい気温になってきましたね♪
所沢市では新型コロナウイルスの毎日の感染者数が日に日に
落ち着いてきていますね。いい結果が見えて嬉しいです。
日々の皆様のステイホームの成果ですね!
引き続き、お家での生活を保って頑張っていきましょう♪

本日は板金屋根の錆が目立っていて劣化が気になる・・・
というご連絡をいただき、板金屋根の塗装を行ってきました。

20200501tokorozawasitotanyanetosou000001.jpg

既存の板金屋根の様子です。
錆がひどく目立ってきていますね。
昔ながらのトタン屋根です。
この板金屋根は鋼板を亜鉛でめっきしたもので、このめっきの
おかげで普通の鋼板よりも錆びづらいという特徴があります。
100年以上も前からこの板金屋根が日本の建物に使用されています。
ですが、現在ではガルバリウム鋼板やSGLといったもっと錆に強い
屋根材が出てきておりますので、結果昔ながらのトタン屋根板金は
錆に弱い・・・という結果になってしまいました。
錆がひどくなり、穴などがあいてしまうと塗装でのメンテナンスは
できなくなってしまうので、錆が進む前に定期的に塗装をしっかり
行う事が板金屋根は大切です。

20200501tokorozawasitotanyanetosou000002.jpg

まずはお家全体を高圧洗浄でしっかり洗浄をし、古い汚れや
錆を洗い流していき乾燥をさせてから、ケレン作業から行って
いきます。ケレンはヤスリなどを使い、屋根に付着している
錆を取り除いていきます。そしてあえてヤスリで板金屋根に
傷をつけて目荒らしする事で新しい塗装の密着を良くします。
金属系の表面は鏡面であるため、付着強度がありません。
一度付着した錆は自然に消える事はなく、どんどん範囲を
広めていきます。
しっかりケレン作業を行い、錆を落としていきましょう。

20200501tokorozawasitotanyanetosou000003.jpg

ケレン作業で下準備が終わったら、まずは下塗りで錆止めを
塗布していきます。
錆止めは金属の腐食を防ぐ効果がある塗料です。
金属の表面に皮膜を形成して錆の原因になる水や酸素を
遮断・除去することで錆や腐食を防いでくれます。

20200501tokorozawasitotanyanetosou000005.jpg

続いて、中塗りです。
今回はガイソールーフガードフッ素を使用し塗装を行って
いきます。
フッ素と言えば焦げないフッ素加工のフライパンを思い浮かべて
みて下さい!汚れを寄せ付けず綺麗な状態を保ち塗膜の寿命が
高いのが想像できて理解できますよね♪
とても耐候性が高く、塗膜の寿命が長いので一度の塗装で
15年~20年ほどの耐用年数がありますので、長期間お家の
屋根を紫外線や雨などから守ってくれます。

20200501tokorozawasitotanyanetosou000006.jpg

最後に上塗りで仕上げていきます。

20200501tokorozawasitotanyanetosou000000.jpg

完成です。
とても綺麗に仕上がりました。
板金屋根は錆が酷く、穴などがあいている場合は屋根カバー工法
もしくは屋根葺き替えを行う事になります。
トタン屋根鋼板は厚さ0・4mm程度ととても薄いので、台風などの
飛来物などで少しの傷などができた場合でも、そこから錆が発生
していってしまいます。
築年数が経過している板金屋根をご使用のお家は、定期的に
屋根の状態を確認して、錆を発生させないようにしっかりメンテナンス
を行っていきましょう。

gaiso.png


外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店