所沢市 瓦屋根葺き替え 外壁左官工事


こんにちは!

今日は、所沢市の左官工事の様子をお伝えします。

こちらのお宅は、瓦屋根からアスファルトシングル屋根のオークリッジスーパーに葺き替え工事を行いました。
屋根材の厚みが違うので、外壁に隙間ができてしまうのですが、そのときにできた隙間を埋める工事です。


まずは、既存の屋根と葺き替え工事後の屋根を見てみましょう。

既存屋根
20201109tokorozawa000013.jpg

葺き替え工事後
20201109tokorozawa000012.jpg


瓦屋根からオークリッジスーパーにしたことで、屋根が軽量化され、耐震性が上がりました。他にも、防水性、耐久性、耐候性、耐藻性能などに優れた素材です。


では、施工の様子です。

屋根材と外壁にできた隙間をモルタル左官補修工事で埋めていきます。

隙間をしっかりと埋めておかないと、その部分から雨水が侵入し、雨漏りや、建物内部の劣化が起こってしまう可能性があるので、大切な作業です。


まず、隙間部分に防水シートと、「ラス」と呼ばれる格子状のネットを貼っていきます。
これは、この後塗るモルタルを密着させ、割れにくくする役目があります。

20201109tokorozawa000001.jpg

20201109tokorozawa000000.jpg




その上にモルタルを塗っていきます。
面が平らになるまで塗りと乾燥を繰り返し、隙間をしっかりと埋めていきます。

20201109tokorozawa000007.jpg

20201109tokorozawa000008.jpg



隙間がしっかりふさがれたら、塗装に移ります!

下塗りの様子
20201109tokorozawa000002.jpg

中塗りの様子
20201109tokorozawa000011.jpg

上塗りの様子
20201109tokorozawa000010.jpg




完成です!

20201109tokorozawa000005.jpg

20201109tokorozawa000006.jpg

20201109tokorozawa000003.jpg

外壁の他の部分と同じようになり、きれいに隙間がふさがりましたね!


その他の様子は、またお伝えしていきますね!!

gaiso.png

所沢市和ケ原で柔軟性のある微弾性フィラーを使用しての下塗り作業


こんにちは!
本日は所沢市和ケ原での下塗り作業の様子をご紹介していきます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (39).jpg

こちらのお宅は前回までに塗装前の養生作業を行いましたので、
今回は実際に塗装作業へと入っていきます。
まずは下地処理です。下地処理の重要性は別記事でも解説しましたが、
塗装前の洗浄作業もそうですが、この下塗り作業も非常に重要です。
今回はまず下塗りとして「微弾性フィラー」という塗料を塗布していきます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (19).jpg

満遍なくしっかりと塗布していきます。
この微弾性フィラーは後から塗る中塗り、上塗り塗料の密着効果を高めます。
また、通常のフィラーより膜厚をつけることができます。
さらには水性で環境にも優しく、微細なクラック(ひび割れ)の補修にも使用できます。

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (40).jpg

玄関前にも全面もれなく塗布を施していき・・・

所沢市和ケ原 外壁塗装 ガイソーウォールタフネスシリコンⅱ (10).jpg

ひび割れ(クラック)のあった目地部分にも上から塗布していきます。
微弾性フィラーはその名の「弾性」とあるとおり、ゴムの様にやわらかい下塗り材です。
こちらのお宅のようなモルタルが下地である外壁に塗装を施す場合、
上に塗る塗料が固い塗料ですと、下塗りなしではすぐに割れてきてしまいます。
そのため、この柔軟性のある微弾性フィラーを下塗りとして施工することで、
ひび割れを起こさないよう塗膜が追従して、
表面にクラックが起きないようにしているのです。

外壁塗装リフォームではこうした下塗り材も重要になりますので、
施工をご検討の際にはこうした点も注目してみてください♫


gaiso.png










所沢市和ケ原でコーキングを使用したひび割れ(クラック)補修作業


こんにちは!
今回は所沢市和ケ原の外壁塗装前のひび割れ(クラック)補修
作業をご紹介していきたいと思います。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 現地調査 (31).jpg

こちらのお宅は前回までに屋根塗装を終えましたので、
次に外壁塗装へと移りますが、その前に現場調査で写真のような
ひび割れが多数ありましたので、まずは下地補修から行っていきます。
写真は2階ベランダ部分の外側からの写真です。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (7).jpg

より近くで見ますと、かなり大きい亀裂が入っているのが分かりますね。
このまま放置しますと、雨漏りになる恐れがあります。
また、さらに腐食が進みますとベランダ自体が崩れてしまう危険性も出てきます。
そうなる前にしっかりと補修していきましょう。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (8).jpg

写真の様にひび割れ部分にコーキングを注入し補修を行います。
なお、コーキングにはシリコン樹脂のものとウレタン樹脂のものがありますが、
こうした補修にはシリコン樹脂のものを使うのが一般的です。
ウレタン樹脂のものはシリコンより耐久性が高いというメリットがありますが、
一方でウレタンは乾燥後も粘着性が残ってしまうため、
コーキングした部分にホコリなどの汚れが付いてしまうというデメリットがあるためです。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修 (10).jpg

他の外壁部分、目地の箇所にもひび割れが発生しておりましたので、
こちらもコーキングを使用し補修していきます。

所沢市和ケ原 屋根外壁塗装 クラック補修(15).jpg

補修が無事完了しました!
コーキングは長期に渡り劣化せずに品質が保たれるため、防水性も維持しながら
建物の腐食、雨水の浸入などによる劣化を遅らせる効果があります。

ちなみに、こうしたコーキング補修はDIYにより行うことも可能ですが、
外壁に合った色、注入する部分の掃除や、空気や水分が入らないように施工することなど、
意外に気を付けなければならないことも多くあります。
また、自分自身でDIYによる補修をしても、しっかりと密着しておらず、
すぐにまた剥離してしまい劣化が進行するケースなども見られます。
そのため、できることならプロに任せた方が安心でしょう。

ガイソー所沢店では塗装によるメンテナンスだけでなく、
こうした外壁のひび割れ屋根の破損などの補修も随時行っておりますので、
ぜひお気軽にご相談下さい!お見積りも無料です♫


gaiso.png



1  2  3  4  5
外壁塗装、屋根リフォームのご相談は無料ご相談窓口へ
  • 所沢の外壁塗装専門店 ガイソー所沢店